デジタルマーケティングの課題を解決するには

幅広いデジタルマーケティングの課題それぞれについて、解決法をご紹介します。

世界各地のマーケターによる成功事例。

データドリブン型マーケティング

勘と経験だけに頼るのではなく、実際に起きていることの中に答えを見出すのが、データドリブン型のアプローチです。重要なのはビッグデータより、賢い分析とアクションにあります。正しくデータを扱えば、未来を予測し、理性的な意思決定を行い、施策の精度を高めることができるでしょう。
コンバージョン率を改善したい
顧客の動向を予測して効果を高めたい
多角的なデータを活用して個客に対応したい
既存顧客の特性から傾向をつかみたい
一人ひとりの体験を最適なものにしたい
チャネルや施策の貢献度を把握したい

より価値の高い顧客を獲得したい

優れた顧客エクスペリエンスの提供

顧客主導の時代に企業に求められるのは、あらゆるエクスペリエンス(体験)を顧客にとって最適なものにすることです。モバイルやWebから店舗内や対面まで、エクスペリエンスが顧客の期待したものでなければ、顧客は静かに去っていくでしょう。顧客の望む通りの一貫したエクスペリエンスをあらゆる顧客接点で提供することが、企業のブランド価値とロイヤルティを高めます。
一連の体験をシームレスに保ちたい
コンテンツマーケティングを効率化したい
効率的で安心できる基盤を構築したい
デジタル登録を簡素化したい
EC体験の差別化を図りたい
登録を簡素化、ペーパーレス化したい
ニーズに合わせてタイムリーに提案したい

クロスチャネルマーケティング

チャネルの多様化に伴い、顧客と企業の関係も大きく変化しました。ところが顧客はどのチャネルかを意識することなく、その時々に都合のよい方法で企業と接触しようとします。企業は次々とチャネルを使い分ける顧客との対話から、購買やサービス利用などの目標を達成しなければなりません。クロスチャネルマーケティングは、任意のチャネルを通じたターゲット顧客との効率的なコミュニケーションを通じて、ビジネス成果へと導きます
オーディエンスの行動を促したい
個客に響く提案をしたい
カスタマージャーニーを整えたい
タイムリーな提案をしたい
メールの内容を相手の期待に合わせたい
チャネルをまたいだキャンペーンを展開したい

モバイル

モバイルアプリは企業が顧客一人ひとりと直接やり取りができる重要なチャネルです。従来のマーケティングの定義の枠を大きく広げ、継続的なサービス提供やサポートなど、顧客との長期的なエンゲージメントを図ることができます。優れたモバイルエクスペリエンスを通じて、企業と顧客の在り方そのものを変革する力を秘めています。
アプリをマーケティングに活用したい
アプリのエンゲージメントを高めたい
プレミアム動画配信でマネタイズしたい

広告自動取引/プログラマティック

企業の商品やサービスの認知を図るうえで広告は重要な領域です。一方、アドテクの進化によって広告運用はますます複雑化しています。適切なターゲット顧客に対して的確な広告を配信して成果を高めるには、広告自動取引を通じてプロセスを簡素化し最適化を図る必要があります。
新規開拓を強化したい
広告体験を向上させたい
DMPを構築してオーディエンスの精度を高めたい
幅広いチャネルへリーチを広げたい