奈良県教育委員会とLife is Tech!と共同で授業アイデアや素材を開発

 

【2016年10月11日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は本日、教員向けコミュニティサイト「Adobe Education Exchange (AEE)」を2016年10月11日(火)より日本で提供開始することを発表しました。2010年にスタートしたAdobe Education Exchangeは、現在世界で31万5千人以上の教員がメンバー登録している無償のオンラインコミュニティです。アドビは日本版の開始にあたり、教育に関するICT活用モデルを策定中の奈良県教育委員会(住所:奈良県奈良市、教育長:吉田 育弘)と中高生向けのプログラミングキャンプやスクール事業の企画・実施に定評のあるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介、以下ライフイズテック)と協力し、主に大学生や高校生を対象とした創造的な体験授業のためのアイデア、授業素材などを共同開発し、教員に提示することで、コミュニティサイトでの素材提供や教員同士のコミュニケーションを促進していきます。

 

■背景

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は大学卒業時に今存在していない職業に就く」という予測 [1] もあるように、グローバル化や情報化が進むにしたがって、働き方は大きく変化しています。グローバル化や情報化の進展など変化が著しい時代を活きる子どもたちは、広い視野を持ち、主体的に考え行動する力を培うことが求められています。こうした資質を養うためには、子どもたちに何を教えるかだけではなく、子どもたちがどのように学ぶかという視点が重要であり、学校教育におけるICTを活用した課題解決や学習機会の創出と併せて、「教える」から「ファシリテート(促進)する」という教員の指導方法の転換が不可欠です。奈良県教育委員会は、約20名のICT活用教育推進リーダー(エバンジェリスト)を中心に指導方法の転換を図りながら、学校教育の変革を推進しています。

 

[1] キャシー・デビッドソン氏(ニューヨーク市立大学教授)

 

アドビは、奈良県のICT活用教育推進リーダーとライフイズテックとともに、日本の教育事情に適う授業アイデアや素材を開発し、教員がAdobe Education Exchange上で共有するコンテンツ案を提案することで日本全国の教員を支援し、次世代を生きる子どもたちが身に付けるべき資質、能力を育む学校教育の実現を目指します。

 

■Adobe Education Exchange概要

  • Adobe Education Exchange公式サイト:https://edex.adobe.com/jp
  • 提供開始日:2016年10月11日(火)
  • メンバー加入費用:無料
  • メンバー資格:すべての教育機関(初等・中等・高等教育機関)の教職員、教員を目指す大学生、その他アドビが承認またはメンバー加入を依頼した学生・社会人

 

■共同開発する教育リソースの例

  1. 授業アイデア、授業プロトタイプ(小規模での実施検証)、授業素材、コンテンツ
  2. 創造的な人材を育む教育のためのオフラインおよびオンライン教員研修プログラム。主に創造的な授業体験を創出することを目的とした教員研修プログラムの実施。具体的には、課題解決型授業で生徒が実際のイノベーション創出現場を体験できるようにするため、教員にデザイン思考やイノベーションプロセス、新規ビジネス創出のためのフレームワークなどを紹介し、体験する機会を提供する。
  3. 教員向けAdobe Creative Cloud活用チュートリアル(例:教材作成、学校紹介ビデオ作成など)
  4. 学生、生徒向けCreative Cloud活用チュートリアル(例:文化祭ポスター制作、学校紹介ウェブサイト制作、文化祭告知スマートフォンサイト、LINEスタンプ制作、部活勧誘ちらし制作など)

 

Adobe Education Exchangeについて

2010年にスタートしたAdobe Education Exchangeは、現在世界で31万5千人以上の教育者がメンバー登録しているオンラインコミュニティで、教員同士が授業のアイデアや指導計画を共有、議論する場として活用されているほか、教員研修も行われています。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

 

Adobe, the Adobe logo and Creative Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated, in the United States and/or other countries.

 

© 2016 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口