困難な制御を実現する


 

莫大なページ数と関係者を管理する

Adobe Socialでは、効果的で柔軟な権限設定が可能なため、コンテンツの公開権限を管理することなどにより、ソーシャル、マーケティング、コミュニティのチームがどのファンやフォロワーと関わるかを正確に選ぶことができます。例えば、コンテンツを公開できるユーザーなどを指定できます。一方、CMOや経営陣は全体像の把握と、個々のアクティビティの効果が把握できます。


管理とガバナンスの機能

ソーシャルプロファイルの所有権

さまざまな地域や製品などにより、数十、数百ものソーシャルアカウントの管理が必要になっています。ページやページグループを特定のユーザーまたはチームに割り当てることで、すべてのプロファイルを適切に管理できます。

役割と権限

役職、地域、製品、部署にもとづいて担当を割り当て、適切なユーザーだけにアクセス権を与えることで、組織全体のコンプライアンスが確保できます。

多階層の承認ワークフロー

承認が必要なページやコンテンツを指定し、適切に監視します。多階層のワークフローを作成して、必要な権限を持たないユーザーが投稿できないようにすることができます。

モバイルからアクセス

Socialはモバイルに対応しています。モバイル対応インターフェイスで、どこからでも投稿を作成し、監視できます。

データのアーカイブとエクスポート

様々なコンプライアンス要件に合わせて、あらゆるソーシャルコンテンツを記録し管理できます。

コラボレーション

ブランドのガイドラインや業界の規定に従ったコンテンツのコラボレーションワークフローが構築可能です。ソーシャルレポートやインサイトに注釈やコメントを付け、他のAdobe Marketing Cloudユーザーと共有できます。

「Adobe Socialにより、専門性の高いチームメンバーの取り組みを、技術の壁に阻まれることなく活用できるようになりました」
— Thomas Helfrich氏、Bayer社ソーシャルメディア責任者
オンデマンドWebセミナー

マーケティングを成功に導くソーシャルデータの活用

エクスペリエンスを強化するデータ活用

業界を問わず、データは顧客エンゲージメントの強化に役立ちます。
データドリブン型マーケティングのさまざまな業界での成果をご覧ください。