顧客の本音をリアルタイムで把握

マーケターは、時には数百ものキャンペーンを管理しながら、ビジネスの成長への貢献を図ります。Adobe Campaignでは、レコメンデーションエンジンの集中管理により、プロセスを自動化し、パーソナライズされた関連性の高いオファーを各種チャネルを通じてリアルタイムで顧客に配信することができます。

パーソナライゼーションの自動化

集中管理されているカタログから適切なオファーを選択するエンジンにより、パーソナライズされたオファーを自動的に提示します。

ビジネスルールの定義

ビジネスルールを利用して、オファーにふさわしい顧客を容易に定義できます。各オファーの重要性を計算した上で優先順位を決定します。

顧客プロファイルの統合

Adobe Campaignは、リアルタイムに顧客プロファイルを構築できるため、顧客行動の変化に合わせて、関連性の高いパーソナライズされたオファーを配信できます。

リアルタイムにインタラクションを管理

直観的なユーザーインターフェイス

オファーダッシュボードにより、それぞれのチャネルで利用できるオファーを一覧できます。また、ビジネスルールやオファーカタログを効率的に表示できます。
 

コンテンツ設計の統合

Adobe Campaignや外部コンテンツシステムでコンテンツをデザインし、チャネルごとのベストプラクティス定義を利用できます。
 

オファーのシミュレーションと分析

ダイナミックレポーティングとシミュレーションにより、あらゆるレコメンデーションを監視、測定し、ビジネスの状況を把握できます。
 

検証および公開プロセス

役割ベースのプロセスによりコンテンツを設計し、承認を経てから公開して、説明責任への対応、効率性、マーケティング精度の向上を図ります。
 

トランザクションメッセージ

やり取りの確認メッセージにアップセルオファーやクロスセルオファーを含め、効果を最大限に高めます。
 

外部データソース

他の外部スコアリングモデルやアルゴリズムとの統合が可能です。

ソーシャルローカルモバイル戦略

3rdパーティのIPデータベースと連携し、位置情報を使用してレコメンデーションをリアルタイムで作成し、先を見越したメッセージを位置情報にもとづいて配信することができます。
 

デジタルエクスペリエンスの最適化

リアルタイムの行動データを使用して、認証済みの既存顧客だけでなく不特定の見込み顧客に個別のデジタルエクスペリエンスを提供できます。

電子メールマーケティングをより効率的

これまで使われてきた電子メール配信サービス(ESP)は、時代の移り変わりによっていまや、マーケターのニーズを満たしていません。クロスチャネル時代の消費者とのつながりを生む電子メールマーケティングとは何か、解説します。