Adobe Media Managerのクロススクリーンプランニング機能

チャネルやデバイスをまたいで広告を配信することで、メッセージを伝える新たな機会が生まれますが、同時に、分散したオーディエンスへのリーチは一層困難になります。Adobe Media Managerのクロススクリーンプランニングソフトウェア(旧称TubeMogul)を使用すれば、デバイスやフォーマットを問わない広告のプランニングとバイイングが可能になり、リーチや頻度、効果をわかりやすく正確に測定できます。

Adobe Media Managerのクロススクリーン広告のメリット

アドビのクロススクリーンプランニングソフトウェアにより、ブランド戦略の目標達成に最適なメディアミックスが実現し、リニアTVやPC、タブレット、スマートフォンといったあらゆるデバイスにおいて、重複排除したオーディエンスへのリーチを最大化できます。
 

クロスチャネル広告をプランニング、バイイング、測定、最適化できます。

クロススクリーンプランニングソフトウェアを効果的に使用して、カスタマージャーニーの適切な場所とタイミングで顧客にリーチする方法をご紹介します。

PCビデオ

インストリームやインバナー在庫において最も利用されているデジタルビデオ広告は、通常のプレロールとインタラクティブなプレロールフォーマットです。広告主にとって、PCのビデオ広告がデジタルメディア戦略において重要な要素であることに変わりはありません。

モバイルビデオ

スマートフォンが急増し、ブロードバンド化が進み、スクリーンサイズも拡張されるなかで、顧客のメディア消費はモバイルデバイスに急速に切りかわっています。今やモバイル広告は、包括的なブランド戦略の鍵をにぎる重要な要素です。

ソーシャルビデオ

Adobe Media Managerは、Facebook API を初めて統合したバイイングプラットフォームの1つです。既存のリニア TV、デジタル動画、ディスプレイ広告イニシアチブに加えて、Facebook と Instagram でも動画広告を統合できます。

プログラマティックTV

ソフトウェアを使ってテレビ広告の購入を自動化することが可能になりました。アドビのプログラマティックTV(PTV)を利用することで、従来のテレビ広告購入方法ではアクセスすることができなかったインベントリや顧客にリーチできます。

クロススクリーンプランニングの変革をお手伝いします。

この調査では、ソフトウェアでのクロススクリーンをプランニングすることによってマーケターが何を得るのか、そして、対象とするオーディエンスに応じて利益がどの程度変化するのかが明らかになります。

マーケティング成果を高めるために

セグメント化のベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。