日本企業に求められるデジタル変革を紹介


【2015年9月15日】
アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は本日、1,800名の参加者を迎え、日本最大級のデジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Digital Marketing Symposium 2015」を開催しました。アドビは、このカンファレンスで日本企業に求められるデジタル変革 (Digital Transformation) について、国内外の最新事例やAdobe Marketing Cloudを使った最先端のソリューションを紹介しました。

基調講演には、アドビ システムズ デジタルマーケティング事業部門 ストラテジー、ビジネス デベロップメント&マーケティング担当 バイス プレジデント ジョン メラー(John Mellor)、アドビ システムズ 株式会社 代表取締役社長 佐分利 ユージンが登壇しました。また、デジタル変革を実践しているソニーマーケティング株式会社 代表取締役 執行役員社長 河野 弘 氏と全日本空輸株式会社 マーケティング室 マーケットコミュニケーション部デジタルマーケティングチーム リーダー 冨満 康之 氏、スポーツの枠を超えて自らを変革し続ける元プロ陸上選手の為末 大氏が登壇しました。

午後の部では 6つのテーマに分かれて25以上のセッションが開催されました。ケーススタディのセッションには、ニュー スキン ジャパン株式会社、日産自動車株式会社、ソネット株式会社、株式会社DeNAライフサイエンス、株式会社ニコンイメージングジャパン、株式会社リクルートジョブズ、花王株式会社 (順不同) などが登壇しました。

また展示コーナーでは、デジタル変革を実現するために必要な投資効果を算出する手法「Adobe Customer Value Program」を活用したデジタルマーケティングへの投資を成功に導く投資効果の算出手法を、実際にお客様が直面した事例を交えて紹介しました。

アドビ システムズ 株式会社 代表取締役社長の佐分利 ユージンは、基調講演において「様々なデバイスがネットワークでつながるIoT時代が到来し、顧客体験重視の動きは東京オリンピック・パラリンピックに向けてさらに活性化するでしょう。競技をオンラインで視聴する人々に向けた動画配信や広告投資の拡大が期待され、マルチスクリーンの導入も増えています。このような状況の中、日本企業にとってマーケティングは決定的な差別化の要素になりつつあります」と述べました。

Adobe Marketing Cloudについて
Adobe Marketing Cloudは、様々なデバイスとデジタルタッチポイントを通じてマーケティングコンテンツの高度なパーソナライゼーションを実現することでビッグデータを駆使し、顧客と見込み客への効果的なリーチとエンゲージメントを支援します。緊密に統合された8つのソリューションにより、分析、Web/アプリのエクスペリエンス管理、テスト/ターゲティング、広告、動画、オーディエンス管理、ソーシャルエンゲージメント、キャンペーン編成に重点を置いた、包括的なマーケティングテクノロジーをマーケターに提供します。また、Adobe Creative Cloudとの連携機能により、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、クリエイティブアセットを容易に活用できます。Adobe Marketing Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されています。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

© 2015 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe, the Adobe logo and Adobe Marketing Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口