「Digital TV and Multiscreens: Shaping Effective Marketing Strategies in a Disrupted Media Landscape」をご覧ください。 ホワイトペーパーをダウンロード(英語) ›
 
 

あらゆる場所の視聴者を獲得

 
 
消費者は従来のテレビネットワークではなく、HuluやNetflixなどの配信事業会社を利用して直接エンターテイメントコンテンツを視聴するようになっています。コンテンツ配信事業においてオーバーザトップ(OTT)やTV Everywhereが急速に成長している今、あらゆるデバイスに対応する動画エクスペリエンスをすばやく構築し、配信する必要が生じています。特定のオーディエンスにリーチして視聴率や登録者数を向上するには、顧客とブランド企業との関わりを総合的に理解しなければなりません。

複雑なコーディングなしでパーソナライズしたエクスペリエンスをあらゆるデバイスに

OTTアプリも含め、あらゆるデバイスの視聴者一人ひとりに合わせた動画エクスペリエンスをすばやく構築して配信することは不可欠です。オーディエンスの特性を把握できれば、常連の視聴者や特定の年齢層など、共通の特徴にもとづいてオファーをターゲティングできます。このために必要なのは、こうしたオーディエンスプロファイルを使用して動画コンテンツに動的な広告を挿入できる統合ソリューションです。

アドビがお役に立ちます。Adobe Primetimeが、あらゆるデバイスを使っていつでも視聴できる質の高い動画コンテンツを作成し、配信します。使いやすいアドビのツールなら、TV EverywhereやOTT配信も容易です。Adobe Audience Managerで顧客データを収集し、統合オーディエンスセグメントを作成すれば、Web、ソーシャル、検索、モバイルで一貫して同じ顧客をターゲティングできます。 Primetimeとの連携機能により、こうしたプロファイルを使って動的にターゲティングした広告を動画コンテンツに挿入し、OTTやTVEデバイスも含めあらゆる画面向けに配信することもできます。



あらゆるデバイスのあらゆる視聴者を把握

ユーザーがどのようにサイトやアプリの動画コンテンツを視聴しているかを把握することは重要ですが、これには、認証された視聴者とOTTアプリ上でコンテンツを視聴しているユーザーについての詳細なデータが必要です。こうしたインサイトを取得して、エクスペリエンスの向上、さらには登録者数やブランドロイヤルティの向上に役立てるには、総合的な仕組みが必要です。

Adobe Analytics
アドビがお役に立ちます。Adobe Analyticsでリアルタイムのインサイトを獲得。顧客がどこでブランドと接していても、カスタマージャーニーの各段階で、顧客の決定に影響を及ぼす要因を分析し、認証された視聴者のエンゲージメントをOTTやTVEも含むあらゆるデジタルデバイスやプラットフォームで測定します。


顧客一人ひとりの全体像を把握する

顧客一人ひとりの全体像を把握するうえで障害となるのは、認証データと匿名データが別個のシステムで管理されていることです。必要なのは、多様な施策にまたがって活用できる、共通のプロファイルとオーディエンスを作成できる仕組みです。

Adobe Marketing Cloud

アドビがお役に立ちます。Adobe Marketing Cloudコアサービスでは、認証データと匿名データの両方を使用して、顧客一人ひとりの総合的なプロファイルを作成し、新たなデータを取り入れてプロファイルを最新に保つことができます。アドビの多様なソリューションからアクセスできる共通のプロファイルを作成することで、高度にパーソナライズされたエクスペリエンスを構築できます。



適切なインプレッション

ソニー
Adobe PrimetimeとAdobe Audience Managerを使用して、Sonyが広告の無駄なインプレッションを40~50%削減した事例をご覧ください。

単一の統合ソリューションで質の高い動画エクスペリエンスを構築し、あらゆるデバイスで提供

Adobe Marketing Cloudは、OTTやTVEも含め、あらゆるデバイス向けの高品質な動画エクスペリエンスを構築、配信するために必要なあらゆるツールを備えています。複雑なコーディングは必要ありません。動的にターゲティングした広告を動画コンテンツに挿入して配信することも、視聴者がどこでブランドと接しているかに関わらず、行動を総合的に把握することも可能です。
Marketing Cloudなら、オーディエンスを理解し、あらゆるプラットフォームにコンテンツを配信することにより、収益の向上につなげることができます。

アドビが選ばれる理由
以前は、このような統合デジタルマーケティングを実践するためには、機能の異なる個別のソリューションをつなぎ合わせて使用する必要がありました。今日では、Adobe Marketing Cloudが必要なあらゆる機能をひとつの統合ソリューションとして提供します。分析、データ管理、最適化、パーソナライズの機能をこれほど深いレベルで統合しているソリューションは、ほかにありません。
データサイエンスをマーケティングに取り入れましょう。さまざまなチャネルとデバイスでオーディエンスセグメントを引き付ける方法については、レポート「Activating Audiences Across Channels」をお読みください。

エクスペリエンスを強化するデータ活用

どの業界でも、データは顧客エンゲージメントの強化に役立ちます。各業界を通じて、データドリブン型マーケティングはどのように役立つでしょうか。