主要アプリテクノロジープロバイダーとの提携によりモバイルアプリの開発および管理向けエンドツーエンドワークフローを提供


※当資料は、2015年3月10日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

【2015年3月11日】

米国ユタ州ソルトレイクシティ発(2015年3月10日)Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ)は本日、アドビが米国で開催している年次デジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Summit 2015」において、統合型モバイルアプリフレームワークを含むAdobe Mobile Services向けの大幅な機能拡張を発表しました。Mobile Servicesは、アプリの開発、ユーザー獲得、分析、エンゲージメント強化に至るまでのモバイルアプリのライフサイクル全体を大幅に簡素化する、Adobe Marketing Cloudのコアサービスです。Mobile Servicesは、業界初かつ最も包括的なソリューションで、マーケターが分断された個々のソリューションに頼らなければならない現状を排除し、アプリ開発と管理向けの統合的なアプローチを提供します。Adobe Mobile Servicesを補完するため、アドビはモバイルアプリのフレームワークに6社の最先端アプリテクノロジープロバイダーとそのツールを統合し、顧客がアプリの機能拡張のためにパートナーエコシステムを活用できるようにしました。

アドビのモバイルストラテジー担当バイスプレジデントであるマット アセイ(Matt Asay)は、「Adobe Digital Indexのデータが示す通り、モバイルデバイスの利用者数は増加の一途をたどっています。しかし、モバイルアプリにおける優れたエクスペリエンスの提供は多くのマーケターにとっていまだに困難であり、マーケターは特定のニーズに満たすために多様なモバイルツールを組み合わせることに苦戦しています。Adobe Mobile Servicesは、このプロセスを大幅に簡素化し、マーケターによるアプリ開発と最適化を容易にします」と述べています。

Adobe Marketing Cloudに最先端のアプリテクノロジーを提供するAdobe Mobile Servicesのモバイルアプリフレームワークは以下の通りです。

アプリ開発Adobe Experience Manager AppsとPhoneGap Enterpriseにより、企業はHTML、CSS、JavascriptといったWebテクノロジーを使用し、さまざまなモバイルプラットフォームで動作するアプリの作成が可能となります。モバイルアプリは、Adobe Experience Managerにネイティブ統合することで、複数のアプリストア、細分化されたオペレーティングシステム、デバイスのサイズについて懸念することなく、あらゆるアプリでの一貫したコンテンツ管理を実現することができます。また、Adobe Experience Manager Appsにより、アプリ配信後でも、開発者のリソースに負担をかけることなく、マーケティングと事業担当部署がアプリのコンテンツと機能の両方をアップデートし、デバイスに配信できるようになります。Lonic社のHTML5ソリューションとの統合により、開発者はデザイン性に優れたアプリを容易に設計することができます。

ユーザー獲得:Fiksuとの提携とAdobe Analyticsとの連携により、モバイルアプリの新規ユーザー獲得を支援します。アプリのプラットフォームは、広告、検索、インストールなどを通じて、ブランド認知の促進と計測を可能にします。また、Adobe TargetのA/Bテスト対応により、デバイスの種別やオペレーティングシステムなどのモバイル特有の基準に基づいてオーディエンスをより詳しく識別することで、マーケターによるコンテンツの最適化および効率的なターゲティングをサポートします。Kochava社のソリューションとの統合により、企業はあらゆる広告のコンバージョンおよびモバイル広告全体の効果を把握することができます。

アプリ解析Adobe Analyticsとモバイルアプリとの連携によって、マーケターはアプリの起動頻度、アプリ内のユーザーの行動、ダウンロードに貢献したリンクなどのモバイルアプリの使用に関する豊富なインサイトを得られます。AdobeのモバイルSDKを基に構築されたアプリは、標準機能を利用してユーザー体験を臨機応変に変化させることができ、アプリ内メッセージを送ることも可能です。Crittercismのアプリパフォーマンス管理ソリューションを統合することで、企業は基本的なクラッシュレポート以外の詳細なエラーやユーザーとのやりとりも把握できるようになります。さらに、appFigureのアプリストア分析プラットフォームとの統合により、企業は売上やダウンロード数、アプリのランキングなどの重要なデータを自動的に取得、可視化することも可能です。

ユーザーエンゲージメント:Adobe AnalyticsでGPSやiBeaconをネイティブサポートすることで、モバイルユーザーはブランドと接触した瞬間に的確に関連するコンテンツを受け取れるようになります。Vibesとの提携により、アプリのユーザーとのエンゲージメントを強化し、コンテキストに合ったエクスペリエンスとプロモーションを届けるための、包括的ツール群を提供します。モバイルユーザーとのエンゲージメントを強化するためにデジタルパスを使用し、印刷したクーポンやオファー、搭乗券に置き換えるマーケターが増加しています。Vibesのモバイルウォレット機能とAdobe Campaignの統合によりAppleのPassbookやGoogle Walletでパーソナライズ化された「パス」を提供する機能を提供します。

Adobe Marketing Cloudについて
Adobe Marketing Cloudは、様々なデバイスとデジタルタッチポイントを通じてマーケティングコンテンツの高度なパーソナライゼーションを実現することでビッグデータを駆使し、顧客と見込み客への効果的なリーチとエンゲージメントを支援します。緊密に統合された8つのソリューションにより、分析、Web/アプリのエクスペリエンス管理、テスト/ターゲティング、広告、動画、オーディエンス管理、ソーシャルエンゲージメント、キャンペーン編成に重点を置いた、包括的なマーケティングテクノロジーをマーケターに提供します。また、Adobe Creative Cloudとの連携機能により、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、クリエイティブアセットを容易に活用できます。Adobe Marketing Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されており、そのトランザクション処理件数は年間30兆4,000億件以上に上ります。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe and the Adobe logo and Adobe Marketing Cloud, Adobe Experience Manager, PhoneGap, Adobe Analytics, Adobe Target and Adobe Campaign are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.

©2015 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口