モバイルコンテンツ管理

今日、ブランドエクスペリエンス全体にモバイルを統合して、様々な顧客やデバイスに最適なエクスペリエンスを提供することが重要になっています。しかし、仕組みが一本化されていなければ、Webやモバイルサイトをまたいだ一貫性のあるエクスペリエンスの提供は困難です。Adobe Experience Manager Sitesのモバイルコンテンツ管理では、Webとモバイルアプリ、サイト、キャンペーンをひとつの場所から管理して、あらゆるデバイスに対応したレスポンシブなコンテンツを制作できます。

モバイルコンテンツ管理

レスポンシブWebデザインで一貫性のあるモバイルエクスペリエンスを提供

ひとつのサイトを構築するだけで、あらゆるデバイスに合わせて自動的に調整されるようにします。レスポンシブWebデザインでは、どのデバイスに対しても同じコードとコンテンツを使用し、様々な画面サイズを考慮した複数のブレークポイントを設定することで、多様なデバイスに対応します。これにより、PC、タブレット、モバイルデバイスのいずれを利用している顧客に対しても、一貫性のあるエクスペリエンスを提供できます。

コンテンツ更新の効率化

コンテンツを一度更新するだけで、Webサイトとモバイルサイトの両方に配信できます。コードを記述しなくても、レスポンシブなサイトやページを制作できます。

画像配信の最適化.

多様なデバイスタイプに対応可能なWebサイトを制作することで、より高速なパフォーマンスを実現します。また、個々の画面サイズに適した画質のメディアを提供します。

リリース前のプレビュー.

レスポンシブデザインシミュレーターを使用して、様々なメディアが各種デバイスでどのように表示されるかを確認できます。

コンポーネントの事前構築

リファレンスサイト機能と、最新かつ最良のコンポーネントを活用して、開発時間を短縮します。

モバイル専用レスポンシブ対応サイトを容易に構築、更新

モバイル利用者に快適なエクスペリエンスを提供するには、通常はモバイル専用サイトが必要です。モバイルサイト管理機能を利用すると、複数のデバイス向けのサイトをデザインしたり、あらゆるデバイスにまたがって自動的に更新を配信したり、サイトのパフォーマンスを高速化したり、変更をリリース前にプレビューしたりできます。

コンテンツ更新のカスタマイズと効率化
複数のアダプティブサイトのコンテンツにわたってリンクを作成できます。あらゆるデバイスにまたがってコンテンツを自動的に更新できます。
 
デバイスごとに調整されたエクスペリエンス
様々なモバイルデバイス向けに多様なレイアウトを設計したり、デバイスごとに異なるメディアタイプを配信したりできます。どちらの場合も、サイト間でコンテンツをリンクしてコンテンツ更新を自動化できます。
 
デバイス検出による高速化
サーバー側とクライアント側のデバイス検出機能を組み合わせて利用者のデバイス情報(サイズやオペレーティングシステムなど)を取得することで、デバイスごとに最適化されたWebエクスペリエンスを提供できます。
 
リリース前のプレビュー機能
サイトを公開する前に、サイトがモバイルデバイス上にどのように表示されるかを確認できます。

モバイルコンテンツ管理に役立つ様々なツール

ネイティブおよびハイブリッドモバイルアプリ
ネイティブアプリのコンテンツを管理します。Adobe Experience Manager Mobileを使用して、様々なプラットフォームに対応したハイブリッドアプリを制作、管理できます。
コンテンツ中心のデジタルパブリッシングアプリ
Adobe Experience Manager内のアプリ向けに魅力的なコンテンツを制作し、電子出版物をAdobe Experience Manager Mobileで配信します。
コンテンツ配信の統合
IT担当者の力を借りずに、マーケター自身があらゆるデジタルアセットのコンテンツを手軽に更新できます。

FirstEnergy、会社の俊敏性を高めて顧客ロイヤルティの向上を達成

米国のエネルギー会社FirstEnergyは、Adobe Experience Managerを活用して、信頼性と柔軟性に優れたコンテンツ管理を組織レベルで実現しています。
 
「Adobe Experience Managerの導入により、社内のマーケティング、ビジネス、開発のプロセスは大幅に合理化、効率化されました」
— Scott Infante氏(FirstEnergy、ITエンタープライズテクノロジー部マネージャー)

アドビ、再びリーダーとして高い評価を獲得

アドビは、Gartner Magic QuadrantのWebコンテンツの配信と管理の分野で最高評価を受けています。