Assets on demand

Assets on demandは、デジタルアセット管理と従来のScene7の動的なメディアテクノロジーを統合したSaaSプラットフォームで、リッチメディアの制作から配信まで管理する次世代ツールです。
 
ログイン

Assets on demandはこちらから

Scene7はこちらから

 

Assets on demandとリッチメディアを活用する方法

Assets on demandを利用してビジネスの俊敏性を高め、より顧客のニーズに近いコンテンツを提供する方法を詳しくご説明します。
 

顧客エンゲージメントの向上

動的なリッチメディア

あらゆる顧客のエンゲージメント強化のために、標準テンプレートから個々のターゲット向けのクリエイティブコンテンツの生成、単一のマスターアセットからコンテンツの生成が可能です。また、マルチスクリーンエクスペリエンス向けのレスポンシブイメージングとビューアーを使用できます。

動画

コンバージョン増加のために、任意のデバイスにコンテンツを配信するアダプティブでレスポンシブな動画プレイヤーを利用できます。これにより、顧客がYouTube動画を容易に共有、投稿できるほか、一人ひとりの顧客に向けた提案を簡単なクリック操作で選択できるようになります。

メディアのパーソナライズ

パーソナライゼーションの一環として、顧客が購入前に様々な組み合わせやカスタマイズを自由に選択してプレビューできるビジュアルなツールを提供できます。

Creative Cloudとの統合

コンテンツ制作とマーケティングのワークフローを連携させ、一貫性のある質の高いエクスペリエンスを容易に提供できます。

メタデータ管理

あらゆるアセットにメタデータやタグを自動的に割り当てることで、チーム間で共有可能な自己更新型コレクションを作成できます。

メディアの効果的な活用例

リッチなメディアアセットを容易に作成、管理、配信できます。

動的なイメージ、ビデオ、ビジュアルコンフィギュレーターなどを利用できます。

Verizon Wirelessは、Adobe Experience Managerを使用した動的なビデオ配信によってエクスペリエンスを強化しています。

一度作成するだけで、あらゆる場所へ配信可能

レスポンシブデザインガイド
 
  • 導入の相談はこちら

    Adobe Marketing Cloud導入の相談はこちらからお問い合わせください。

    お問合せ