適切な顧客に今すぐリーチ

1stパーティとFacebookのオーディエンスデータに加えて検索データを活用することで、Facebookでコンバージョンに至らなかった顧客をすばやくリエンゲージします。

Facebookを利用するなら、Facebookで検索データを活用

自動広告取引(プログラマティック)で最も重要なのはデータです。Adobe Media Managerを使って、Facebookの広告でもデータを活用できるようになりました。Facebookのカスタムオーディエンスを利用して、検索連動型広告(SEM)をクリックしたオーディエンスをリエンゲージしたり、類似オーディエンスを使って新しい見込み客をターゲティングし、キャンペーンの規模をさらに拡大することができます。データをもとにマーケティングを向上し、コンバージョンを効率的に最大化するのが、これまでになく容易になりました。


Facebook検索連動型リターゲティングティングのメリット

柔軟なターゲティング

Facebookカスタムオーディエンスと類似オーディエンスを簡単に利用できます。Facebookのその他のターゲティングオプションを利用してターゲティングを調整することもできます。

規模

Facebook、Instagram、オーディエンスネットワークの検索オーディエンスを利用すると、Facebookを毎月利用している世界中のユーザー17億人を容易にターゲティングすることができます。

パフォーマンス

独自のターゲティングと顧客に見合った広告を組み合わせることで、クリックスルー率、コンバージョン率、目標単価を向上します。

インサイト

検索連動型キャンペーンとソーシャルキャンペーンとの間の相互作用を把握します。

 

Facebookでの検索を活用

世界のオンラインゲーム利用者がFacebookでの検索連動型リターゲティングでコンバージョンに至った割合は、Facebookでのコンバージョン全体の13%を占めます。同時に展開したFacebookキャンペーンと比較して、Facebookでの検索連動型リターゲティングでは、顧客獲得あたりのコストが19%低く、コンバージョン率が45%高く、同水準の費用での獲得が63%多くなりました。

多様化する広告運用の未来


消費者にとって適切な体験を届けるために、
広告取引のあるべき姿とステップを解説します。