ForresterはアドビをDMPのリーダーと評しています。 レポートを読む ›

広告在庫には

信頼性が必要

広告在庫は最大限に活用したいものです。しかし、マーケターが顧客をエンゲージできるという十分な確信を持てなければ、広告在庫の価値を高めることはできません。広告エンゲージメントを測定し、パーソナライズされたコンテンツを配信し、適切なオーディエンスを的確なタイミングでターゲティングするためのパワフルな仕組みが必要です。

まずは顧客像を明確に

アドビがお役に立ちます。

まず必要なのは、オーディエンスの価値を知ることです。サイトやアプリのインタラクションから得られる顧客セグメントに注目し、顧客像を明確にする必要があります。その後、ファーストパーティー、セカンドパーティ、サードパーティのデータを統合して、分析の密度を上げていかなければなりません。


アドビがお役に立ちます。
業界最先端のDMP(データマネジメントプラットフォーム)であるAdobe Audience Managerが、あらゆるデータにアクセスし、サイトやアプリでの顧客行動を把握します。これにより、充実した顧客プロファイルを作り、CPMを強化し、顧客に関する深いインサイトを得ることができます。

オーディエンスへのリーチを拡大

アドビがお役に立ちます。

次に、あらゆるチャネルでオーディエンスにリーチできなければなりません。そのためには、オーディエンスセグメントを把握し活用するための広告配信プラットフォームが必要になります。それによって、最適なメッセージを最適なタイミングで配信できるようになります。

Adobe Target & Adobe Analytics

アドビがお役に立ちます。
Adobe Audience Managerが、顧客プロファイルとオーディエンスセグメントを作成します。さらに、Adobe Media Managerが、それらのプロファイルをサイトのディスプレイや動画、モバイル広告サーバーなどに反映させます。


優れたデータにこそ価値がある

優れたデータにこそ価値がある

デジタルなパブリッシャーにとって、データは最も貴重なアセットのひとつです。これを最大限に活用するには、データを整理して顧客プロファイルに落とし込む必要があります。さらに、そうした価値ある顧客データを安全に取り引きできる環境を構築しなければなりません。

Adobe Experience Manager

アドビがお役に立ちます。
Audience Managerが、データを整理して価値の高いセグメントを構築します。さらに、Audience Marketplaceでパートナーと共有したり、購入希望者に販売することも可能です。こうした取り引きは管理された環境下で行うことができます。パートナーシップ契約やビジネス戦略、グローバルプライバシーに適合させるための配信ルールを容易に設定できます。

エンゲージメントを明確に把握

アドビがお役に立ちます。

最後に、顧客エクスペリエンスに支障を与えないように広告をコンテンツに組み込む必要があります。あらゆるプラットフォームで動画と広告のエンゲージメントを追跡し、コンテンツの効果を把握しなければなりません。

Adobe Target & Adobe Analytics

アドビがお役に立ちます。
Adobe Analyticsが、標準的な指標によって成果を確認します。あらゆるデバイスとプラットフォームにおいて、オーディエンスとコンテンツのエンゲージメントを把握できます。

広告在庫を最大限に活用

アドビがお役に立ちます。

 

オーディエンスを明確に把握すれば、オーディエンスの価値をマーケターに示すことができます。適切なデバイスを通じ、正しいオーディエンスに、ベストなタイミングで広告を提供できることを、顧客に納得してもらうことができます。

 

アドビが選ばれる理由

パブリッシャーは、オーディエンスの数を減らすことなく、広告と動画コンテンツをバランスよく配置する方法を常に模索しています。その一方で、自社コンテンツの収益化も進めなければなりません。Adobe Marketing Cloudは、広告が視聴者数にどう影響しているかを正確に把握し、今後の計画に役立てます。コンテンツの効果を理解し、オーディエンスにとってもマーケターにとっても有益なエクスペリエンスを実現できます。

データ管理プラットフォーム分野で、Forresterはアドビを「リーダー」と評価しています。

マーケティング成果を高めるために