あらゆるセグメントで確実にターゲットをとらえる

統合された顧客プロファイルとカスタマイズされたセグメントにより、様々なチャネルにわたって効果的に顧客に対応します。顧客の関心、デモグラフィック、よく使うチャネルを理解すれば、パーソナライズされたエクスペリエンスを容易に構築して顧客を惹きつけることができます。

視覚的なセグメンテーションツール

ひとつの環境でチャネルワークフローとターゲットセグメンテーションがシームレスに統合されるため、パーソナライズされた顧客の動向を容易に把握できます。

動的リスト選択

顧客プロファイルが変更されるたびに、顧客との接点がリアルタイムで自動的に追加されたり、セグメントから削除されたりするため、戦略を即座に調整できます。

統合顧客プロファイル

リアルタイムに顧客プロファイルを構築できるため、顧客の好みの変化に合わせて、関連性の高いパーソナライズされたオファーを配信できます。

クロスチャネルキャンペーンで成功の文化を実現

文化関連商品やテクノロジー商品を扱っているフランスの小売企業Fnacは、Adobe Marketing Cloudを活用して、オンラインとオフラインで各顧客セグメントに提供するクロスチャネルマーケティングキャンペーンの管理、最適化、分析を行っています。
 
「高度にパーソナライズされたコミュニケーションが可能になったことで、投資回収率は3倍になりました」
— Alexia Jubert氏(Fnac、マルチチャネルダイレクトマーケティングマネージャー)

顧客とのつながりを強化する3つのステップ

消費者と企業のエンゲージメントのあり方が変わったいま、新たなコミュニケーションのあり方が求められます。その概念とは何か、実現に向けた3つのステップをご紹介します。