エクスペリエンス ビジネス(顧客体験中心のビジネス)の最前線を紹介

 

【2016年10月5日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は本日、年次のデジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Digital Marketing Symposium 2016」を開催しました。顧客体験の向上に取り組む国内外の企業の事例を通して今年のカンファレンスのテーマ「エクスペリエンス ビジネス(顧客体験中心のビジネス)」の最前線を紹介しました。

 

基調講演では、来日した社長兼CEOのシャンタヌ ナラヤン、 デジタルマーケティング事業部門担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのブラッド レンチャーに引き続き、ロイヤルバンク オブ スコットランド デジタル アナリティクス 統括責任者のジャイルズ リチャードソン 氏とアスクル株式会社 執行役員 ECマーケティング本部 本部長 テクノロジーオフィサー 佐藤 満 氏がAdobe Marketing Cloudを活用した顧客体験の向上の取り組みについて紹介しました。

 

また、本年5月に買収を発表した、ユーザー生成コンテンツ(UGC)をブランドコンテンツとともに展開可能にするソリューション「AEM Livefyre」のデモンストレーションを行いました。さらに、本日発表したクロスチャネルキャンペーン管理ソリューション「Adobe Campaign」と「LINE ビジネスコネクト」との連携に関連してLINE株式会社 上級執行役員 コーポレートビジネス担当 田端 信太郎 氏が登壇しました。

 

テーマ別セッションは、6つのテーマ(パートナー、データドリブン型マーケティング、カスタマーエクスペリエンス、クロスチャネルマーケティング、広告自動取引、テクノロジー)における合計33のセッションが展開されました。また、Adobe Labsで開発中の画期的なアイデアとテクノロジーをデデモンストレーションを交えながら公開する「SNEAKS」セッションを国内で初めて行いました。

 

エクスペリエンス ビジネス(顧客体験中心のビジネス)とは

 企業を取り巻く時代背景に応じて、ビジネスを支えるテクノロジーも変遷を遂げてきています。第一の波は、「バックオフィス」の波で、在庫管理や給与計算、会計などの社内業務に対するソフトウェアソリューションが提供されました。次に第二の波として、「フロントオフィス」の波が到来し、顧客関係管理(CRM)ツールにより企業のデータ整備や顧客対応を支援しました。どちらの波においても、企業向けソフトウェアを早くから取り入れたアーリーアダプターに競合優位性をもたらしました。現在は第三の波である「エクスペリエンス ビジネス」の波の初期段階にあります。デジタル変革によってもたらされた膨大な情報と機会により、顧客の期待はかつてないほどに高まっています。この新しい環境で成功を収めるために「エクスペリエンス ビジネス」を実現させることが企業にとって重要であり、エクスペリエンスは最重要の投資事項となっています。

 

アドビ システムズ 株式会社、代表取締役社長の佐分利 ユージンは、基調講演において次のように述べました。「デジタル変革により顧客を取り巻く環境に大きな変化が起きています。そういった新しい潮流の中で、顧客体験を中心としたビジネスが求められています。弊社は企業が魅力的なコンテンツとデータで可視化された情報を組み合わせて、一貫性がありパーソナライズされた顧客体験を提供できるよう支援します。」

 

Adobe Marketing Cloudについて

Adobe Marketing Cloudは、様々なデバイスとデジタルタッチポイントを通じてマーケティングコンテンツの高度なパーソナライゼーションを実現することでビッグデータを駆使し、顧客と見込み客への効果的なリーチとエンゲージメントを支援します。緊密に統合された8つのソリューションにより、分析、Web/アプリのエクスペリエンス管理、テスト/ターゲティング、広告、動画、オーディエンス管理、ソーシャルエンゲージメント、キャンペーン編成に重点を置いた、包括的なマーケティングテクノロジーをマーケターに提供します。また、Adobe Creative Cloudとの連携機能により、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、クリエイティブアセットを容易に活用できます。Adobe Marketing Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されています。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

 

Adobe, the Adobe logo, Adobe Campaign, Adobe Marketing Cloud and Creative Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

© 2016 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口