他社の追随を許さない、映像制作ワークフローを一挙に加速するメジャーアップデートと新機能

 

※本リリースは、2014年4月2日に弊社米国本社から発表された発表文の抄訳です

【2014年4月2日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2014年4月2日) Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、本日、Adobe Creative Cloudの全ての映像制作アプリケーションを大幅にアップデートする計画を発表し、4月7日から10日まで米ラスベガスで開催される「NAB 2014」で一連のイノベーションの概要を公開することを発表しました。Adobe Premiere Pro CCおよびAdobe After Effects CCの メジャーアップデートを含む、今回のアップデートでは、日常の制作作業をより簡単に短時間で行い、映像制作のプロフェッショナルがビデオやTV番組、映 画、コマーシャルなど魅力的な映像を制作できるように設計された画期的な機能が追加されます。新機能は今後数ヶ月中に順次出荷を開始する予定です。また、 NABの会場では協調制作ワークフロープラットフォームであるAdobe Anywhereの新機能のデモンストレーションも行います。

放送業界および映画業界でAdobe Creative Cloudツールの採用が急速に拡大していることを改めて印象付ける事例として、アドビは、過去、アカデミー編集賞を2度受賞している映画編集技術者カー ク バクスター氏がデヴィッド フィンチャー監督の次回作「Gone Girl」ですべての編集作業をAdobe Premiere Pro CCで行うことも発表しました。

映像制作ツールに追加予定の新機能を公開
NAB 2014において、アドビはプロフェッショナル向け映像制作ツールに近く追加する予定の新機能の一部を公開します。新機能には以下が含まれます。

• 編集作業を加速するPremiere Pro CCの新機能
新機能には、After Effects CCで作成されたテキストアニメーションをPremier Pro CCから直接編集できるLive Textテンプレート、プロジェクトの自動保存ファイルをCreative Cloudのストレージに保存する自動保存機能、対象物に正確なマスキングを行って人物の顔やロゴにぼかしを入れる放送局での編集に不可欠なマスク&ト ラック機能などが含まれます。さらに、Premiere ProやSpeedGradeに追加される新しいマスタークリップエフェクトではオリジナルクリップにエフェクトを適用できるようになります。
• After Effects CCにより強力な機能を追加
高圧縮コーデックで撮影されたクロマキー素材のキー生成を、より効果的に行うキー合成エフェクトが搭載されたほか、Typekit連携がAdobe Premiere Pro CCとともにAfter Effects CCでも可能となり、拡大するフォントライブラリーが利用できます。Creative Cloudの映像制作ツールに追加される予定の新機能の詳細については、こちらまたは日本語のFocus Inブログをご参照ください。

Adobe Anywhereでリアルタイムの協調制作機能を強化
アドビはAdobe Anywhereについても重要なアップデートを発表しました。Adobe Anywhere は標準的なネットワーク環境で、Adobe Premiere Pro CCやAdobe After Effects CCなどのプロフェッショナル向け映像製作ツールのユーザーが一元管理されたメディアやアセットを使用して協働作業を行うことができる協調制作ワークフ ロープラットフォームです。Adobe AnywhereをCreative Cloudと併せて使用することで、放送局や教育機関、政府機関など大規模な組織において、より深いレベルで連携した映像制作作業が可能になります。今回 新たに、プロジェクトのバックアップをリアルタイムで行うホットバックアップ、Prelude CCのラフカットで編集を開始し、Premiere Pro CCでシーケンスの仕上げが行えるラフカット対応、AnywhereとAfter Effects CCのメディア処理を直接統合できるAfter Effects CCメディア処理機能が発表されました。

アドビはこれらの新機能のデモンストレーションを4月7日から10日まで、ラスベガスコンベンションセンターで開催されるNAB 2014で初公開します。アドビのブースはラスベガスコンベンションセンター、サウスホール#SL3910です。アドビのブースでは他に、主要な顧客企業 やパートナー企業での活用事例の紹介をおこなうほか、NABの会場全体で100近くのパートナー企業のブースでアドビのプロフェッショナル向け映像・放送 用ツールの展示が行われます。

【コメント】
アドビ プロダクト開発担当バイスプレジデント
スティーブ ワーナー(Steve Warner)
「今日、放送局や映画製作会社、出版会社、ビデオ制作プロフェッショナルは常に最新のフォーマットやフレームレート、配信手段への対応が求められていま す。他社製品からAdobe Creative Cloudに乗り換えたお客様からは、アドビのアプリケーションやソリューションを使うことで大きなメリットが得られたという声が聞かれます。この1年間 でアドビが通常のリリースで強化した機能や新機能は数百に上っており、今後も引き続き映像制作プロフェッショナルの作業を効率化するために、ワークフロー の水準をさらに引き上げていく所存です」

【導入各社コメント】
NASCAR Productions  Production & New Media Technology ブロードキャストディレクター クリス ウィットメイヤ氏
「NASCARではスピードがすべてです。これまで経験したことのないスピードが求められるコンテンツ配信において、Adobe Creative Cloudは必要なすべてのツールを提供してくれています。Adobe Premiere ProやAfter Effectsなどの頻繁なアップデートと同様に、Adobe PreludeやAdobe Anywhereの将来的な連携や効率面でのメリットによりワークフローを向上させることで、コンテンツそのものに重点的に取り組むことを可能にしま す。」

サタデーナイトライブ コーディネーティングプロデューサー ステイシー フォスター氏
「サタデーナイトライブの編集チームにとって、Final Cut Pro 7からAdobe Premiere Proへの移行は思っていたより簡単でした。Creative Cloudアプリケーションは直感的かつ適応性が高く、すぐに使いこなすことができました。Creative Cloudの導入におけるアドビとの緊密な協業は、素晴らしい結果をもたらすことになりました。」

Late Night with Seth Meyers アソシエイトディレクター ダン ドーム氏
「Adobe Premiere Proを活用して、新しい番組を新しいワークフローで始めることは、最も理にかなったことでした。映像素材をネイティブに扱うことができることと、GPU 高速処理を活用できることのメリットは、導入の決め手だったと言えます。言うまでも無く、これまで愛用してきたすべてのアドビ制作ツールとの高い連携性の 点から見ても、Adobe Premiere Pro CCの選択は正しいものでした。」

Film Riot オーナー ライアン コノリー氏
「After Effects CCはさらにPremiere Pro CCとの連携が強化され、エディターの理想が実現しました。Live Textテンプレートはその象徴で、アプリケーション間の移動やレンダリング処理を削減し、より連携性を高めました。2つのツールではあるが、まるで1つ のツールを使っているかのようです。」

スターゲート スタジオ CEO・創業者 サム ニコルソン氏
「膨大な量のグリーンバック合成を行っているが、キーを生成、グリーンの色かぶりを調整する際に、Adobe After Effects CCの新しいキー合成エフェクトにより正確なディテールを再現できた。これにより、より早く、より詳細に作業ができるようになった。」

関連リンク(Focus in ブログを除き全て英語)
Focus Inブログ
Creative Cloud blog
ウェビナーへの登録(4月10日開催)
Facebook: Creative Cloud
Twitter: Creative Cloud
Adobe Anywhere
Creative Cloud for Video

提供予定
アドビがNABにおいてプレビューを行うプロフェッショナル向け映像・オーディオ製品の一般提供は開始されていません。これらのアップデートは Creative Cloudの他のメジャーアップデートと併せ、今後数カ月のうちに提供を開始する予定です。映像およびオーディオツールのアップデートの詳細については、こちら(英語) もしくはFocus inブログをご覧ください。4月10日(アメリカ現地時間)に開催されるウェビナーはこちらから登録できます。

Adobe Creative Cloudについて
Adobe Creative Cloudは、クリエイティブのプロセスに対する考え方を根底から覆し、あらゆるデバイスやデスクトップ、Webを通じてメンバーがコンテンツの検索や制 作、配信、共有することでクリエイティブな表現力やインスピレーションに変化をもたらし、業界の動向を決定づけています。メンバーシップ制のAdobe Creative Cloudに加入することで、活発に活動する世界中のクリエイティブコミュニティへの参加、アプリケーションやWebサイトを作成、提供するための配信 サービス、クラウド上のファイルストレージ、事実上すべてのデバイスと同期できる機能等を利用でき、新製品やアップデートも開発と同時に利用することがで きます。

将来的観測の開示について
本プレスリリースは、将来の製品計画に関連した事項を始めとするリスクと不確実性を内包した将来的観測を含みます。これらのリスクや不確実性の詳細についてはアドビのSEC提出書類で確認できます。アドビはこれら将来的観測を更新する義務を負うものではありません。


アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo and Adobe Marketing Cloud and Adobe Media Manager are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

®2014 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口