Creative Cloudの2014年初のリリースとなるPhotoshop CCの驚異的な新機能「遠近法ワープ」などを追加

 

※本リリースは、1月16日に弊社米国本社から発表された発表文の抄訳です

【2014年1月16日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2014年1月16日)Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ)は本日、Adobe Photoshop CCに新しく搭載された3Dプリント機能を発表しました。これにより3Dプリント作業が劇的に簡素化され、Photoshop CCは、3Dモデルをプリントしたいすべての人にとって信頼できるツールとなります。Photoshop CCに搭載された3Dプリント機能は、Adobe Creative Cloudのメジャーアップデートの一部として本日から提供が開始されます。これにより、Creative Cloudのメンバーは3Dデザインの開発、改良、プレビュー、作成、プリントを容易かつ確実に行えるようになり、3Dプリント市場の更なる成長への環境 が整うことになります。

また、新しい3Dプリント機能を利用すれば、クリエイターは、使い慣れたPhotoshopツールを使って、初めから3Dでデザインするか、あるい は既存の3Dコンテンツを改良し、美しいプリント可能な3Dモデルに仕上げることができます。メッシュ修復や支持構造生成が自動化されているためモデル作 成が確実に行え、また正確なプレビューを利用することでクリエイターはイメージした通りのデザインを出力することができます。

アドビのクリエイティブメディアソリューションズ製品担当バイスプレジデントであるウィンストン ヘンドリクソン(Winston Hendrickson)は、「Photoshop CCの新しい3Dプリント機能をご利用になれば、どなたでも簡単に3Dモデルをプリントできます。従来は、3Dモデリングツールによって作成されるコンテ ンツと、ハイクオリティな完成品を生み出すために3Dプリンタが必要とするものとの間にギャップがありました。これからは、Photoshop CCで『3Dプリント』をクリックするだけで、クリエイターは3Dデザインを現実の世界に生み出すことができます」と述べています。

形成途上の3Dプリントエコシステムを加速するPhotoshop CC
本日リリースのPhotoshop CCによって、ローカルに接続された3Dプリンタでデザインをプリントできるだけでなく、人気のあるオンラインの3Dプリントサービスを利用してプリント することも可能になります。Photoshop CCは、MakerBot Replicatorなど人気の高いデスクトップ3Dプリンタをサポートしており、また3Dプリントコミュニティ/マーケットプレイスの 「Shapeways」で入手可能なセラミック系や金属系の材料、フルカラーのサンドストーンなど幅広い高品質な材料にも対応しています。さらに、 Photoshopユーザーは、3Dパブリッシングサービス「Sketchfab」に3Dモデルを直接アップロードし、Sketchfabのインタラク ティブな3Dビューワーを使ってBehanceプロファイルに埋め込めるようになりました。

• 世界最大のオンライン3Dプリントマーケットプレイス/コミュニティを運営するShapeways社の最高経営責任者(CEO)で共同創業者のピーター ヴィーマルシャーセン(Peter Weijmarshausen)氏は、「高度なクリエイティブユーザーに向けた3Dコンテンツ提供の促進に、アドビと協力して貢献できることは大変光栄で す。当社では、3Dプリントを、世界中の人々が手軽に低コストで利用できるものにすべく注力しています。アドビと協力することで、当社は Shapewaysの最もクオリティの高い3Dプリント技術によって、デザイナーやクリエイターがアイデアを具現化する作業を簡単にします」と述べていま す。

• MakerBot社CEOのブレ ペティス(Bre Pettis)氏は、「Adobe Photoshopのユーザー数を考慮すれば、非常に多くの人々が3Dモデリング ツールを手に入れたことを意味します。人々がAdobe Photoshopを使ってどのようなものをデザインし、MakerBot Replicator 3Dを使って実際の形にするのか1日も早く目にしたいと願っています」と述べています。

驚くような3D制作がデザイナーの手の届く場所へ
3Dプリントにより、正確なプロトタイプや完成デザインの制作が可能になります。3Dプリントは、建築や宝飾品、映画、アニメーションなど多岐に渡るクリエイティブ分野でも使用されています。

• ポール リアウ(Paul Liaw)(ジュエリーデザイナー製作者):「私のデザイン作業は、Adobe Photoshop CCに新しく搭載された3Dプリントの各種サポートオプションによって格段に円滑化されます。ジュエリーデザインを美しく見せることができ、またプリント 可能な下限値を下回ることなく最小量の材料を使用するプロセスを自動化することができます。従来はこの往復作業に約80%の時間を使っていました」

• ヴェロニカ デラローサ(Veronica De La Rosa)(インダストリアルデザイナー、プロダクト ディベロップメント企業であり、3Dプリントを専門とするFATHOM社):「FATHOM社では、最も革新的な企業のいくつかと協力して次世代製品の制 作を支援しています。Photoshop CCの新しい3Dプリント機能はファイルのトラブルシューティングを減らし、またクライアントの3Dモデルが最終的なプリントの段階まで正確に保持される ことを保証します。これにより我々はクライアントとのコミュニケーションを迅速化することができます。また、私どもにとってとても重要なことは、クライア ントの時間と費用を節約する非常に大きな助けとなることです」と述べています。

アドビ、デザインツールを横断するイノベーションで2014年をスタート
またアドビは本日、Creative Cloudのメジャーリリースの一部として、主力デザインアプリケーションおよびサービスを横断する形でアップデート機能の提供を開始しました。 Photoshop CCの新機能として、オブジェクトを見る視点を変える画期的な機能「遠近法ワープ」、参照ファイルが変更された場合に最終的なデザインを自動更新して、コ ラボレーションを劇的に向上させる「リンクされたスマートオブジェクト」などが追加されました。またさらに、Adobe Illustrator CCとInDesign CCに今回追加された新機能は、Adobe Typekitフォントサービスとのシームレスな連携によって、デザイナーによる字体の使い方を一変させます。Typekitフォントをプリントプロジェ クトやPDFファイル、DPS(Adobe Digital Publishing Suite)アプリなどに統合できるようになるだけでなく、InDesign CCの新機能がTypekit デスクトップ フォントライブラリでオプションを自動検索してくれるため、フォントが見つからないというエラーが軽減されます。本日発表のアップデートに加わった数十を 数える新規および強化された機能やサービスは、デザイナーなどのクリエイティブプロフェッショナルがより直感的かつ効率的に作業を行うために役立ちます。

Photoshop CCについての詳細は、< http://www.adobe.com/photoshop >と< http://tv.adobe.com/go/21862 >をご参照ください。Adobe Creative Cloudの本日発表のリリースについての詳細は、< http://blogs.adobe.com/creativelayer/?p=4791 >をご参照ください。

Creative Cloudについて
Creative Cloudはクリエイティブ プロセス全体を再構築した結果であり、メンバーが機器、デスクトップ、およびWebであるかを問わず、自らの作品を探索、制作、パブリッシュ、および共有 することのできる、クリエイティブな表現とインスピレーションに大きな変革をもたらし、業界を新たに定義し直すサービスです。このほか、Adobe Creative Cloudへの加入により活発に活動する世界のクリエイティブコミュニティへの参加、アプリケーションやWebサイトを作成、提供するための配信サービ ス、およびファイルストレージと事実上すべてのデバイスとを同期できる機能も利用できます。さらに、新製品やアップデートを開発と同時に利用することがで きます。


アドビ システムズ社について
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo and Adobe Marketing Cloud and Adobe Media Manager are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

©2014 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口