新機能を施したLightroom CCとPhotoshop CCの組み合わせで、誰でもデスクトップとモバイルの両方の環境で美しい写真を仕上げることが可能に


※当資料は、2015年4月21日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

【2015年4月22日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2015年4月21日)Adobe(Nasdaq: ADBE、本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、Adobe Creative Cloudフォトグラフィプランのメジャーアップグレードとして、数々の新機能と性能向上を施したAdobe Photoshop Lightroom CCを提供開始します。写真を美しく編集、加工、整理、公開するための新しいツールが追加され、処理速度を大幅に向上しています。Lightroom CCとAdobe Photoshop CCがセットとなったCreative Cloudフォトグラフィプランを使えば、1枚の写真を最高の作品に仕上げることができます。Creative Cloudフォトグラフィプランならではの優れたモバイルアプリも提供されています。Lightroom mobileでは、デスクトップPC上の Lightroom CCと写真が自動的に同期されるため、iPad、iPhone、およびAndroidベースのスマートフォンやタブレット上で、すべての写真にアクセスし加工することができます。Creative Cloudフォトグラフィプランはサブスクリプションライセンス(月額980円、非課税)で提供され、世界中のプロの写真家が認めるツールをアマチュアからプロまで、写真を愛するすべての人に提供します。

アドビのデジタルイメージングプロダクトバイスプレジデントであるウィンストン ヘンドリクソン(Winston Hendrickson)は、「あらゆる写真家は、最高の一枚を撮影し、それを素晴らしい作品に仕上げたいという情熱を持っています。デジタル一眼レフ(DSLR)を使用する方にも、スマートフォンを使用する方にも、Creative Cloudフォトグラフィプランは、Lightroomの写真編集機能とPhotoshopマジックにより、モバイル、Web、デスクトップ上で写真を整理し、素晴らしい作品に加工して、公開するために必要なすべてのものを提供します」と述べています。

PhotoshopとLightroomは、常にデジタル写真の進化の基盤であり続けています。現在、Creative Cloudフォトグラフィプランによって、デジタル画像のワークフローは、従来のデスクトップベースのプロセスから、モバイル環境を含めた形で密接に連携したものへと推移しています。Lightroom CCに施された大幅な機能強化によって、強力な編集機能とモバイル機器を含む複数のデバイスにおける写真管理機能を提供するようになったCreative Cloudフォトグラフィプランは、写真を扱う方にとって必要不可欠なソリューションとなりました。これは、業界をリードし続けてきたアドビのイメージング技術があって初めて実現されるものです。

新しいLightroom CCにより、デスクトップ、モバイルおよびWebでの作業がシームレスに
写真愛好家およびプロの写真家にとっての標準であるLightroom CCは、写真を加工し整理する上で不可欠なツールです。Lightroom CCでは、以下の機能が新しく追加されます。

  • HDRマージ:異なる露出設定で撮影された複数の写真を簡単に組み合わせて一枚のハイダイナミックレンジ(HDR)のRAW画像に変換することで、コントラストの差が激しいシーンで、自然な見た目の写真を生成します。または、超現実的な写真を作成することも可能です。
  • パノラママージ:複数の写真を結合して、超広視野角で細部まで再現された、驚くほど自然なパノラマ写真のRAW画像を作成します。
  • パフォーマンス改善とGPU対応:写真の仕上げがこれまでより最高10倍速くなります。
  • 顔認識:家族や友人の写真を素早く検出し分類します。
  • ビデオスライドショー静止画、ビデオおよび音楽と、パンやズームなどの本格的なエフェクトを使用して、美しく洗練されたスライドショーを作成します。

モバイル対応の強化でどこでも最高の写真を加工・共有
写真を愛する人なら誰にとっても、モバイルデバイスを使って写真を整理、加工、公開できることは非常に重要な機能です。Lightroom mobileは、デスクトップ版のLightroom CCと自動的に同期されるので、ユーザーは、あらゆるiOSおよびAndroidデバイスですべての写真にアクセスし加工することができます。最新バージョンでは、対応するLollipop搭載デバイスでのDNG RAWファイルサポートが追加され、RAWファイルへのポストプロセシングのすべての機能がAndroidのスマートフォンおよびタブレットで使用できるようになるなど、Android向けの大幅な機能拡張が施されています。

Photoshop CCを使って一段上のレベルに
Creative Cloudフォトグラフィプランには、Lightroom CCに加えデジタル世代におけるクリエイティビティを再定義し続けてきた画像編集ソフトウェアであるPhotoshop CCも含まれています。今年、生誕25周年を迎えたPhotoshopの伝説的なマジックは、人々の日常を取り巻くあらゆる感動的な画像で使われています。現在では、Creative Cloudフォトグラフィプランによって、LightroomとPhotoshop CCをまたがったワークフローで写真を自在に編集、加工できます。あるいはモバイルアプリであるAdobe Photoshop Mixを使ってiPhoneやiPadで写真の切り抜きや合成を行ってAdobe Creative Cloudに接続すれば、Photoshop CCを使用してその画像をさらに仕上げていくことができます。

斬新な方法で魅力的なストーリーを公開
Lightroom CCではFacebook、Flickr、Instagramなどのソーシャルネットワークで写真を簡単に共有できますが、今回追加された新機能により、静止画、ビデオおよび音楽と、パンやズームなどの本格的なエフェクトを駆使して、美しく洗練されたビデオスライドショーを作成することができます。また、Creative Cloudフォトグラフィプランで会心の出来の写真を作成したら、アドビの画期的なストーリー作成アプリであるSlateまたはVoiceを使って、写真を中心に文字と組み合わせた素晴らしいストーリーを作成することができます。

最新のLightroom CCがCreative Cloudの全メンバーに提供開始
Creative Cloudは全世界で約400万人の有料ユーザーを有しています。Creative Cloudフォトグラフィプランだけでなく、すべてのプランのユーザーは本日から最新のLightroom CCをお使いになれます。追加料金なく最新バージョンのツールが使えることは、Creative Cloudの大きなメリットのひとつです。Creative Cloudが提供するのは、クリエイティブ業界をリードするデスクトップアプリケーションであります。また、デスクトップ製品およびクリエイティブ関連のファイル群とシームレスに統合されたモバイルアプリを次々と投入してもいます。専門家によるトレーニング、そして活気にあふれたクリエイティブコミュニティへのアクセスのすべてを提供します。そのクリエイティブコミュニティでクリエイターはインスピレーションを得ることもできますし、ビジネスチャンスを見つけることもできます。Lightroom CCは30日間有効の無償体験版も提供されます。

初めての方でも簡単な操作
Creative Cloudフォトグラフィプランは、初心者でもプロでも、またPhotoshop、Lightroom、Adobe Photoshop ElementsまたはApertureといったソフトウェアを使った経験がなくとも、簡単に使い始めることができます。初めての方にも分かりやすいチュートリアルライブラリを提供開始しています。

価格および提供時期 Adobe Creative Cloudフォトグラフィプラン(月額980円)には、デスクトップ、Web、モバイル間で使用できるAdobe Photoshop Lightroom CCと、Adobe Photoshop CC、Adobe Photoshop Mix(iPhoneおよびiPad用)が含まれます。すべての製品は、Adobe Creative Cloudのその他のプランでも使用できます。Adobe Creative Cloudのプランおよび価格については、 https://www.adobe.com/jp/creativecloud.htmlをご覧ください。Adobe Photoshop Lightroom CC製品に関する機能の詳細、アップグレードポリシー、価格および言語バージョンの詳細については、www.adobe.com/go/lightroomをご覧ください。

 

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Creative Cloud, Lightroom and Photoshop are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.

© 2015 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口