権利の管理

法律に適合するライセンシング

利用許諾が容易に

Adobe Experience Manager Livefyreが、ユーザー生成コンテンツの権利を保護するシンプルなルールにより、コンテンツの扱いを容易にします。
使用権限
直観的なワークフローが利用許諾の申請を容易にします。
承認
シンプルな承認プロセスで、コンテンツ作成者も許諾しやすくなります。
権限
権限アーカイブが、コンテンツの所有権をトラッキングします。

信頼できるコンテンツを安心して共有

オーディエンスは自分と同等な人が作ったコンテンツを好むことが、研究から分かっています。そのようなコンテンツを、ライセンスや法的事項の心配をせずに、すやばくサイトに追加できます。


使いやすいリクエスト機能

利用許諾の申請は、ファンとつながり、関係を構築する機会でもあります。ブランドのアカウントから直接送信するリクエストを自動化し、パーソナライズされている感覚を容易に維持できます。

広告主のオーディエンス活用

広告主は、統合されていてアクショナブルなオーディエンスプロファイルを基に収益と顧客基盤の拡大を図ることができます。多様なデータソースから得たアトリビューション情報を基に価値の高いオーディエンスセグメントを作成し、広告のターゲティングに活用することができます。
使いやすいリクエスト機能
承認を容易に


利用許諾を容易に

利用条件へのリンクをツイートに含めることができ、特定のハッシュタグで承認を受けることができます。承認され次第、コンテンツは自動的に投稿可能な状態になります。コンテンツ作成者が権利を許諾することも、それをすぐに公開することも容易になります。

広告主のオーディエンス活用

広告主は、統合されていてアクショナブルなオーディエンスプロファイルを基に収益と顧客基盤の拡大を図ることができます。多様なデータソースから得たアトリビューション情報を基に価値の高いオーディエンスセグメントを作成し、広告のターゲティングに活用することができます。

すべての情報を透明化

利用許諾の申請、ユーザーの反応、承認の状態をトラッキングし、アーカイブすることによって、法務担当者にすべての所有権の履歴を提供できます。

広告主のオーディエンス活用

広告主は、統合されていてアクショナブルなオーディエンスプロファイルを基に収益と顧客基盤の拡大を図ることができます。多様なデータソースから得たアトリビューション情報を基に価値の高いオーディエンスセグメントを作成し、広告のターゲティングに活用することができます。
すべての情報を透明化

ユーザー生成コンテンツ(UGC)をブランドストーリーの一部へ

Adobe Experience Manager Livefyreの製品概要をご覧ください。