顧客とのやり取りを有意義なものに

顧客との間に有意義な関係を築くことは、ブランドのロイヤルティと信頼の強化につながります。Adobe Experience Manager Communitiesを活用すると、フォーラム、ブログ、ソーシャルコンポーネントといった多様なソーシャルコンテンツの管理、モデレーション、エスカレーションが容易になり、顧客とのやり取りを有意義なものにすることができます。Adobe Experience Managerプラットフォームによって、モバイルでもその他のチャネルでも一貫性のある、パーソナライズされたコミュニティエクスペリエンスを提供できます。

顧客とのやり取りを有意義なものに

サイトのエンゲージメントを強化

ブログ、レビュー、Q&A、ソーシャルラーニングなどを活用して、顧客のエンゲージメントをさらに高めることができます。

コミュニケーションの奨励
公開グループや非公開グループを作成し、興味のある人やコンテンツをフォローしたり、ダイレクトメッセージを送ったりできるようにします。

レビューやランキング
製品やサービスやコンテンツを利用者が評価し、レビューやランキングを付ける機能を用意します。

ゲーム要素の活用
専門家を登場させたり、スコアやバッジなどのゲームの要素を取り入れたりすることで、利用者のエンゲージメントが高まります。

容易なモデレーション
一括モデレーションツールを利用して、コミュニティで生成されるコンテンツに対する操作を素早く実行できます。例えば、コンテンツのフラグ設定、編集、削除を行ったり、必要に応じて特定の利用者を除名したりできます。

ソーシャルラーニングの活性化
ハウツー情報を素早く掲載し、進捗状況を追跡できるようにします。また、コミュニティメンバー間での意見交換を促進します。

UGCをSEOに利用
利用者が生成するコンテンツ(UGC)は、SEOやオーガニック検索を最適化し、同じような嗜好を持つ顧客を惹きつけるために役立ちます。

Adobe Marketing Cloudとの統合で最高の成果を
Adobe Experience Manager Communitiesは、Adobe Marketing Cloudの各種ソリューションと組み合わせることで真の力を発揮します。例えば、Adobe Campaignと連携すれば、コミュニティをキャンペーンに結び付けることができます。Adobe Targetと連携すれば、コンテンツをパーソナライズできます。Adobe Analyticsと連携すれば、あらゆるチャネルから得たインサイトをコミュニティに還元できます。

Forresterは、アドビをWebコンテンツ管理分野の「リーダー」と評価

「現行の製品」「戦略」「市場におけるプレゼンス」のすべての領域で、アドビは最高スコアを獲得しました。