クラウドプラットフォームのストラテジーとアーキテクチャを主導する、経験豊富なテクノロジスト



【2015年7月27日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2015年7月20日)Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、CTO(最高技術責任者)兼プラットフォームテクノロジー&サービス部門担当シニアバイスプレジデントに、アベイ パラスニス(Abhay Parasnis)を任命しました。パラスニスは、アドビのクラウドサービスのテクノロジー戦略、アーキテクチャ、イノベーションロードマップを推進する役割を担い、特に3つのクラウドサービスを統合してカスタマーエクスペリエンスを一元化し、Go-To-Market 戦略を実現することに重点を置きます。

アドビの主要な事業は、フラッグシップ製品であるAdobe Creative CloudやAdobe Marketing Cloud、最新製品のAdobe Document Cloudといった、クラウドベースおよびサービスベースのビジネスモデルに移行しています。クラウドへの移行は、アーキテクチャの統合拡張を推進する、アドビの主要なイニシアティブとなっています。

アドビの社長兼CEOであるシャンタヌ ナラヤン(Shantanu Narayen)は、「パラスニスは、技術者としての資質と豊富な業務経験を持ち合わせており、我が社の新CTOに最適な人材です。アドビのクラウドプラットフォームは、今後の革新と成長の基盤となります。パラスニスは、この取り組みを担うにふさわしい人物なです」と述べています。

パラスニスのソフトウェア業界での経歴は、20年近くに及びます。前職では、最大手モバイルベンチャー企業であるコニーの社長兼COO(最高執行責任者)を務めていました。コニー入社以前は、マイクロソフト、i2、オラクル、IBMなどに在籍し、様々なテクノロジー、プラットフォーム、クラウド関連の業務に携わりました。

パラスニスは、「アドビは、クラウドベースのビジネスへの移行を成功裏に行うことで、基準を打ち立て、顧客にイノベーションをもたらしてきました。アドビのクラウドへの取り組みは、コンテンツの作成・測定・消費の方法を根本から再構築するという、ソフトウェア業界では他に例のない大きな挑戦です。私は、この取り組みに全力を尽くし、素晴らしい結果が生まれることを期待しています」と述べています。 パラスニスは、プネ工科大学電子通信学部を卒業後、企業・消費者向けインターネットテクノロジーの分野で20以上の特許を取得しています。彼のプロフィールについては、Q&Aブログ(英語)をご覧ください。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Adobe Marketing Cloud and Creative Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

© 2015 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口