Adobe Experience CloudおよびAdobe Advertising Cloudを発表、新たなクラウドプラットフォーム機能、AI、VR、IoTにおける最新技術を披露

 

※当資料は、2017年3月21日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2017年3月21日】

米国ネバダ州ラスベガス発:Adobe(Nasdaq: ADBE、以下アドビ)は、過去最高の12,000人が参加する米国開催の年次デジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Summit 2017」を開会しました。アドビは、企業が優れた顧客体験を提供するために必要なあらゆる要素を備えた包括的なクラウドサービスAdobe Experience Cloudを発表しました。Adobe Experience Cloudは、Adobe Marketing Cloud、Adobe Advertising Cloud、Adobe Anlytics Cloudの3つのクラウドで構成され、コンテンツとデータを統合する基盤となるクロスクラウドアーキテクチャであるAdobe Cloud Platformをベースに構築されています。また、新たなデベロッパー向けツールとパートナー連携を発表するとともに、Adobe Senseiを活用した企業向けの新たなインテリジェンス機能を発表しました。さらに、アドビとマイクロソフトは顧客体験の変革に特化した初の共同ソリューションの提供を開始することを発表しました。

 

基調講演ではアドビの最新技術をご紹介するほかアカデミー賞候補となった俳優のライアン ゴズリング(Ryan Gosling)、Saturday Night Liveのケイト マッキノン (Kate McKinnon)、Super BowlでMVPを獲得したペイトン マニング (Peyton Manning) が登壇し、デジタルが自身のキャリアにどのような影響を与えたかを紹介します。アドビの経営陣に加え、Facebook、マイクロソフト、National Geographic、NBAなどの代表も基調講演に登場します。

 

Adobe Experience Cloudの発表

デジタル化はあらゆる業界に破壊的な変化をもたらしてきました。先進的な企業は、優れた顧客体験の提供が、市場のリーダーとなるか、後続者になるかを分ける要因であることを認識しています。優れた体験が顧客との長期的な関係構築における最も重要な手段であり、深い洞察と卓越したデザインが求められます。こうした課題に対応すべく、アドビは本日、企業が優れた顧客体験を提供するために必要なあらゆる要素を備えた包括的なクラウドサービスAdobe Experience Cloudを発表しました。Adobe Experience
Cloudは、Adobe Marketing Cloud、Adobe Advertising Cloud (詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください)、Adobe Anlytics Cloudの3つのクラウドで構成され、Adobe Cloud Platformを基盤として開発されています。また、Adobe Experience CloudはAdobe Creative Cloud、Document Cloudともシームレスに連携します (詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください)。

 

Adobe Cloud PlatformとAdobe Senseiの機能を強化

アドビは、Adobe Cloud Platformにおいて重要な機能強化を行ったことを発表しました。Adobe Cloud Platformは、コンテンツとデータを統合する基盤となるクロスクラウドアーキテクチャです。本日発表された機能強化には、エンタープライズ向けの新たなAdobe Sensei機能の追加、アドビのクロスクラウドデベロッパーポータルであるAdobe I/Oを通じて提供される新しいツール、そしてパートナー連携が含まれます。さらに、現在Adobe Exchangeで利用可能なAdobe Experience CloudとAppDynamics、Clicktale、Dun&Bradstreet、ForeSee、Mastercard、Ooyala、SapientRazorfishなどとの連携を発表しました。Adobe Cloud Platformのインテリジェンス レイヤーであるAdobe Senseiは、AIとマシンラーニングの統合フレームワークとインテリジェントサービスを顧客に提供します。本日、Adobe Senseiのエンタープライズ向け新機能として、Fluid Experience、Auto Target、異常値検知や貢献度分析の強化を発表しました (詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください)。

 

アドビとマイクロソフト、顧客体験の変革を支援する共同ソリューションを発表

アドビとマイクロソフトは、企業による顧客体験の変革を支援する初の共同ソリューションの提供を発表しました。本日より提供開始される本ソリューションは、Adobe Experience CloudおよびMicrosoft Cloudを活用し、クロスチャネル体験とキャンペーンの実行を刷新します。両社はまた、一貫したデジタルエクスペリエンスを大規模に提供する上で必要な、マーケティング、セールス、サービスの各データの言語を規定、統一するために、初の業界標準を共同開発することも発表しました  (詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください)。

 

「Summit Sneaks」で新技術を公開

アドビは、「Summit Sneaks」において、AI、VR、IoT (モノのインターネット)などの分野における未発表の技術を先行公開しました。Sneaksは、過去に類を見ない、ユニークな未来の技術をご紹介し、ブランド企業が現在の顧客体験とビジネスプロセスを再創造する方法を提示します。Saturday Night Liveのケイト マッキノンが司会を務め、アドビの研究開発部門が開発中の最新技術を披露します。Sneaksは、長年にわたりSummitで最も人気のあるコンテンツで、参加者から支持を集めた機能は将来的に製品に導入される可能性があります。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

Adobe, the Adobe logo, Adobe Document Cloud, Adobe Marketing Cloud and Creative Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

© 2017 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口