大規模なWebサイトを管理・運営するためのワークフローを構築し、カスタマー エクスペリエンスの向上を通じてブランド価値のさらなる強化を目指す


【2014年4月10日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:クレイグ ティーゲル以下 アドビ)は、新日鉄住金ソリューションズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:謝敷 宗敬、以下 新日鉄住金ソリューションズ)と協業し、本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:伊東 孝紳、以下 本田技研工業)のWebサイトにアドビのデジタルマーケティングソリューションAdobe Marketing Cloudのエクスペリエンス管理ソリューションAdobe Experience Managerが導入されたことを発表しました。

本田技研工業は現在、日本およびグローバルの一般消費者向けWebサイト上の数十万ページにわたるWebページを管理しています。多数の編集者と制 作者がかかわる大規模なWebサイトを運営する上で、コンテンツの作成から確認、承認、更新にわたるワークフロー、プロセスをスムーズに管理する環境の構 築が課題となっていました。

今回のAdobe Experience Managerの導入は、Webサイト運営におけるワークフローとプロセスの構築、コンテンツ表現の統一および、ワンソースマルチユース(一つのデータを 複数の目的やメディアで利用すること)、重要情報の適切な取扱いを徹底するためのセキュリティ対策として実施されたものです。システムの選定にあたって は、既存のWeb管理業務を変更することなく、バージョン管理とワークフローを構築しながら、新しいテンプレートへの移行を進めることができるという Adobe Experience Managerの特長が高く評価されました。システム導入は新日鉄住金ソリューションズが担い、お客様の現状業務フローにマッチしたワークフローを実現し ました。
今回デジタルコンテンツ活用における効率化を図ることで、Webサイト運営にまつわるROIの向上も見込んでいます。

Adobe Marketing Cloudについて
アドビは、デジタル イメージングやデジタル ドキュメントなどを含め、これまでもビジネスの各分野に変革をもたらしてきました。アドビのデジタルマーケティングソリューション「Adobe Marketing Cloud」には、分析、ソーシャル、広告管理、ターゲティング、エクスペリエンス管理、クロスチャネルキャンペーン管理といった包括的なソリューション と、リアルタイムのダッシュボード機能が含まれており、デジタルマーケティングを活用しビジネスを促進する際に欠かせない機能を提供します。これにより、 よりすばやく、これまでになく効果的に、データから知見を得て、アクションへと繋げることが可能となります。
詳細は以下をご覧ください。
http://www.adobe.com/jp/solutions/digital-marketing.html

新日鉄住金ソリューションズ株式会社について
新日鉄住金ソリューションズは国内有数のAdobe Experience Manager導入実績を持ち、エンタープライズ向けに要求される高い運用レベルにも豊富な開発ノウハウで細やかに対応し、お客様のプロジェクトを成功に 導きます。また、個別顧客のWeb体験を最適化するために必要な分析業務に対しても、ビッグデータ基盤の構築から顧客属性・行動分析などのビッグデータ分 析サービスまでトータルなソリューションラインナップでお客様のビジネスの成長をご支援します。
URL: http://www.ns-sol.co.jp/index.html

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo and Adobe Marketing Cloud and Adobe Media Manager are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

©2014 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口