アプリに求められるあらゆる機能を構築

Adobe Experience Manager Mobileには、顧客に提供する魅力的なモバイルアプリを、企業が制作、配信し、最適化、収益化に結び付けるための包括的な管理機能が備わっています。

手持ちのコンテンツを有効活用し、顧客の期待に応える

Adobe Experience Manager Assets、Sites、その他のあらゆる場所に保管されている既存コンテンツを活用して、モバイルアプリという新たなチャネルに展開できます。

ダッシュボードで管理を一元化

統合ダッシュボードによって、Webサイトと同じコンテンツ、ワークフロー、スタッフをそのまま利用できます。
 

カスタマイズとパーソナライズ

アプリをAPI経由で基幹システムと接続できます。CRMやPIMとの連携により、パーソナライズされたコンテンツを顧客へ展開できます。
 

使い慣れたツールを使用

Adobe Creative CloudやAdobe Document Cloudと密接に統合されているので、アセットをモバイルアプリへとすぐに共有できます。

アプリでビジネスの進め方を変革

企業や業界特有の課題に応えるため、モバイルならではの利用シーンを生かしたアプリを構築できます。

あらゆるデバイスに対応し、リーチを最大化

iOS、Android、Windows、そしてモバイルWebと、どのデバイスにも対応したアプリを容易に構築できます。
 

市場への投入を迅速化

プロトタイプ開発に時間を費やすことなく、デザイナーとマーケターがデザインツールを使って、実際に動作するアプリをすばやく作成できます。
 

基幹システムとアプリを連携

CordovaデバイスAPIとカスタムプラグインを通じて、基幹システムと連携するアプリを開発できます。

あらゆるアプリを管理下に

新しいアプリも、既存アプリも、他のシステムで構築されたアプリもすべてコントロールできます。

アプリの集中管理

統合ダッシュボードによって、あらゆるアプリを集中管理し、更新することができます。
 

アプリを強化

業界をリードするアドビのアプリサービスとの統合により、既存アプリの機能を拡張できます。
 

更新も容易に

配信済みアプリのコンテンツの更新もすぐにできるので、面倒なアプリストアへの再申請は不要になります。

どの施策がうまくいっているか、そうでないかを把握

Marketing Cloudと完全に統合されているため、コンテンツの成果測定と最適化に必要な機能を、ひとつのソリューションとして利用できます。

インサイトを容易に把握

Adobe Analyticsでアプリの利用動向を計測し、コンテンツの調整に役立てることができます。
 

顧客のニーズに対応

Adobe Targetにより、一人ひとりに合わせてパーソナライズされたアプリのエクスペリエンスを構築できます。
 

利用場面に応じたエクスペリエンス

アプリ内メッセージ機能や位置情報を活用すれば、利用者の状況に応じた情報をタイムリーにプッシュ通知できます。

サンプルを見る

Adobe Experience Manager Mobileを使用して、他のデジタルエクスペリエンスと一貫性のある強力なモバイルアプリを構築、管理する方法をご覧ください。