より多くのプラットフォームを通じてより多くの視聴者にリーチ

Adobe Primetimeの広告決定機能は、キャンペーンと広告在庫、パートナー、クリエイティブの効果測定レポートを管理し、TV Everywhereをサポートしています。そのため、放送、映画、テレビの画面に対して横断的に広告を配信、管理することができ、効率性と認知度、収益性を高めます。

1回のリクエストで多数の広告

Adobe Primetimeは、1回のリクエストで複数の広告を生成し、必要なタイミングで必要な位置に自動的に表示できます。VAST 3.0とVMAP 1.0の読み込みと生成が可能な唯一のビデオ広告サーバーです。また、VPAID 1.0と2.0もサポートしています。

高度なコントロールを可能にする優れた機能

キャンペーン管理の効果を実感

ダッシュボードを使用して数千もの広告を分析し、パフォーマンス、インプレッション、収益に関するデータをリアルタイムに引き出します。的確に広告をターゲティングして配信し、20を超える指標にもとづいてビューを構築し、容易に一括編集を行うことができます。

データからライブラリを作成

各チャネルやシリーズ、エピソード、動画などの資産を表すメタデータをインポートして、コンテンツライブラリを作成します。さらに、1 回のクリックでターゲティングし、レポートを生成します。

パフォーマンスを予測

ただサンプリングするのではなく、利用可能なあらゆるデータをもとに完全なシミュレーションを行い、広告パフォーマンスを正確に予測します。

エクスペリエンスを コントロール

コマーシャルブレークのポッドへのセグメント化から、ターゲットパターンの確立まで、広告体験をコントロールします。フルエピソードVOD には広告マップ、短縮方式のVOD には広告パターン、ライブや通常のストリーミングには広告決定機能を使用します。

権限を把握

社内販売チームとTV Everywhereパートナーに広告を割り当てます。販売権のターゲットを決定して、複雑な受託放送契約をサポートします。サブアカウントを作成し、さまざまなコンテンツ、サイト、デバイス、およびジオグラフィを操作する許可を付与します。

テレビの視聴数は今後も伸びる

成長するオンライン動画視聴の背景にある数字と傾向についてまとめたAdobe Digital Indexレポートをご覧ください。