Adobe Media Manager Programmatic TV

テレビ以外のデジタルチャネルでは、広告主はプログラマティック広告バイイングのメリットを享受しています。Adobe Media ManagerのProgrammatic TV(PTV)バイイングソリューションは、これまでTubeMogulと呼ばれていたものです。これにより、ターゲティングやインサイトのレポートなど、デジタルバイイングのメリットの多くがテレビ広告でも享受できるようになりました。あらゆるデバイスをまたぐキャンペーンの全体像を計画する際に役立つとともに、チャネルごとの広告費の配分を調整したり、顧客へのリーチや広告頻度を最適化するための柔軟性を高めています。

プログラマティックTV広告のメリット

業界をリードするアドビのプログラマティックTV広告バイイングソリューションを使用すれば、従来のTV広告バイイングでは利用できない在庫やオーディエンスにアクセスできます。分散バイイングの効率性や柔軟性、拡張性が非常に高くなります。地元の関連企業やケーブルテレビ会社、衛星通信会社にある広告在庫を集中管理ダッシュボードから確認することができます。統計データや視聴率などの基本的な情報より詳細なターゲティング基準を使用して、オーディエンスセグメントの精度をさらに上げることができます。

Programmatic TVによる広告バイイングの詳細

このホワイトペーパーは、米国や英国におけるプログラマティックTV広告の現状を報告しています。
このLUMAscape風のTVエコシステムは、発展しているこの業界の人名録を示しています。

TVメディアバイイングを計画する際に、ソフトウェアが果たす決定的な役割とは?

マーケティング成果を高めるために

セグメント化のベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。