フォーム到達プロセスを効率化

Adobe Experience Manager Formsの効率的なフォーム機能を活用すれば、あらゆるデバイスやチャネルを使用する顧客を素早く必要なフォームに誘導できます。また、フォームの管理を一元化し、ひとつのハブからデスクトップサイト、モバイルサイト、およびアプリにフォームを配信したり、編集したりすることができます。

フォームを最適なチャネルに配置

Adobe Experience Manager Formsは、ターゲットとなる顧客に最適なチャネルを通じて適切なオファーを提示するため、Adobe CampaignおよびAdobe Experience Manager Mobileとシームレスに統合されています。

Webサイトフォームをもっと容易に

既存のWebサイトに、カスタマイズ可能な検索バーを備えたフォームポータルを追加できます。
 

容易な統合
Adobe Experience Manager Sitesとのシームレスな統合やAPIを活用すれば、フォームを既存のWCMに容易に追加できます。

多様なレイアウト
アイコンやフォームの説明を含んだいくつかのフォームレイアウトから、目的に合ったものを選択できます。

ダイナミック検索機能
フォームやドキュメントをテキスト、タグ、その他の属性で検索できます。

位置情報の活用
デバイスの種類や位置情報に基づいて、その顧客に関係のあるフォームのみを提示します。

一元管理により、魅力的なフォームを素早く配信

標準のツールを使用して、利用者の目を引く魅力的で動的なフォームを容易に作成できます。あらかじめ用意されているテーマ、テンプレート、フォームフラグメントも活用できます。フォームはひとつのリポジトリで一元的に管理されるので、素早くアクセスし、編集して、複数のチャネルに配信することが可能です。また、すべてのフォームで外観とエクスペリエンスを統一することができます。

KfW Bankengruppe、フォームの機能を強化してコスト削減を実現

ドイツの銀行KfW Bankengruppeは、信頼性の高いスマートフォームを全社導入したことで、IT部門の負担を軽減し、コストを削減しました。

Adobe Experience Manager Formsをもっと知る

Adobe Experience Manager Formsを活用してフォームやドキュメントを作成、保護、最適化する方法について解説した資料をご用意しましたので、ぜひご一読ください。