エクスペリエンス主導型コマース

デジタル化とモバイル対応は今日のオンラインショッピングに欠かせない要素になっており、オンライン小売企業はこのニーズに対応しなければなりません。顧客はwebサイト、モバイルアプリ、動画、ソーシャルメディアといったデジタルチャネルを通じて欲しいものを探します。実店舗がある場合も同様です。モバイルを利用すると、消費者はオンラインで商品を閲覧したり、商品情報をFacebookで共有したり、QRコードをスキャンしたりできます。また、実店舗にいるような感覚で、タッチパネル、カメラ、マイク、iBeaconといった最先端のセンサーを使用する巨大スクリーンや商品棚などを操作できます。
 
Adobe Experience Manager Sitesのエクスペリエンスドリブン型コマースを利用すると、顧客とのあらゆるやり取りを最適化し、個々のセグメントや、顧客一人ひとりに対しても最適なエクスペリエンスを提供できます。ブランド情報を組み込んだ、パーソナライズされたショッピングエクスペリエンスを提供するだけでなく、ショッピングプロセス全体にわたって表示するページを動的に制御できます。また、マーケター自身が変更を公開して、eコマースの効果を測定し、コンテンツをあらゆるデバイスに配信できます。

コンテンツ提供を効率化

Adobe Experience Managerでは、eコマースページを簡単なドラッグ&ドロップ操作で制作、提供できます。任意のコマースプラットフォームから、構造化されていない商品データに直接アクセスし、現在公開中のコマースページを確認し、データを利用することができます。必要に応じてページを変更できるので、顧客一人ひとりに合わせてパーソナライズされた適切なエクスペリエンスを提供できます。

ダイナミックアセット

webページやモバイルアプリのエクスペリエンスを強化するために、商品画像のズーム&パン、360度回転、動画など、あらゆるデバイスに対応した動的なリッチメディアを組み込むことができます。

プロダクトビュー

商品写真を、よくある小さなサムネール写真とズームボタンという形式ではなく、雑誌のようなレイアウトで表示します。

実店舗での体験

実店舗の画面に触れて操作する体験を提供し、豊富な販売モデルアプローチを利用してコンバージョンを増やします。
Adobe Experience Managerでは、テキスト、画像、ビデオなどあらゆるコンテンツを活かして顧客の購入意欲を刺激できます。ルックブックやコレクション、記事内にある特定商品とコンテンツをリンクしたり、動的な商品情報、価格、編集ページからショッピングカートに商品を直接追加する機能を組み込むなど、あらゆるニーズに対応できます。

コンテンツを公開前にプレビュー

様々なキャンペーンチャネル全体でコンテンツを公開する前に、コンテンツをプレビューし、調整、最適化できます。シミュレーションを使用すれば、顧客の視点でコンテンツを体験できます。

集中管理

キャンペーンの作成から、Web、電子メール、モバイル、ソーシャルチャネルへのコンテンツ配信までを、ひとつのオーサリング環境で実行できます。

モバイル対応

スマートフォンやタブレット向けのモバイルwebとネイティブモバイルアプリの両方のエクスペリエンスを提供できます。

自動パーソナライゼーション

モバイルデバイスの画面に収まるようにコンテンツを最適化できます。位置情報や自動デバイス検出といったデバイスネイティブの機能を使用できます。

データドリブン型シミュレーション

顧客のペルソナ、データ、コンテクストにもとづいて、セグメント単位や個人単位でエクスペリエンスのプレビューとシミュレーションを実行できます。

アセット管理を容易に

アセットは堅牢なデジタルアセット管理システムに保存、管理されます。柔軟な検索抽出機能を使用して、隣席の同僚から遠く離れた国の同僚まで、リッチメディアなどのアセットの共有、再利用、共同作業を行うことができます。

  • アセットの利用、検索、公開、編集をオンデマンドでいつでも行える単一のグローバルアセットリポジトリ
  • 様々なファイル形式に対応した柔軟な検索抽出機能により、画像、ビデオ、リッチメディア、その他のアセットを容易に利用
  • PIMシステムを統合して商品アセットと商品データを自動的に一致させ、アセット検索に組み込む
  • Adobe Creative Cloudとの統合により、デジタルアセットの制作プロセスを簡素化
  • コンテンツとクリエイティブの制作を初期コンセプトから最終レビューと承認まで追跡
  • カスタマイズ可能なプロジェクトテンプレートと直観的なワークフローツールを使用して、作業開始時から公開までのマーケティングアセットの制作を整理して効率化
  • マーケティングアセットの制作プロセス全体を管理、効率化

商品カタログページの制御

eコマースエンジンの商品カタログやサードパーティPIMシステムから商品情報を収集して、カテゴリーページと商品ページを作成します。これらのシステムでは、店舗運営に関する情報と、商品のサイズや価格といったSKUの更新に関する情報が保存されます。それらの情報を使用して、Adobe Experience Cloudに含まれる他の製品へ必要な商品データを提供し、分析、レコメンデーション、検索、広告、キャンペーンで利用できるようにすることも可能です。商品データ(カラー、価格など)に変更があった場合は、段階的に更新するか、すぐに更新、反映できます。
 
適切なテンプレート内の商品ページをプレビューし、コンテンツを更新します。デジタル画像と動画などのリッチメディアを各商品の詳細ページに関連付けて、あらかじめ定義されているテンプレートにもとづいて配置します。

商品候補の自動提示によるクロスセルの向上

 
Adobe Targetからのレコメンデーションを使用して、KPI、コンバージョン、訪問あたりの売上、利益、商品露出を向上させます。インターフェイスは使いやすくデザインされているので、レコメンデーションの制御、コピーの変更、アルゴリズム設定の変更、ABテストといった作業をすべて自分で実行できます。IT担当者の手を借りる必要はありません。
 
Adobe Analyticsと統合されているので、訪問者固有の属性、行動、好みを把握して、訪問者向けにパーソナライズされたエクスペリエンスを構築できます。最も効果的なバリエーションを適切なセグメントにリアルタイムに提供したり、多様なアルゴリズムを活用して、AOVの改善や商品カテゴリーの在庫一掃などのビジネス目標を達成することもできます。
 
様々な内容や表現方法を試しながらキャンペーンを部分展開できるので、商品を容易に展開し、収益性を最大化できます。
あらゆる訪問者にプロモーションを適用します。または、ロイヤルティ、以前の訪問時の行動、購入履歴、 Experience Cloudや関連システムに保存されているその他のデータにもとづいて、特定の顧客にターゲットの狙いを定めます。
ECエンジンからの既存のプロモーションルールをサポートし、顧客のコンテクストとセグメントに基づいてターゲットの狙いを絞り込みます。


商品発見プロセスの改善

顧客が探している商品を確実に見つけられるようにするとともに、特定の商品やキャンペーン商品を目立たせるための柔軟なカスタマイズ方法を提供します。
  • 検索されたキーワードや訪問者プロファイル属性にもとづいて、商品やキャンペーンを提示
  • 表示する商品と、その表示方法を指定
  • 幅広いサイト検索オプションやナビゲーションオプションを提供し、さらにオートコンプリート、「Did you mean?(もしかして検索)」、動的画像オプション、マルチメディアの使用、絞り込み条件(商品カラー、レビューなど)の指定などの機能を併用。
  • 展開前に検索エクスペリエンスをシミュレートすることで、検索エクスペリエンスがビジネスニーズと顧客の期待を満たしているかどうかを確認
  • Adobe Analyticsから、収益性の高い顧客導線に関するインサイトを入手

顧客プロファイルをもとにエクスペリエンスをパーソナライズ

Adobe Targetの組み込み機能によって、より効果的なエクスペリエンスを構築できます。

テスト

個々のKPIをもとに、販売戦略とマーケティングのアイディアをテストします。顧客プロファイル、購入履歴、クリック行動にもとづいて、ターゲットに最適なコンテンツとエクスペリエンスを提供します。

セグメント

詳細情報によるセグメント化とエクスペリエンスのカスタマイズを行い、購入者のプロファイルとアクティビティを分析、使用することで、エンゲージメントを向上させます。

パーソナライズ

性別、年齢、好みなどのパラメーターをもとに顧客それぞれの期待に応えるエクスペリエンスを構築します。コンテクスト内での利用者のクリックストリームのシミュレーションにもとづいて、最大限のパーソナライゼーションをおこないます。

活気のあるコミュニティの構築

ソーシャルチャネルは、企業のブランド力を高めると共に、ターゲットをより的確に定めてより適切なエクスペリエンスを提供するための手段にもなります。コメント、評価、レビュー、ブログ、フォーラム、アンケートを導入することで、商品に対する関心を促します。
 

ソーシャル要素の導入

PCとモバイルの両方のエクスペリエンスにコミュニティ機能とソーシャル機能を組み込むことで、コミュニケーションの場を設けます。

ソーシャルネットワークの統合

FacebookやTwitterのアカウントを使ってサイトにログインできるようにすることで、コンテンツの共有を促し、より顧客の期待に適したエクスペリエンスを提供します。

プロファイルに基づくパーソナライズ

好み、関心、デモグラフィックなど顧客のソーシャルデータに基づいて、より効果的にパーソナライズされたショッピングエクスペリエンスを構築します。

Adobe Experience Cloudとの統合

Adobe Experience Managerは、Adobe Experience Cloudに含まれる他の製品と統合されているので、オンライン小売企業はコンバージョンとキャンペーン費回収率を高めることができます。Experience Cloudの主な機能をご紹介します。
検索エンジンマーケティング費、ディスプレイ広告費、ソーシャル広告費を最適化
電子メールキャンペーン管理と、モバイル用に最適化されたランディングページ
ソーシャルネットワークとの強固な連携(会話の監視と返信、効果の測定)
購入に至る顧客の行動過程全体でマーケティングの効果を測定、分析

グローバル規模のeコマースソリューション

Adobe Targetからのレコメンデーションに基づき、KPI、コンバージョン、訪問あたりの売上、利益や、商品の改善を図ることができます。Adobe Experience Managerは、グローバルに展開されるオンラインビジネスを強化するために役立ちます。顧客それぞれに向けて効果的にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供し、多言語で展開される多国籍サイトを効率的に管理できます。これにより、国や地域ごとに個別のエクスペリエンスを提供しながら、全体としての統一感を維持できます。

商品カタログ制作を効率化

構造や言語の異なる新しい商品カタログをすばやく制作し、複数のチャネルに展開できます。

商品コンテンツを迅速にローカライズ

PIMシステムと同期しつつ、組み込みの翻訳ワークフローを再利用して商品データを翻訳します。

アドビ、再びリーダーとして高い評価を獲得

アドビは、Gartner Magic Quadrantのwebコンテンツの配信と管理の分野で最高評価を受けています。