「ビジョン」、「パフォーマンス」および「顧客」で最高点を獲得

 

※当資料は、2017年6月13日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2017年6月15日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、米国調査会社のForrester Research, Inc.(以下Forrester)のレポート「The Forrester Wave™: Real-Time Interaction Management(リアルタイム インタラクション管理)、2017年第2四半期」において、「リーダー」に選ばれたことを発表しました。Forresterはこのレポートにおいて、12社の主要なリアルタイム インタラクション管理(RTIM)プロバイダーを対象に、「製品とサービス」、「戦略」、および「市場におけるプレゼンス」を含む32の基準に基づき評価しました。リアルタイム インタラクション管理プロバイダーは、ブランド企業が顧客ライフサイクルの中においてコンテクストに合った体験、価値および実用性を適切なタイミングで提供できるよう支援します。

 

今回のForresterのレポートで、アドビは次のように評価されています。「アドビは集中管理されたリアルタイム意思決定エンジンで集中管理を行う他のRTIMベンダーとは異なり、マーケティング、分析、広告の各クラウドのポートフォリオから機能を集約し、チャネルごとのRTIMを行うことができます。共通の顧客IDとIDグラフによってダイレクトマーケティングと広告キャンペーンのの一貫性を実現します。ある企業は、アドビを『買収したサービスを組み込み、完全なソリューションを構築することで非常に優れた成果を収めている』と評価しています。」

 

Adobe Experience Cloudのプラットフォームおよび製品担当バイスプレジデントであるスレシュ ヴィタル(Suresh Vittal)は次のように述べています。「今日のエクスペリエンス主導型の世界において、企業が顧客の信頼を得て成長をしていくためには顧客満足度を向上させることが不可欠です。クリエイティビティにおいて長い伝統を持つアドビは、ブランドのコンテンツにデータを加え、すべての顧客接点において卓越したパーソナルな体験を提供できる他に比類のない能力を有しています。」

 

Forresterは続けて次のように述べています。「B2C市場のマーケターには、インバウンドチャネルでの『次にとるべき最適な行動(ネクスト ベスト アクション)』の機能と、高度にパーソナライズされたアウトバウンドコミュニケーションを連携させ、顧客ライフサイクルにおけるより深いエンゲージメントの獲得が求められています。RTIMはインサイトのシステム(顧客データと分析)とエンゲージメントのシステム(自動化されたコンテンツとインタラクション)を統合し、コンテクストに合ったマーケティングを行うことで連携を実現します。」

 

Adobe Experience Cloudは、分析、デジタルエクスペリエンスの管理および提供、キャンペーンの実行、テストとターゲティング、広告、オーディエンス管理、ビデオおよびソーシャルメディアでのエンゲージメントなどを中心とした最先端テクノロジーを揃える完結されたソリューション群をブランド企業各社に提供します。Adobe Creative Cloud Enterpriseとの連携により、すべてのマーケティングチャネルと顧客とのタッチポイントに対し、クリエイティブアセットを短時間で簡単に展開することができます。

 

現在Fortune 50企業の3分の2に加え、媒体社、金融サービス、自動車、資産管理企業および通信企業のそれぞれ世界の上位10社すべてをはじめとする多くのブランド企業がアドビのデジタルエクスペリエンス ソリューションを採用しています。Adobe Experience Cloudは、同業他社をしのぐ年間100兆件の顧客トランザクションと共に、年間41兆件のリッチメディアと1,200億件の電子メールをサポートしています。

 

関連リンク

 

Adobe Experience Cloudについて

Adobe Experience Cloudは、企業が優れた顧客体験を提供するために必要なあらゆる要素を備えた包括的なクラウドサービスです。Adobe Marketing Cloud、Adobe Advertising Cloud、Adobe Analytics Cloudの3つのクラウドで構成され、Adobe Creative CloudおよびAdobe Document Cloudと連携するAdobe Cloud Platformを基盤として構築されています。Adobe Experience Cloudは、Adobe Senseiのマシンラーニングおよび人工知能(AI)の機能を活用し、世界水準のソリューション、完全かつ拡張可能なプラットフォーム、包括的なデータおよびコンテンツシステム、堅牢なパートナーエコシステム、卓越した体験を届けるための専門知識を兼ね備えています。Adobe Experience Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されています。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

Adobe, the Adobe logo, Adobe Experience Cloud, Adobe Marketing Cloud, Adobe Advertising Cloud, Adobe Analytics Cloud, Adobe Creative Cloud, Adobe Document Cloud, Adobe Cloud Platform and Adobe Sensei are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.

 

©2017 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口