オーディエンスの価値を最大限に活用

顧客から得られるデータは、最も価値のある資産のひとつです。あらゆるチャネルから得たデータをまとめ、それを踏まえて、ターゲットとなる顧客に最も効果的なチャネルで最適なメッセージを伝えるようにします。

顧客を理解するには、DMP整備が不可欠

DMP分野でアドビはリーダーです。その理由を「The Forrester Wave™:データ管理プラットフォーム、2017年第2四半期」でお確かめください。

購買経路を分析

顧客から得られるデータは、最も価値のある資産のひとつです。あらゆるチャネルから得たデータをまとめ、それを踏まえて、ターゲットとなる顧客に最も効果的なチャネルで最適なメッセージを伝えるようにします。
 

 

  • 公開プロファイルと匿名プロファイルに基づいて利用者のターゲティングを行います。
  • 一人ひとりの顧客に向けてパーソナライズされたエクスペリエンスを、どのデバイスでも一貫して提供します。
  • 確定性のあるデータに基づいてデバイスグラフを作成します。
  • 様々なプロファイルに基づいてセグメント内のデータを微調整します。
  • 多様なオーディエンスについて、より深いインサイトを導き出します。
  • 複数のデバイスやチャネルのプロファイルを組み合わせ、360度のプロファイルを構築します。

顧客データを有益なリソースとして活用

デジタルチャネルの利用範囲と影響力は広がる一方です。そこから生まれるデータを活用しない手はありません。あらゆるチャネルから顧客データを収集し、データが意味するところを理解し、それをもとに顧客の求めるエクスペリエンスを提供することで、顧客満足度を高めましょう。
データの活用
1stパーティ、3rdパーティ、オフライン、オンライン、CRMのデータをすべて集約し、データドリブン型マーケティングを展開します。
360度のプロファイルの作成
ひとつの匿名プロファイルを通じてオーディエンスを理解し、期待に応えるエクスペリエンスを提供します。
市場投入までの時間を短縮
Adobe Analyticsとの直接統合によって、メンテナンスが容易になり、3rdパーティのCookieに頼る必要はなくなります。
市場への対応
データ書き出しコントロールを設定すると、データがアクティベートされる場所を管理できます。市場への対応を展開できます。
容易な拡張
APIフレームワークを利用することで、Audience Managerを他のマーケティングソリューションに柔軟かつ容易に統合できます。
手軽なパートナーエコシステム
Audience Marketplaceで、2ndパーティや3rdパーティのデータを売買できます。これまでとは異なる形でプロファイルを発見、構築できます。
カスタマイズ可能なID
現在利用している顧客IDを、IDマッピングや関連付けを通じて組み込むことができます。使い慣れたシステムを継続して利用できます。

小さなセグメントで大きなチャンスを見出す

訪問者の属性(行動やデモグラフィックなど)に基づいてオーディエンスセグメントを作成します。ニッチな優良セグメントを見つけ出し、そのセグメントに向けて、より効果的にパーソナライズされた最適なコンテンツを提供します。

ターゲットセグメントの特定
あらゆるチャネルから収集した顧客データと特徴をもとに、優良オーディエンスを見極め、テストや働きかけを行います。

類似(look-alike)モデリング
優良セグメントのプロファイルに一致する新しい見込み客にリーチするために、類似モデリングを活用します。

時期と頻度に注目
サイト、セクション、オファーへの関心の強さに基づいて、訪問者をセグメント分けします。その訪問者が、どのくらい最近、どのくらいの頻度で特定の行動をしたかに注目します。

ターゲットオーディエンスは無限

オーディエンスを組み合わせたり、切り分けたりして、
マーケティングの目標と戦略に一致する
新しいオーディエンスを見出します。
Audience ManagerとAdobe Marketing Cloudの
各種ソリューションを組み合わせることで、オンライン、オフラインおよびクロスチャネルのセグメントをターゲットにできます。パートナーとの統合によって、ページ読み込みが高速化されます。

オーディエンスについて、より正確に深く理解する

重複レポートやトレンドレポートなどの各種レポートから、オーディエンスについての新たなインサイトと傾向を見出し、検討すべき新しいセグメントを発見することができます。対象オーディエンスや頻度レポートに加えて、パブリッシャーレポート、広告主レポート、キャンペーン成果レポート、RBACレポート、クリックリダイレクトなどがあります。
 

アクセス可能オーディエンス
目的のオーディエンスにリーチしていることを確認するために、セグメントとS2S統合との一致率を評価します。

高度なレポート機能
オーディエンスデータとキャンペーン成果のインサイトとを結び付け、インプレッション数、クリック数、コンバージョンなどのデータを相互に関連付けて分析できるようにします。

ビジネスの問題を解決する方法を紹介します。

Audience Managerのベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。