Adobe Marketing CloudをSAP HANA®、hybris Commerce Suiteと統合 顧客体験を最適化するインサイト主導型マーケティングを提供

 

※本リリースは、2014年3月25日に弊社米国本社から発表された発表文の抄訳です

【2014年3月26日】


ドイツ、ワルドルフおよび米国ユタ州ソルトレイクシティ、Adobe Summit発(2014年3月25日)Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)とSAP AG(NYSE:SAP、以下 SAP)は本日、企業向けデジタルマーケティングおよびオムニチャネルソリューションのグローバルリセラー契約を締結したことを発表しました。これにより SAPは、Adobe Marketing Cloud をSAP HANA®プラットフォームおよびhybris Commerce Suiteと共に提供する予定です。

このパートナーシップに基づきアドビとSAPの両社は、マーケティング、営業、および開発分野に投資を行います。SAPとアドビのデジタル マーケティング ソリューションを組み合わせることで、リアルタイムな顧客エンゲージメントの実現を図ります。企業は、さまざまなマーケティングチャネルや顧客接点から得 たデータを分析することで、個々の状況に応じた最適な顧客体験を実現し、最終的によりリアルタイムな顧客エンゲージメントへと高めることで、業績向上につ なげることができます。

SAPのプロダクト&イノベーション担当エグゼクティブボード・メンバーであるヴィシャル シッカ(Vishal Sikka)は次のように述べています。「SAP HANAの優れた性能により、業界全体を再構成し、CIOからCMOまで幅広いニーズを持つユーザーの潜在力を最大化することができると考えています。ア ドビと当社は、SAP HANAによる革新を共に推進してきました。今回、Adobe Marketing CloudをSAP HANAのプラットフォームと共に提供することで、さまざまなマーケティングチャネルを横断してデータを分析し、リアルタイムな顧客エンゲージメントを実 現し、新たなビジネスチャンスの発掘を可能にすると考えています。」

アドビのデジタルマーケティング事業部門担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるブラッド レンチャー(Brad Rencher)は次のように述べています。「今日、最も成功しているブランドは、デジタルマーケティングによりビジネスを推進しています。この新たな時 代に、CMOとCIOの担当領域を緊密に連携させることは、戦略的な重要事項です。マーケティングおよびコマーステクノロジーにおいて最強の存在であるア ドビとSAPは、今日のビジネス環境下でマーケティング担当者が利用できるソリューションを実現する画期的な方策として、今回の提携を締結しました。」

本提携により、顧客企業が期待できるメリットは以下のとおりです。
• オムニチャネル • コマース:hybris Commerce SuiteとAdobe Marketing Cloudとの統合により、ブランドエンゲージメントやマーケティングからオムニチャネルの没入型購買体験まで、マーケターは消費者のショッピング体験をパーソナライズできるようになります。

• データドリブンなインサイト:SAP HANAによって実現されるSAP® Customer Engagement IntelligenceソリューションとAdobe Marketing Cloudのマーケティング実行力を組み合わせることで、顧客との取引をペイド、アーンド、およびオウンドのチャネルにわたり、あらゆる角度から明確にす ることができます。

• エンゲージメントを高める顧客体験:SAP HANA、hybris Commerce Suite、およびAdobe Marketing Cloudの統合により、マーケターが顧客との関係を強化し、Web、ソーシャル、コミュニティなどの顧客接点を通じた収益の向上を支援します。

• 迅速、高精度なマーケティング:SAP HANAで高付加価値なビジネスチャンスを発見 • 識別するとともに、Adobe Marketing Cloudでデジタルマーケティング活動を推進して、データに基づくインサイトを、これまでになくすばやく効率的にアクションにつなげます。

詳細についてはSAP Newsroomをご覧ください。

ハイブリスソフトウェアについて
ハイブリスソフトウェア -an SAP Company- は、すべてのタッチポイント、チャネルそしてデバイスを通した商品、サービスおよびデジタルコンテンツの販売拡大を行う世界中の企業を支援しています。ハ イブリスは、「OmniCommerce™」を提供します。企業が顧客、商品および注文を一目で把握できるように、そして顧客がその企業を一見して把握で きるようにする最先端のコマースのためのマスターデータ管理と統合化コマース処理。ハイブリスのオムニチャネル • ソフトウェアは、オープンスタンダードに基づく単一のプラットフォーム上で構築されています。それは無限の革新性を支援する機動性の高いものであり、最総 所有コスト(TCO)を最小化する上で効率的であり、そして企業が必要とする唯一のコマース • プラットフォームとなるべく拡張性と伸張性に優れています。主要業界アナリスト企業2社は、ハイブリスを「リーダー」に選定し、市場における 2位 または 3位のコマース • プラットフォームに掲げています。ハイブリスのソフトウェアは、オンプレミス、オンデマンドそしてマネージド • ホスティングにて利用可能であり、すべての規模の販売企業に最大の柔軟性を提供します。グローバルな B2B 企業の W.W.Grainger、Rexel、GE、トムソン • ロイター、3M のみならず、消費者ブランドのトイザラスUK、Metro、ブリヂストン、リーバイス、ニコン、Galeries Lafayette、Migros、ネスプレッソ、ルフトハンザを含め、500社以上の企業がハイブリスを選んでいます。hybris is the future of commerce™ (ハイブリスはコマースの未来です)詳細については、< www.hybris.com/ja >をご覧ください。

SAPについて
SAPは、エンタープライズ • アプリケーション • ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとして、あらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しています。SAPは、企業が市場での優位性を保持するた め、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス 判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世 界各国253,500社以上の顧客企業に利用されています。SAPの詳細は< www.sap.com >(英語)をご参照ください。

©2014 SAP AG. All rights reserved.
本資料に記載されたSAPおよびその他のSAPの製品とサービス、ならびにそれぞれのロゴはドイツおよびその他の国においてSAP AGの商標または登録商標です。商標に関するその他の情報と注意事項については< http://www.sap.com/corporate-en/legal/copyright/index.epx#trademark >をご覧ください。

 

Adobe Marketing Cloudについて
デジタルマーケターが必要とするすべての機能を包括的に提供するアドビのデジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」には、分析、ソーシャル、広告管理、ターゲティング、Webとアプリケーションのエクスペリエンス管理、クロスチャネルキャンペーン管理と いった包括的なソリューションと、コアサービスおよびモバイル機能が含まれており、キャンペーンに必要不可欠な情報をすべて提供します。これにより、より すばやく、これまでになく効果的に、データから知見を得て、アクションへと繋げることが可能となります。 詳細は以下をご覧ください。
http://www.adobe.com/jp/solutions/digital-marketing.html


アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo and Adobe Marketing Cloud and Adobe Media Manager are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

®2014 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口