提案メッセージの仮説検証と改善をすばやく行うには?ホワイトペーパーを読む ›

静的コンテンツに別れを告げ、エンゲージメントの向上に乗り出す

顧客を引き付けるか逃がしてしまうかは一瞬で決まります。例えば旅行業や観光業の場合、顧客は訪問先や料金を比較したいと考えています。こうした顧客をうまく獲得できればチャンスです。とはいえ企業は、膨大な情報をオファーとして管理しつつ、ふとやってきた顧客へすぐに提供するのは容易ではありません。ここで必要となるのは、相手に合わせてリアルタイムで提案を行うための仕組みです。

パーソナライズされたオファーを電子メールで自動配信

データ管理を合理化し、電子メールをクロスチャネル戦略と連動させるには、エクスペリエンスにもとづいて動的なプロファイルを作成できる、しっかりとした仕組みが必要です。そうすれば、特定のアクション(無料ルームアップグレードのオファーの辞退など)をトリガーとして、電子メールキャンペーンを自動配信することができます。

Adobe Campaign

アドビがお役に立ちます。Adobe Campaignでは、パーソナライズしたキャンペーンをすべてのチャネルで展開し、顧客の正確なセグメント設定やターゲティングを実行できます。また、詳細な顧客プロファイルをリアルタイムで構築することで、個々の顧客の状況に応じたオファーを提供し、電子メールキャンペーンを複数のチャネルで自動配信することができます。


マーケティングの効果を確認

マーケティングの効果を高めるには、まず現在の成果を正確に把握することが不可欠です。データが複数のシステムに分散されていると、どのオファーが予約の増加につながっているかを識別することは難しくなります。

アドビがお役に立ちます。Adobe Targetが、A/Bテストを実施してコンバージョン率のアップにつながるオファーを特定します。Adobe Targetはアドビの他のソリューションと容易に統合できるため、テストの結果を明快かつ包括的に把握できます。また、Adobe Analyticsでは、リアルタイムのインサイトを活用して、カスタマージャーニーの段階に応じてパーソナライズされたコンテンツを提供できます。


動的な広告配信によりコンバージョンを向上

新規顧客やリピーターを獲得するには、パーソナライズした広告を検索、ディスプレイ、ソーシャルに配信することが効果的です。そのためには、それらの情報をまさに必要としている顧客に自動配信する仕組みが必要となります。そうすれば例えば、乗り継ぎ待ちをしている顧客や空室を探している顧客をターゲットとすることができます。

アドビがお役に立ちます。アドビがお役に立ちます。Adobe Media Managerなら、Adobe Audience Managerで作成されるオーディエンスプロファイルにもとづき、より効果的にパーソナライズされた広告を作成できます。

これらのソリューションを組み合わせれば、検索連動型広告、広告自動取引、ソーシャルプラットフォームを総動員して、特定の顧客セグメントに動的な広告を自動配信できます。


統合ソリューションを活用して、パーソナライズされたオファーを提供

旅行を最高のものとするため、顧客は積極的に情報をチェックします。マーケターは、顧客の関心事に合致するオファーを提供しなければなりません。顧客の関心が他のものに移れば、オファーも変更する必要があるでしょう。Adobe Marketing Cloudは、パーソナライズされたエクスペリエンス提供のためのツールをすべて備えており、オファーの自動配信、コンテンツのテスト、顧客インサイトの獲得などの機能を提供します。Adobe Marketing Cloudを導入すれば、いつでもすべての顧客に最適なエクスペリエンスを提供することが可能になります。

アドビが選ばれる理由
従来、統合されたデジタルマーケティングプランを展開するためには、いくつものポイントソリューションをつなぎ合わせる必要がありました。今では、Adobe Marketing Cloudが必要なすべてをひとつの統合ソリューションとして提供します。分析、データ管理、最適化、パーソナライズの機能をこれほど緊密に統合しているソリューションは他にありません。
顧客にパーソナライズされた体験を提供するには、どのような施策が必要でしょうか。アメリカサウスウェスト航空の施策運用例をご紹介します。

マーケティング成果を高めるために

どの業界でも、データは顧客エンゲージメントの強化に役立ちます。各業界を通じて、データドリブン型マーケティングはどのように役立つでしょうか。