パーソナライズされたメディア

Webサイトやアプリを利用する顧客は、一人ひとりの好みに合わせてパーソナライズされたエクスペリエンスが提供されることを期待しています。Adobe Experience Manager Assetsを活用すると、製品やマーケティングメッセージをパーソナライズし、わかりやすいプレビューや見た目に華やかなエクスペリエンスを提供できます。

パーソナライズされたメディア

顧客一人ひとりの期待に応えるパーソナライズされたメディア

メディアのパーソナライゼーション

ひとつのマスターアセットから、顧客一人ひとりの好みに合わせた特別なエクスペリエンスを提供します。コンテンツのバリエーションを定義、テスト、プレビューし、ダイナミックメディアのURLを作成します。ページのレイヤーコンテンツとプロパティを変更するには、ダイナミックメディアURLコマンドを使用します。

製品のパーソナライゼーション

顧客がWebサイトやアプリ上で製品オプションをカスタマイズできるようにします。これにより、サンプルの作成や、写真撮影、制作にかかるコストを軽減できます。製品のデザインプロセスも効率化され、市場投入時間が短縮されます。

Room & Board、顧客が棚を自分でカスタマイズできる機能を導入

米国の家具販売店Room & Boardは、顧客がオンラインで棚のサイズや材料、部品を組み合わせてプレビューできる機能を導入したことで、オンライン収益の 152%増を達成しました。


  • 導入の相談はこちら

    Adobe Marketing Cloud導入の相談はこちらからお問い合わせください。

    お問合せ