テレビのようで、テレビを超えるエクスペリエンスを

クライアント側とサーバー側への動的広告挿入機能により、通常の番組放送に加え生放送やオンデマンド放送においても、バッファリングや再生エラーのないシームレスな広告エクスペリエンスを実現します。また、複数の配信サーバーを統合した、柔軟かつスケーラブルな収益化機能を利用できます。これにより、より優れた視聴エクスペリエンスを提供し、エンゲージメントと収益の向上が実現します。

チャンスを見極める

業界標準のプロトコルとサーバーベースのインベントリルールを使用して広告の放送枠を決定します。さまざまなターゲティングパラメーターや動的な視聴者ターゲティング機能が使用可能です。
チャンスを見極める

正確なフレームで実行

同時放送のコンテンツでは、広告を正確なフレームで表示する必要がありますが、既存のデュアルプレイヤー技術では実現できません。Primetimeのような広告挿入機能がなければ、メディア企業は広告の収益化や収入の機会をあきらめざるを得ません。

完全なコントロール

バッファリングなしのシームレスなトランジションで、視聴者が見慣れたテレビと同様の広告エクスペリエンスを提供します。従来放送で用いたブレークキューやリアルタイムマーカー、あるいはCMSと連動する広告タイムラインなどの手法を使用した広告出稿が可能です。また、固定広告をスキップしたり、置き換えたりすることもできます。
完全なコントロール.
効果を測定

効果を測定

Interactive Advertisement Bureau (IAB)の規格に準拠した広告計測用ビーコンを使用して広告の効果を計測します。コンテンツカテゴリー、視聴者セグメント、地域情報などの情報と収益化可能なインプレッションに関するレポートを提供します。

テレビの視聴数は今後も伸びる

成長するオンライン動画視聴の背景にある数字と傾向についてまとめたAdobe Digital Indexレポートをご覧ください。