高度な分析レポートでギャップを埋める

2つのソリューションを単一のソースとして活用

Adobe Analyticsを最適化レポーティングの主要なデータソースとして設定することで、アナリストとマーケターの間にあるギャップを簡単に埋めることができます。アクティビティをより迅速かつ簡単に設定し、テストした後にインサイトを精査して、両方のソリューションで一貫した結果を確認できます。

高度な分析レポートの機能

簡単なテスト設定
Adobe AnalyticsをAdobe Target内でデフォルトのレポーティングソースとして使用することで、あらゆる指標やオーディエンスを自動的に利用できます。
柔軟な分析
Adobe Analyticsから成功指標やオーディエンスセグメントを選択し、Adobe Targetのレポートに適用することで、詳細なフィルタリングと分析を提供します。
単一のデータソース
一貫した双方向フィードにより、マーケターとアナリストが同じデータをそれぞれにとって使い慣れた場所と形式で取得できます。
継続的なパーソナライズ
Adobe Analyticsで詳細な分析を実施し、重要なセグメントと成功指標を明確化します。そのうえで、Adobe Targetを使用して新しいオーディエンスと指標にアクセスします。

ユーザー事例

SAPがAdobe Marketing Cloudを使用して、いかにしてコンバージョン率を47%向上させたかをご覧ください。

Condé NastがAdobe Targetを使用して、ターゲティングしたクロスプロモーションによってサブスクリプションをいかに増加させたかをご覧ください。

Adobe Targetですばやくパーソナライズ

ABテスト、自動パーソナライゼーション、多変量テスト、レコメンデーションといったAdobe Target主要機能を、デモを交えて動画でご紹介します。