複雑なプログラミングが不要、先進のプレイヤー開発キット

あらゆるデバイスで高品質な動画視聴体験を実現するための、ソフトウェア開発ツールを提供します。Adobe Primetimeでは、既存のインフラを無駄にすることなく、高品質な動画再生プレイヤーを開発し、コンテンツの作成、パフォーマンスの測定、収益の確立を迅速に行うことができます。

適応能力に優れたHLSおよびMPEG-DASH再生

適応能力に優れたHLSおよびMPEG-DASH再生

サポート対象のプラットフォームにHLSやMPEG-DASHストリームを配信します。また、ネットワーク条件や再生エクスペリエンスに応じて最適なビットレートを選択できます。

マルチDRMをサポートするプレイヤーツールキット

幅広いデバイスフットプリントを備えた業界をリードするアドビのプレイヤー技術、Adobe Primetime TVSDKが保護されたコンテンツをシームレスに再生します。

シームレスな広告挿入

動的にターゲティング可能な広告を容易に挿入し、コンテンツによる収益を伸ばすことができます。広告用に別途プレイヤーを管理する必要はありません。
シームレスな広告挿入
デジタルビデオレコーダー(DVR)サポート

HTML5のサポート

標準化団体であるW3Cの標準TVSDKワークフローに準拠しながら、最も一般的なHTML5対応のモバイルwebや従来のPCブラウザーに展開可能です。

最高のエクスペリエンスを生み出す

 

 

トリックプレイ機能

トリックプレイ機能

トリックプレイ機能
視聴者はDVDプレイヤーやセットトップDVRと同じように早送りと巻き戻しボタンを使用できます。
障害検知機能

Adobe Marketing Cloudとの統合

Adobe AnalyticsやAdobe Audience ManagerなどのMarketing Cloudソリューションとの統合が容易で、オーディエンスの獲得からエンゲージメントとマネタリゼーションまで、視聴者のライフサイクルを管理します。
マルチオーディオトラックのサポート

マルチオーディオトラックのサポート

視聴者が任意の言語のオーディオトラックを選択できるようにします。
ID3タグのサポート

ID3タグのサポート

動画ストリームからID3データを解析できるプレイヤーを構築します。そのため、プレイヤー体験の一環としてスポーツの統計データ、スコア、アーティスト情報、最新のニュースなどのメタデータを表示できます。

動画を視聴者に届ける

 

 

クローズドキャプション

トリックプレイ機能
あらゆるストリームでクローズドキャプションを配信します。CVAAに準拠しながら、視聴者は、サイズ、不透明度、色および輪郭を柔軟に変更可能です。

Adobe Analyticsとの統合

トリックプレイ機能
Adobe動画分析との統合が容易なプレイヤーを構築します。そのため、動画パフォーマンスを総体的な視点から捉え、新しいマーケティング機会をすばやく特定できます。

フェイルオーバーによる保護

トリックプレイ機能
高度なビットレート切り替え技術と、フェイルオーバー URLのサポートにより、途切れることのない視聴体験を実現します。これにより、コンテンツに障害がある場合でも、動画の配信を維持します。

ビットレート設定

トリックプレイ機能
ビットレートを指定することで視聴セッションを微調整します。これにより、帯域幅を節約したり、最も高いプロファイルにセッションをロックしたり、個々のデバイスから特定のビットレートを除外することが可能です。

テレビの視聴数は今後も伸びる

成長するオンライン動画視聴の背景にある数字と傾向についてまとめたAdobe Digital Insightsレポートをご覧ください。