イノベーションパートナーとしてAdobe Primetimeを活用したテレビ番組等の動画コンテンツ配信・収益化サービスを展開



【2015年6月30日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は、株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役社長:石松 俊雄、以下Jストリーム)とマルチデバイス動画配信プラットフォームであるAdobe Primetimeの日本での販売拡大に向けて、イノベーションパートナーとして連携し、Adobe Primetimeのテクノロジーを活用したサービスの開発と販売を強化していくことを発表しました。

アドビが提供するAdobe Primetimeは、テレビ放送局、ケーブルネットワーク、サービス事業者向けに提供するマルチデバイス動画配信プラットフォームです。著作権管理されたテレビ番組や映画などの動画コンテンツをあらゆるデバイスに配信して、有料視聴や広告の挿入などによる収益化につなげることができます。すでに米国のNBCやComcast、フランスのM6などの大手放送局やケーブルテレビ会社がAdobe Primetimeを導入して、あらゆるデバイスへのモバイル配信を行っています。

アドビは、Adobe Primetimeを日本市場で展開していくにあたって、独自の配信ネットワークを活用した動画配信と、営業提案力・顧客サポートで定評の高いJストリームと連携し、Jストリームの配信インフラやサポート体制とAdobe Primetimeのテクノロジーを組み合わせて、動画コンテンツの収益化を実現する新サービスを開発し、日本のテレビ放送局やコンテンツプロバイダーにサービス展開していく予定です。

アドビの代表取締役社長の佐分利 ユージンは、「日本における動画配信の先駆者であり、業界をリードされてきたJストリーム様と協業し、Adobe Primetimeの拡販に取り組めることを嬉しく思います。Jストリーム様の独自のネットワークと積年のノウハウと、アドビの最新技術を融合させることで、お客様の動画配信における課題を解決し、収益化を支援します」と述べています。

株式会社Jストリームの代表取締役社長の石松俊雄は、「Jストリームとアドビは、これまでも十数年にわたり日本の動画配信の発展のために協力し信頼関係を築いてまいりました。今回、Adobe Primetimeのイノベーションパートナーとして連携を強化し、動画コンテンツの収益化を検討されている当社のお客様に対して、世界的に評価の高いAdobe Primetimeテクノロジーを活用したサービスを提供できることを大変嬉しく思います。今後のサービス開発に是非ご期待ください」と述べています。

Adobe Primetimeは、Adobe Marketing Cloudを構成する8ソリューションの1つであり、Adobe AnalyticsやAdobe Audience Managerなどとの連携により、視聴者がどのコンテンツをどのように視聴しているのかを把握し、独自の視聴者データを管理することで広告在庫の価値を高めることができます。
株式会社Jストリームについて
Jストリームは1997年の設立以来、動画配信を主軸として事業展開を続けております。独自の配信ネットワークを活用した動画配信のみならず、これまで積み上げてきたノウハウを活かした動画の企画・制作・運用から、Webサイト制作、システム開発まで、総合的なサービスとソリューションを提供し、企業のマーケティングやコンテンツビジネスなどを支援しています。

Adobe Primetimeについて
Adobe Primetimeは、Adobe Marketing Cloudを構成する8ソリューションの1つであり、Adobe AnalyticsやAdobe Audience Managerなどとの連携により、視聴者がどのコンテンツをどのように視聴しているのかを把握し、独自の視聴者データを管理することで広告在庫の価値を高めることができます。 https://www.adobe.com/jp/marketing-cloud/primetime-tv-platform.html
(上記サイトの下部からNBC、Comcast、M6の事例ビデオがご覧いただけます)

Adobe Marketing Cloudについて
Adobe Marketing Cloudは、様々なデバイスとデジタルタッチポイントを通じてマーケティングコンテンツの高度なパーソナライゼーションを実現することでビッグデータを駆使し、顧客と見込み客への効果的なリーチとエンゲージメントを支援します。緊密に統合された8つのソリューションにより、分析、Web/アプリのエクスペリエンス管理、テスト/ターゲティング、広告、動画、オーディエンス管理、ソーシャルエンゲージメント、キャンペーン編成に重点を置いた、包括的なマーケティングテクノロジーをマーケターに提供します。また、Adobe Creative Cloudとの連携機能により、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、クリエイティブアセットを容易に活用できます。Adobe Marketing Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されており、そのトランザクション処理件数は年間30兆5,000億件以上に上ります。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Adobe Analytics, Adobe Audience Manager, Adobe Primetime, Adobe Marketing Cloud and Creative Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.

© 2015 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口