あらゆるデバイスにテレビ番組を配信

Adobe Primetime

Adobe Primetimeとは

テレビ放送局、ケーブルネットワーク、サービス事業者向けに提供する、パーソナライズされたテレビ番組や動画コンテンツを収益化するための、マルチデバイス向け動画配信プラットフォームです。
テレビ番組をあらゆるデバイスに配信
視聴者がどこにいるかに関係なく、全世界34億台に及ぶデバイスにテレビや映画コンテンツを配信できます。

柔軟なワークフロー

VOD、ライブテレビ、リニアテレビなどの既存の放送配信ワークフローへ、機能をモジュール式に追加します。

インサイトと成果を提供

メディア販売業者はAdobe Marketing Cloudとの統合で得られたインサイトを活用して、キャンペーンや広告配信をリアルタイムに最適化できます。

Primetimeの機能

単一のHLSワークフローを使用して動画を作成し、あらゆるデバイスとプラットフォームにまたがって配信できます。
有料視聴テレビ番組を、任意のデバイスへと配信できます。
すべてのストリーミング有料テレビでアカウントの不正共有を削減します。
広告を動画コンテンツに動的に挿入し、あらゆるスクリーンの視聴体験を収益化します。
デバイスやプラットフォームを問わず、番組の著作権を効率的に保護します。

放送事業者のためのPrimetime

いつでも、どこでも、どのデバイスでも視聴できる高品質のコンテンツを配信することで、視聴者を離しません。PrimetimeによってTV Everywhereの複雑さを回避できるため、放送事業者は加入者に付加価値を提供できます。

番組制作者のためのPrimetime

Primetimeは、番組制作者のさまざまなニーズに対応できる柔軟なソリューションです。各種プラットフォームに対応したSDK(ソフトウェア開発キット)が用意されており、収益化やリアルタイムのインサイト獲得に役立つシームレスな広告を挿入できます。


Primetimeの活用法

 

ビジネスと顧客の両方に有効なPrimetimeソリューションの構築に必要となる、あらゆる答えとリソースがここにあります。

 


Primetime活用の成功例

Jストリーム

日本における動画配信の先駆者であるJストリームは、Adobe Primetimeテクノロジーを活用した、日本市場向けのサービスを展開しています。

 

NBC社は、Primetimeを利用してあらゆるサイズのデバイスにライブスポーツを配信しています。

 

大手ケーブルテレビ会社は、Primetimeを利用して各種サービスを新しいデバイスに配信しています。
 
フランスのテレビ局M6は、Primetimeを利用してテレビ番組のモバイル配信を始めています。

すぐれた番組をストレートに届ける

Primetimeで理想的な視聴体験を顧客に提供する方法をご覧ください。

ビジネスの問題を解決する方法を紹介します。

ストリーミング動画のベストプラクティスに関するユースケースをご覧ください。