顧客体験を犠牲にすることなく、著作権を保護

ExpressPlayの技術に支えられたAdobe Primetime DRMは、コンテンツ配信のワークフローとプレイヤー技術において、マルチプルなデジタル著作権管理システム(DRM)をサポートします。ブラウザーやデバイス固有のDRMシステムを搭載する、最大数のデバイスにおいて、コンテンツを守ります

単一のプラットフォームでコンテンツを保護

 

ひとつのワークフローですべてのDRMシステムに対応

マルチDRMプラットフォーム

単一のプラットフォームによって動画コンテンツの著作権保護をシンプルにし、デスクトップやインターネット接続可能なテレビ、タブレット、スマートフォンなどに配信します。
各プラットフォームは、非常に強力なコンテンツ保護機能を備えています。

対応デバイス

保護されたコンテンツをデスクトップ、タブレット、スマートフォン、セットトップボックス、ゲーム機などに配信して、視聴可能な顧客へのリーチを最大限に増やします。
ひとつのワークフローですべてのDRMシステムに対応

保護されたストリーミング

Adobe Primetimeではストリーミングを保護できるため、後でニュースやスポーツを配信できます。ライセンスはコンテンツと結び付いているため、高度に保護しながら、無限に拡張可能です。

事業者にとって簡単で、視聴者にとって便利な仕組み

 

スケーラブルなライセンス配信

スケーラブルなライセンス配信

数百万のライセンスが必要になるような大規模な加入者ベースのサービスやリニア番組をスケーラブルにサポートします。ライセンス配信には、事前生成された組み込み済みのオフライン配信や階層型キーが含まれています。
事業者向けソリューション

事業者向けソリューション

Adobe Primetime DRMを構築した目的は、事業者の厳しい要件を満たすことです。そのために、キーローテーション、ライセンスチェーン、ライセンスキャッシング、ルートリーフライセンスを備えて、リニアコンテンツおよびライブコンテンツをスケーラブルに保護します。
オプションのクラウドサービス

オプションのクラウドサービス

番組制作者と事業者がコンテンツのデバイスへの配信をさらに効率よく実施できるように、クラウドベースのAdobe Primetime DRMが用意されています。ライセンスサーバーの保守はアドビに任せて、あらゆる機能を利用できます。

Primetime DRMの機能の概要

Adobe Primetime DRMは、Adobe PrimetimeのプレーヤーSDKがサポートしているあらゆるプラットフォームやデバイスにおいて、最高レベルのコンテンツ保護を提供します。加えて、アドビのDRMは、主なMSOおよび番組制作者向けに用意されたあらゆるコンテンツ保護機能をサポートします。それには、次の機能とサービスが含まれます。

アプリケーションのホワイトリスト

信頼されたパッケージャーから提供された、認定済みのアプリ上でのみ、保護されたコンテンツを再生します。

キーとライセンスのローテーション

指定した秒数、または番組のエンドまでのいずれかを、自由に設定できます。

ドメインの管理

ビジネスルールのもとで、同じライセンスを共有するあらゆるデバイスをひとつのドメインとしてコンテンツを紐づけます。

ライセンスチェーン

ルートライセンスの暗号化と特定のデバイスへのバインドをサポートします。その際、関連するリーフライセンスは自動的に更新されます。

デバイスのフィルタリング

スクリーンタイプやOS、ハードウエアの機能などにもとづき、特定のコンテンツから指定されたデバイスでは、再生を禁止します。

選択的な出力コントロール

消費者による録画を阻止します。
Adobe Primetime DRMのその他の機能
デスクトップのDRM
DRMは、Flashを搭載するあらゆるPCで使用できます。ダウンロードやプラグインの必要がないため、遅れることなく、すぐにストリーミングが開始されます。
 
デバイスの互換性
Primetime SDKは、つねにデバイスと互換性のあるコンテンツの再生方法を選択して、ストリーミングを行います。
柔軟な展開
ライセンス管理を必要としない大規模な配信イベントの場合は、Adobe Primetimeによって保護されたストリーミングを使用してください。アドビのDRMと同じテクノロジーが使われています。
 
コンテンツのアクセス制御
視聴可否の判断は、デバイスの特性にもとづいて決定される場合があります。これは、コンテンツへのアクセスをきめ細かく制御するためです。
キー管理を排除
アプリケーションの開発期間を短縮し、運用の総コストを削減します。

テレビの視聴数は今後も伸びる

成長するオンライン動画視聴の背景にある数字と傾向についてまとめたAdobe Digital Indexレポートをご覧ください。