ライブパブリッシング

ストーリーを広く発信

コンテンツに関するあらゆるニーズと要求に応える

Adobe Experience Manager Livefyreが、コンテンツの制作からキュレーション、ブログの活性化まで、魅力的なストーリーを伝える仕組み全体を提供します。
ライブチーム
活発なチームのコラボレーションにより、コンテンツ制作をスピードアップします。
リアルタイムライブラリ
ライブラリが、リアルタイムなコンテンツを長期にわたって再利用できるアセットに変換します。
ソーシャルストーリー
ソーシャルコンテンツによって育てられたストーリーが、オーディエンスを引き付けます。

必要なときに、より多くの質の高いコンテンツをすばやく提供

ほとんどのマーケターが、過去2年間でコンテンツの供給量を10倍に増やさなければなりませんでした。
IDC
プロの手によるコンテンツと、ユーザーによって生成されたコンテンツの両方に触れたとき、ブランドのエンゲージメントは向上します。
comScore

出会いの積み重ねがインパクトを生む

ブランドストーリーとはいわば「瞬間を紡いだ糸」です。それは、関心を引き、親密さを与え、人にも伝えたくなるようなことです。ブランドマーケターも、メディア企業の編集者も、ストーリーとファンの声を溶け合わせることで、オーディエンスのエンゲージメントを高めることができます。
 

ライブ編集で流れをスムーズに 

同じストーリーを複数の編集者が同時に処理できます。全員がどこからでもストーリーを更新、確認、公開でき、共同作業がはかどります。

広告主のオーディエンス活用

広告主は、統合されていてアクショナブルなオーディエンスプロファイルをもとに収益と顧客基盤の拡大を図ることができます。あらゆるデータソースから得たアトリビューション情報をもとに価値の高いオーディエンスセグメントを作成し、広告のターゲティングに活用することができます。
ライブ編集

モバイル版アプリ

モバイルアプリで迅速な作業

撮影した写真や動画をその場で共有し、より充実したストーリーを提供できます。
モバイルアプリによって、コンテンツの検索、編集、共有がどこからでも可能になります。

広告主のオーディエンス活用

広告主は、統合されていてアクショナブルなオーディエンスプロファイルを基に収益と顧客基盤の拡大を図ることができます。多様なデータソースから得たアトリビューション情報を基に価値の高いオーディエンスセグメントを作成し、広告のターゲティングに活用することができます。

コンテンツウィンドウで容易にドラッグ&ドロップ

ユーザーが生成するコンテンツの検索、並べ替え、共有が容易になります。プリセットフィードにより、目的に合うコンテンツを常時検索し、公開したりアセットライブラリに保存することができます。

広告主のオーディエンス活用

広告主は、統合されていてアクショナブルなオーディエンスプロファイルをもとに収益と顧客基盤の拡大を図ることができます。あらゆるデータソースから得たアトリビューション情報をもとに価値の高いオーディエンスセグメントを作成し、広告のターゲティングに活用することができます。
コンテンツウィンドウ

ドラフト

ドラフトの自動生成機能が仕事の大半を解決

スマートキューが投稿のドラフトをリアルタイムに作成し、品質管理を容易にします。すべてのドラフトを表示したり、作者別に表示したり、内容が完璧であることを確認してから公開することができます。

広告主のオーディエンス活用

広告主は、統合されていてアクショナブルなオーディエンスプロファイルをもとに収益と顧客基盤の拡大を図ることができます。あらゆるデータソースから得たアトリビューション情報をもとに価値の高いオーディエンスセグメントを作成し、広告のターゲティングに活用することができます。

カスタマイズによってオリジナリティを構築

独自のテーマ、フォント、ブランドカラーを容易に設定できます。望む通りにストーリーをカスタマイズして、コメント、ピン留め、ナビゲーションガイドなどのオーディエンス向けインタラクションを利用できます。

広告主のオーディエンス活用

広告主は、統合されていてアクショナブルなオーディエンスプロファイルをもとに収益と顧客基盤の拡大を図ることができます。あらゆるデータソースから得たアトリビューション情報をもとに価値の高いオーディエンスセグメントを作成し、広告のターゲティングに活用することができます。
チャット

ソーシャルサイトに負けないために

ニュースを読むためにソーシャルサイトを利用しようとする人はほとんどいません。他の理由でサイトを訪れているときに、偶然ニュースを発見するのです。だからこそ、出版社にはまだ競争の余地があります。必要なのは、新しい戦略です。詳しくは、『デジタル時代の記事の伝え方:ニュース編集室サバイバルガイド』をご覧ください。