Adobe Marketing Cloudの新しいアルゴリズムエンジンとAudience Core Servicesにより、プログラマティック広告バイイングとコンテンツ配信を変革


※当資料は、2015年3月10日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

【2015年3月11日】

米国ユタ州ソルトレイクシティ発(2015年3月10日)Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ)は本日、アドビが米国で開催している年次デジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Summit 2015」において、データドリブン型マーケティングと広告技術を融合する、新しいアルゴリズムエンジンとAudience Core Servicesの新機能を発表しました。プログラマティック広告バイイングは、ディスプレイ広告への入札に重点が置かれすぎており、また複数のデータベンダーがそれぞれ異なる購入や課金の方法を提供しているため、今日の広告主にとって今なお課題となっています。アドビは、プログラマティック広告バイイングをネイティブ統合することで、マーケターにマーケットプレースを提供し、チャネル全体における一貫した顧客体験とROIの向上をもたらします。新しいAudience Core Servicesは、企業がCRMシステム、Webサイト、アプリなどのさまざまなソースから得られる幅広いオーディエンスデータと行動データを結びつけることを可能にします。またマーケターは、新しいアルゴリズムによって、Adobe Media Managerを活用して行う広告投資を通じて、こうしたオーディエンスにリーチできるようになります。

アドビのデジタルマーケティング事業部門担当バイスプレジデントのジョン メラー(John Mellor)は、「これまでのプログラマティックに要する労力が解消され、ディスプレイ広告の入札にのみ注力できるようになると確信しています。ターゲティングおよびデータのワンストップショップを展開し、オーディエンスセグメントをその他のAdobe Marketing Cloudソリューションでも共有することで、チャネル全体でデータを活用し、マーケターがどのチャネルで顧客と関わろうとも、同一のメッセージを提供できるようになります」と述べています。

Audience Core ServicesとAudience Marketplace
Audience Core Servicesによってマーケターは、Webサイト、アプリ、IoTデバイスのエンゲージメントを介して収集したCRMデータおよび行動データを集約し、特定の属性に基づく独自の行動特性に応じた、これまでにない広範な顧客プロファイルを入手することが可能になります。企業はこの機能を利用し、よりパーソナライズされた電子メールキャンペーン、Webやアプリコンテンツ、ソーシャルメディアエンゲージメントなどを提供できます。また、Audience Core Servicesは、Salesforce、Oracle、SAPといったレガシーCRMデータを統合することにより、業界で最もきめ細やかなオーディエンスセグメントを提供します。

新しいAudience Marketplaceにより、広告主と発行元が匿名のサードパーティ(第三者)データの評価、購入することで、オーディエンスセグメントを拡張し、それらをデータ管理プラットフォームであるAdobe Audience Managerに取り込むことが可能となります。例えば、オーディエンスデータは、特定のセグメントの旅行者をターゲットするために広告やその他のコンテンツとともにホテルと旅行会社間で共有されています。また、Adobe Marketing Cloudの顧客は、匿名のファーストパーティ(当事者)データの売買と共有が可能になるため、企業が価値の高いオーディエンスを見極め、データ共有のためのパートナーを特定し、クロスチャネル顧客エンゲージメントを改善することができます。

アルゴリズムエンジン
広告主や代理店は、クリックひとつでAdobe Marketing Cloud のAudience Core Services内にあるオーディエンスセグメントを活用し、Adobe Media Manager内のセルフサービス型の新UIを使用し、規模に応じたディスプレイ広告、サーチ広告、ソーシャル広告を購入できるようになります。新しいアルゴリズムエンジンによるこのプログラマティック手法は、システムから非効率性を取り除き、秒間100万クエリ(QPS)以上の主要なアドエクスチェンジにおいて、企業や代理店がリアルタイム入札プロセスを管理できるようにします。広告のオーディエンスは、Adobe Marketing Cloudの他のソリューションと共有することも可能です。この双方向共有により、マーケターは見込みおよび既存顧客に対し、より一貫性のある最適な体験を提供することができます。

顧客からのコメント
VivaKiのCEOであるステファン ベリンガー(Stephan Beringer)氏は、「統一のターゲットオーディエンスセグメントとパフォーマンスアルゴリズムに基づいた広告売買、動的なクリエイティブやサイト側での最適化の統合は、Publicis Groupeの『Always On』ソリューションをサポートする業界唯一のソリューションです。Adobe Marketing Cloudは、Adobe Analytics、Adobe Audience Managerおよびその他の代理店が有するデータといったファーストパーティ、セカンドパーティ、サードパーティソースと連携し、当社のすべての顧客のオーディエンスリーチを最大化させることを可能にします」と述べています。

Sears Canadaのオンラインユーザーエクスペリエンスおよびストラテジックイニシアティブ担当ディレクターであるNurullo Makhmudov氏は、「Adobe Analyticsのエンゲージメント指標を活用し、キャンペーンを最適化することで、より良い成果を上げてきました。ディスプレイ、サーチ、ソーシャルなど複数のチャネルで当社が得ているインサイトは、パフォーマンスと予算の最適化において極めて重要です」と述べています。

Adobe Marketing Cloudについて
Adobe Marketing Cloudは、様々なデバイスとデジタルタッチポイントを通じてマーケティングコンテンツの高度なパーソナライゼーションを実現することでビッグデータを駆使し、顧客と見込み客への効果的なリーチとエンゲージメントを支援します。緊密に統合された8つのソリューションにより、分析、Web/アプリのエクスペリエンス管理、テスト/ターゲティング、広告、動画、オーディエンス管理、ソーシャルエンゲージメント、キャンペーン編成に重点を置いた、包括的なマーケティングテクノロジーをマーケターに提供します。また、Adobe Creative Cloudとの連携機能により、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、クリエイティブアセットを容易に活用できます。Adobe Marketing Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されており、そのトランザクション処理件数は年間30兆4,000億件以上に上ります。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe and the Adobe logo and Adobe Marketing Cloud, Adobe Audience Manager and Adobe Analytics are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and other countries.

© 2015 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口