【2015 年11月10日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は、日本国内および海外用モバイルWi-Fiルーターレンタルサービス事業を担う株式会社ビジョン(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐野健一、以下 ビジョン)が、Adobe Marketing Cloudのクロスチャネルキャンペーン管理ソリューションAdobe Campaignを導入したことを発表しました。

世界200以上の国と地域で、低価格で高品質な海外向けWi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi®」を提供するビジョンは、現在、予約サイトの運用を行ううえで、お客様との関係を深めるための最適化を進めています。

また、スマートフォンやソーシャルメディアの普及により、お客様とのタッチポイントが多様化してきたことに伴い、例えば、メールやスマートフォンのメッセ-ジングアプリによるプッシュ通知といった様々なチャネルへの取り組みを拡大することで、一人ひとりのお客様に合った最適なコミュニケーションをしていきたいと考えていました。

そのような理由から、クロスチャネルに対応し、お客様に適切なコンテンツを提供することで、カスタマーエクスペリエンス向上を図ることができるAdobe Campaignを導入することになりました。

株式会社ビジョンの代表取締役 佐野健一氏は、以下のように述べています。
「ビジョンのサービスをご利用いただくすべての方々にご満足いただけるよう、お客様の声に耳を傾け、心に響くサービスをご提供していくために、Adobe Campaignを導入し、お客様と最適なコミュニケーションを図ってまいります。今後とも、多くのお客様に『グローバルWiFi®』をご利用いただき、海外でもセキュアで快適なモバイルインターネット環境を提供し、ビジネスや旅行時にお使いいただけるよう努めてまいります。」

Adobe Consulting Servicesについて
デジタルマーケティングソリューションの導入をビジネス上の成果につなげるためには、効率と効果を獲得するために明確に定義されたプロセスと人材、リーダーシップが求められます。 グローバルの知見と業界別のナレッジに強みを持つAdobe Consulting Servicesは、Adobe Marketing Cloudの導入/運用支援に加えて、戦略立案から組織のコンサルティングまでお客様のニーズに合わせた包括的なサービスを提供します。

Adobe Marketing Cloudについて
Adobe Marketing Cloudは、様々なデバイスとデジタルタッチポイントを通じてマーケティングコンテンツの高度なパーソナライゼーションを実現することでビッグデータを駆使し、顧客と見込み客への効果的なリーチとエンゲージメントを支援します。緊密に統合された8つのソリューションにより、分析、Web/アプリのエクスペリエンス管理、テスト/ターゲティング、広告、動画、オーディエンス管理、ソーシャルエンゲージメント、キャンペーン編成に重点を置いた、包括的なマーケティングテクノロジーをマーケターに提供します。また、Adobe Creative Cloudとの連携機能により、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、クリエイティブアセットを容易に活用できます。Adobe Marketing Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されています。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Adobe Campaign, Adobe Marketing Cloud and Creative Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.

© 2015 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口