新たなグローバル提携により、コンテンツオーナーと広告主が消費者の視聴行動をより詳細に測定可能に

※当資料は、2016年3月22日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

【2016年3月23日】
米国ネバダ州ラスベガス発:Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)とcomScore(Nasdaq:SCOR)(以下、コムスコア)は、Adobe Summitにおいて、デジタルオーディエンスのメディア視聴行動に対する新たなインサイトを提供するため、グローバルでの戦略的提携を発表しました。この新たな提携により、クロスデバイスの動画や広告コンテンツの正確なオーディエンス測定が可能となり、消費者の視聴行動に対する高度なインサイトを提供することで、優れたメディアプラニングやメディアバイイングを実現します。今回の提携により、コムスコアは、Adobe Cloud Platformを基盤としてデジタルのセンサスデータを標準化し、Adobe Analyticsを活用する新しいAdobe Certified MetricsをCross MediaAudienceAdvertising 製品群に統合します。また、アドビは、Adobe Marketing Cloudの顧客向けに、デモグラフィックデータをはじめとするコムスコアのオーディエンスデータを連携します。

人々がコンテンツを視聴するデバイスは、ますます多様化しています。有料のデジタルコンテンツサービスは急成長を遂げており、Adobe Digital Indexによると、この2年間でデジタルテレビの認証済視聴総数は毎年倍増しています。比較可能なクロスプラットフォームの指標は、テレビのデジタルトランスフォーメーションにおいて衝突を生む大きな要因の一つです。メディア企業、パブリッシャー、多チャンネル動画番組配信事業者(MVPDs)、広告主は、すべてのプラットフォームにおいて、オーディエンス、コンテンツ、広告エンゲージメントを正確に測定できる手法を求めています。コムスコアとアドビの協業により、テレビ、ビデオオンデマンド、スマートフォン、タブレット、ゲーム機、OTT(Over The Top)コネクテッドデバイスといった人気の高いプラットフォームに対し、デジタルビデオコンテンツや広告のシームレスかつセンサスに基づいた測定を可能にします。 Adobe Primetime担当バイスプレジデントであるジェレミー ヘルファンド(Jeremy Helfand)は、次のように述べています。「大手メディア企業のトップ10社を含む世界の主要な企業がAdobe Marketing Cloudのソリューションを活用しています。アドビはオーディエンス測定における主力企業であり、業界最大の課題の一つを解決できる唯一の企業です。今回の提携は、よりスマートな広告取引を実現すると同時に、スムーズなデジタル体験の融合をサポートする上で必要となる信用と信頼性を確立します。」

今回のアドビとコムスコアの提携により、視聴される動画の数、視聴時間、広告エンゲージメントレートといった主要な指標など、信頼性の高いインサイトを世界規模でマーケターに提供します。マーケターは、広告キャンペーンを最適化し、テレビやデジタルメディアにおいて、適切なオーディエンスへ、より効果的にリーチすることが可能になります。メディア企業がこうした高度なインサイトを活用することで、プラットフォームや特定のオーディエンスセグメントでコンテンツがどの程度機能するかをより正確に予測できるようになります。さらに、広告代理店は、現代メディアが生み出す膨大なデータが秘める可能性を最大限に活用することが可能となります。

コムスコアのCEOであるセージ マッタ(Serge Matta)氏は、次のように述べています。「コムスコアは、独立した信頼性の高い指標を提供できるクロスプラットフォームにおける測定方法を刷新しました。これは長年コンテンツオーナーや広告主から求められていたものです。膨大なセンサスデータは、施策へと活用できる、複数のスクリーンにわたる詳細な測定を提供する上で重要です。今回のアドビとの提携により、当社は消費者がいつ、どこで、どのようにコンテンツと広告に接触しているかについての詳細なインサイトを顧客に提供できるようになります。これにより当社の顧客企業は、年齢や性別だけではなく、高度なデモグラフィックを基により賢く広告取引を行うことができるようになります。」

コムスコアのオーディエンス情報とAdobe Marketing Cloudの連携は、Eメール、ビデオ、ディスプレイ、検索広告を含むターゲティングされたマーケティングキャンペーンにおけるオーディエンスセグメントのさらなる最適化を可能にします。アドビの顧客は、特定のオーディエンスセグメントにマーケティングコンテンツがどの程度有効に機能するかを予測することが可能となります。

今回の提携に関する詳細は、アドビおよびコムスコアのブログをご覧ください。

顧客からのコメント
Viacom Media Networksのエグエクティブバイスプレジデント兼最高リサーチ責任者(CRO)であるコリーン ファーヒー ラッシュ(Colleen Fahey Rush)は次のように述べています。「私たちは消費者があらゆるスクリーン、プラットフォームでTVを視聴していることを認識しています。そうした行動に対応した測定方法が模索されていますが、まだ非常に複雑です。Viacomとコムスコアの提携に続いて、コムスコアがアドビと提携したことでさらなる普及が見込まれるため、業界全体にとっての利益となります。」

CBS Digital Media、CBS Digital Interactiveのエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのマーク デベボイス(Marc DeBevoise)は、次のように述べています。「デジタルトランスフォーメーションは今後10年間で成長が見込まれる主要分野の一つであり、すでに当社サービスの視聴者拡大に貢献しています。コムスコアとアドビが提携したことで、統一されたクロスプラットフォーム測定の実現に一歩近づくことができ、あらゆるスクリーンにおいて我々の視聴者の価値を評価したり、広告主は様々なデバイスでデータに基づくキャンペーンを実施することができます。」

Starcom MediaVest Groupのエグゼクティブバイスプレジデント兼オーディエンスおよび測定ソリューション担当グローバルディレクターであるケイト サーキン (Kate Sirkin)は、次のように述べています。「今回の協業は、企業の成長を促進する新たなメディアモデルを通じて、企業を構築するためのデータと技術の活用を促進します。特にエコシステム全体に対するタグ付け機能の拡張により、すべてのコミュニケーションチャネルとデータ統合全体において属性値の付与を実現します。この提携により、人々のメディアやeコマースでの購買行動を含む属性に基づいた新たなオーディエンスセグメントの評価が可能となります。」

Rogers Communicationsのデジタルインサイトおよびクロスプラットフォーム測定担当ディレクターのグレッグ ディンズモア (Greg Dinsmore)は、次のように述べています。「プレミアムコンテンツをあらゆる場所で効率的に収益化するため、私たちは広告主にマルチスクリーンのオーディエンスがどこでコンテンツを消費しているかを示す必要があります。アドビとコムスコアのグローバル提携により、さまざまなスクリーンにおいてオーディエンスをより適切に測定し、収益化すべく協業できることを嬉しく思います。」

Adobe Analytics、Adobe Primetime、Adobe Audience Managerについて
受賞歴を誇るAdobe Analyticsは、Adobe Marketing Cloudの分析基盤であり、毎年約8兆回のサーバーコールを測定しています。Adobe Analyticsは業界におけるベストセラーの先進エンタープライズ分析ソリューションであり、14万人を超えるマーケティング担当者やデータアナリストによってビジネスを詳細に把握するために活用されています。今日では、世界の主要メディア企業10社をはじめとする主要ブランドがAdobe Analyticsを利用しています。Adobe Primetimeは、動画の公開、収益化、コンテンツの保護を統合した業界屈指のマルチデバイス動画配信プラットフォームであり、NBC Sports、Comcast、Turner Broadcasting、Time Warner Cableなどでグローバルに利用されています。業界屈指のデータ管理プラットフォームであるAdobe Audience Managerは、顧客が異種のデータセットを統合し、独自のオーディエンスを確立することで、顧客の動向に対してさらなるインサイトを得て、あらゆるチャネルにわたりユーザー体験をパーソナライズできるよう支援します。

Adobe Analytics、Adobe Primetime、Adobe Audience Managerは、Adobe Market Cloudの8つのソリューションのうちの3つであり、年間41兆のトランザクションをサポートし、Fortune 50社の2/3の企業に採用されています。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

コムスコアについて
コムスコア(NASDAQ: SCOR)は、クロスプラットフォームの測定における主力企業であり、オーディエンス、ブランド、消費者行動をあらゆるプラットフォームで正確に測定します。コムスコアは、ダイナミックなクロスプラットフォームにおける新たなモデルの確立を目指し、2016年1月にRentrakと合併しました。デジタル、テレビ、映画を通じた独自のインテリジェンスを膨大かつ詳細なデモグラフィックデータと結び付け、精度とイノベーションを生かした圧倒的なデータフットプリントで、消費者のマルチスクリーン利用動向を大規模に測定します。こうしたアプローチにより、メディア企業はオーディエンス全体を収益源にすることができ、マーケターはオーディエンスに対するより効果的なリーチが可能になります。75カ国以上に拠点を置き、3,200以上のクライアントとの実績を誇るコムスコアは、測定の未来を開きます。コムスコアの詳細は、comscore.comをご覧ください。

Adobe, the Adobe logo, Adobe Analytics, Adobe Audience Manager, Adobe Primetime, and Adobe Marketing Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.

©2016 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口