モバイルを活用してショッピング体験を魅力的にするには?レポートをダウンロード ›

魅力的なアプリこそ不可欠

市場には多数のアプリがひしめいています。その中でダウンロード数を伸ばし、アプリ内コンバージョンを増やし、アプリストアで高い評価を得るのは、容易ではありません。企業がアプリを展開する目的はそれだけではありません。目指すところは、アプリが利用者の生活の一部となり、時間が経つにつれて価値を増していくようにすることです。これを実現するには、アプリ利用者の動向を理解し、利用者に働きかけを行うことのできる仕組みが必要です。アプリのどの機能がよく使われているか、改善が必要かをデータとして把握できれば、的確な施策や改善を行うことができます。

まずは分析から

Adobe Analytics

最終的なビジネス成果に結び付く魅力的なアプリを構築するには、まず、業績評価指標(KPI)を明確化し、測定することから始めます。そのためには、アプリの利用状況を視覚的に把握し、さらにカスタマージャーニーの各段階での動作測定も行えるような強力な分析能力が必要になります。

  Adobe Analytics

アドビがお役に立ちます。Adobe Analyticsでは、多数の様々な情報源からデータを収集し、インサイトを得ることができます。カスタマージャーニー全体を通じて利用者エンゲージメントを測定し、顧客の行動の変化を把握します。顧客がアプリを起動する頻度、顧客が興味や関心を失って離脱した場所などのトレンドを明らかにし、それらのインサイトにもとづいて調整を行い、エンゲージメントを向上させることができます。


インサイトをチャンスに

Adobe Target

データが揃ったら、次は具体的な行動に進みます。顧客の期待に応えるメッセージや通知を自動的に発信できるようにします。顧客の関心を持続させるために、リアルタイム分析機能を使用してアプリ内メッセージングやプッシュ通知を自動的にトリガーしましょう。また、A/Bテストを実施して、最も効果的な選択肢を調査することもできます。

Adobe Target
アドビがお役に立ちます。Adobe Targetなら、アプリエンゲージメントを促進する最適な方法を見つけ出せます。アプリのライフサイクルの成功と失敗を分ける様々な要因を把握して、最適化されたコンテンツを適切な人にタイムリーに提供します。様々なバージョンや組み合わせが収益にどのように影響するかを確認できます。


一人ひとりに合わせたパーソナライズ

Adobe Target

アプリのエクスペリエンスは、顧客のニーズに沿ったものでなければなりません。これは便利だと感じさせるアプリなら、顧客はそれを生活の一部にしてくれます。よりきめ細かいパーソナライズを行えば、コンテンツの価値はもっと高まります。顧客の期待に添ってパーソナライズされたアプリエクスペリエンスを構築するには、そのためのインサイトをもたらす総合的な仕組みが必要になります。

Adobe Target

アドビがお役に立ちます。Adobe Targetでは、2バージョンのキャンペーンのA/Bテストを実施して、最も効果的なバージョンや組み合わせを容易に把握できます。顧客の行動、プロファイル、所在地にもとづいて、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。コンバージョンの向上と作業負荷の軽減につながる最適なエクスペリエンスを構築できるようになります。


統合ソリューションによって実現される「成長する」アプリ

アドビが選ばれる理由

市場にひしめく多数のアプリから一線を画すには、利用者が自然に使わずにはいられないアプリエクスペリエンスを提供する必要があります。人の生活に自然に溶け込むような、魅力的でパーソナライズされたアプリエクスペリエンスを実現しましょう。

アドビが選ばれる理由
かつては、アプリエクスペリエンスを継続的に改良するための深いインサイトを得ようと思ったら、様々なポイントソリューションを組み合わせて使用するしかありませんでした。今では、Adobe Marketing Cloudさえあれば、アプリ利用者の生活に欠かせない魅力的なアプリエクスペリエンスを提供するために必要なツールがすべて揃います。アプリ分析、メッセージング、最適化、パーソナライズを包括的に統合した機能セットを提供できるのは、Adobe Marketing Cloud以外にありません。

モバイルを活用してショッピング体験を魅力的にするには?

小売企業にとってモバイルを活用したコマースは重要ですが、消費者の期待に応えるには、モバイルによるショッピング体験の改善を続けていくことが求められます。