動画をインタラクティブに

製品やサービスのデモ、ブランド認知度やエンゲージメントの強化、オンラインサポートやオンライントレーニングの提供、ユーザー生成コンテンツを利用したブランドロイヤルティの構築など、動画には様々な用途があります。Adobe Experience Manager Assetsの動画管理機能は、マーケター自身が動画配信を管理し、高品質の動画をあらゆるチャネルに提供するために役立ちます。

動画をインタラクティブに

最適な動画エクスペリエンスの提供に役立つ機能

動画管理

Adobe Experience Manager Assetsは、動画の様々な管理機能を備えています。組み込まれたベストプラクティスにもとづいた動画の自動エンコード、動画品質や動画サイズのカスタマイズを実行できます。

スマートな動画再生と配信

レスポンシブ対応の動画プレーヤーにより、作成した動画を多様なデバイスに配信できます。ノートパソコン、PC、タブレット、スマートフォン、その他のモバイルデバイスのいずれでもスムーズに再生できるよう動画コンテンツを調整します。

ショッパブルビデオ

動画内の任意の箇所に、製品の詳細情報、ランディングページのマイクロサイト、リード獲得用フォーム、キャンペーン活動などへのリンクを組み込むことで、コンバージョンを促進します。

分析とレポーティング

動画エンゲージメント、動画からの離脱などの高度な動画分析レポートを提供します。分析結果は、動画ストリーミングのトレンド把握、効果の評価、効果的なコンテンツ制作への反映などに活用できます。

それぞれのスクリーンに最適な動画を配信

動画の視聴者がどのようなスクリーンを使っていたとしても、レスポンシブ対応の動画プレーヤーとアダプティブストリーミングにより、最適な形式および画質で自動的に動画を配信することができます。デバイスの種類や帯域幅を自動的に検出することにより、スムーズに再生できるよう動画をリアルタイムに調整します。また、すぐ利用できる動画プレーヤーライブラリ、レスポンシブ対応の動画プレーヤー、動画と画像コンテンツを組み合わせる業界最先端のミックスメディアビューアなどを用意しているため、準備も素早く行えます。ブランドのニーズに合わせて動画プレーヤーをカスタマイズすることも、SDKを使って独自プレーヤーを開発することもできます。

レスポンシブ対応の動画プレーヤー

設定可能な標準プレーヤーを多数提供しています。独自のプレーヤーも開発できます。いずれもレスポンシブ対応です。

ローカライゼーションの効率化

アクセシビリティに配慮した字幕や多様な言語圏向けの字幕を付けることで、幅広いオーディエンスに動画を視聴してもらうことができます。

グローバルなスケーラビリティ

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)と連動しているため、スムーズで高品質なストリーミング再生をグローバルで展開できます。

モバイルデバイスのサポート

どのようなデバイスにも、動画再生を最適化させることができます。

アダプティブストリーミング

ネットワーク帯域幅に応じ、動的に動画品質を調整できます。

Verizon、ダイナミックメディアを利用して顧客サービスを強化

米国のモバイルネットワーク事業者Verizonは、ダイナミックメディアを利用してファイルサイズを大幅に削減し、コンバージョン率を16%向上させました。
 

顧客を引き付ける動画を、あらゆるデバイスへ

ダイナミック画像処理、レスポンシブ対応の動画プレーヤー、ビジュアルコンフィギュレーターを活用して動画エンゲージメントを強化する方法を紹介します。