新しいAdobe XD、Adobe Dimension、新たな写真サービスAdobe Lightroom CCなど数々の機能アップデートを本日発表    

 

※当資料は、2017年10月18日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2017年10月19日】

米国ネバダ州ラスベガス発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、クリエイティビティに関する世界最大規模のカンファレンスである「Adobe MAX」において、UI/UXデザインのためのAdobe XD CC、2Dと3Dを合成してリアルな画像を作成するAdobe Dimension CC、顔認識で2Dアニメーションを自動生成するCharacter Animator CC、そしてクラウドベースの新しい写真サービスAdobe Photoshop Lightroom CCなど4つの新しいアプリケーションを含む、次世代のCreative Cloudを発表しました。また、Photoshop CC、InDesign CC、Illustrator CC、Premiere Pro CCなどの主要アプリケーションの機能アップデートとAdobe Stockの大幅なサービス拡張も発表しました。

 

アドビの人工知能(AI)と機械学習プラットフォームであるAdobe Senseiを用いた機能を含んだ、今回のすべてのアップデートを通じて、場所や働き方にとらわれない現代のプロのクリエイターや愛好家に最新のイノベーションを提供します。モバイルファーストアプリケーションのシステムの急速な拡大やブランディングされたコミュニケーション用のプレミアム機能をAdobe Sparkに追加したことにより、アドビはあらゆるタイプのクリエイティブプロジェクトに対応する迅速かつ拡張性の高いソリューション群を構築しています。

 

アドビのデジタルメディア事業部門担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるブライアン ラムキン(Bryan Lamkin)は次のように述べています。「アドビはクリエイティブ革命を先導し、すべてのプラットフォームとデバイスにおけるクリエイティブプロセスを加速させる近代化とイノベーションを推進しています。本日、新しいUI/UXデザイン、2D アニメーション、3Dレンダリングアプリ、新たなクラウドベースの写真サービスなど、幅広い機能を備えた次世代のCreative Cloudを発表しました。これらのツールにより、プロのクリエイターや愛好家が、いつでも、どこでも、あらゆるデバイスを使って、自己を表現し、創造力を最大限発揮できるよう支援します。」

 

Adobe MAXでは、アドビの最新技術をご覧いただけるだけでなく、デザイナーのジョナサン アドラー(Jonathan Adler)氏、映画監督で俳優のジョン ファヴロー(Jon Favreau)氏、写真家のアニー グリフィス(Annie Griffiths)氏、音楽プロデューサーでDJのマーク ロンソン(Mark Ronson)氏など世界的なクリエイターや著名人が登壇します。また、Adobe MAXには、Microsoft、CDW、Dell、Google、HP、Intelをはじめとする大手テクノロジー企業、ならびにCoca-Cola、Airstream、Pantone、Moleskineなどのデザイン主導型のクリエイティブなブランド企業が一堂に会します。基調講演は日本時間10月19日(木)午前1時に行われ、こちらでライブストリーミング視聴が可能です。

 

Adobe Senseiによりクリエイティビティを加速

アドビは、今回のCreative Cloudリリースの一環として、Adobe Senseiを活用して、アプリケーションおよびサービスのシステム全体にAI機能を組み込みます。Adobe Senseiを用いた機能によって、クリエイターはコンセプト段階から完成までの時間を大幅に短縮することができ、最新のテクノロジーとディープラーニング機能によりクリエイティブプロセスが加速します。

 

次世代のクリエイティブアプリケーション 

  • Adobe XD CC:パブリックベータを通したデザインコミュニティとの連携により、オープンな環境で開発されたAdobe XDは、モバイルアプリやWebサイトなどのデザインおよびプロトタイピングのためのオールインワンのクロスプラットフォームソリューションです。Adobe XDは、デザイナーによって作られたデザイナーのためのアプリケーションであり、コンポーネントやワイヤフレーム、完全にインタラクティブなプロトタイプをわずか数分で完成させるためのスピード、正確さ、品質をクリエイターに必要に応じて提供します。
  • Adobe Dimension CC: Project FelixがDimensionとして生まれ変わりました。本アプリケーションは、2Dの作業と同じ使いやすさとシンプルさで3Dのパワーと柔軟性をグラフィックデザイナーに提供します。グラフィックデザイナーはDimensionによって、写真のようにリアルな3D画像を素早く作成し、繰り返し作業を行えるため、ブランディングデザインやパッケージデザインを実際の環境で制作することができます。
  • Adobe Character Animator CC:これまでベータ版で提供され、本日提供を開始したこの2Dアニメーションツールは、PhotoshopやIllustratorで作成した静止画像に生き生きとした動きを与えます。Character Animatorは、スティーヴン コルベアのトーク番組「The Late Show」、アニメ「ザ・シンプソンズ」、ジム クレイマーの「Mad Money」などの番組で使用されました。新機能には、ポーズ間ブレンドや、新しい物理動作、ビジュアルパペットコントロールなどが含まれます。また、Adobe Senseiの活用によって、口の動きと音声の正確なマッチングが実現し、リップシンク機能が改善しました。

 

新たな写真サービスLightroom CC

Lightroom CC は、場所を問わず写真の編集、整理、保管、共有を可能にする、アドビの新たなオンライン連携可能な写真サービスです。プロの写真家と写真愛好家をターゲットに新たに開発されたLightroom CCは、直観的なユーザーインターフェースを備えています。フル解像度での画像編集が可能で、変更はモバイル、デスクトップ、Webのすべてに自動的に同期されます。写真の整理も簡単になり、それぞれの写真に自動的に検索用のキーワードが付与されるため、面倒なタグ付け作業から解放されます。また、ソーシャルメディアでの写真の共有も簡単に行えます。

 

また、これまでのPhotoshop Lightroom CCをPhotoshop Lightroom Classic CCへ名称変更しました。デスクトップを中心とした従来型のワークフローに重点を置いていきます。Lightroomの詳細はプレスリリースをご覧ください。

 

主要なアプリケーションの新機能および拡張機能は以下の通りです。

  • Adobe Photoshop Lightroom Classic CC:これまでのPhotoshop Lightroom CCは、新たにPhotoshop Lightroom Classic CCという名称になり、パフォーマンスや編集機能などを改善しました。例えば、埋め込みプレビューのワークフローが改善され、大幅に高速化されたため、大量の写真をスクロールして、画像のサブセットを選択できます。
  • Adobe Photoshop CC:写真のサポート機能、アドビ ラーニングやチュートリアルの大幅な改善と全体的な性能向上を図っています。
  • Adobe Illustrator CC:複数のワークフロー、ユーザーエクスペリエンス、およびパフォーマンスが向上されます。
  • Adobe InDesign CC:効率的な作業を実現する機能を追加することで、複数ページのレイアウト作成がさらに容易になります。
  • Adobe Premiere Pro CC:高度なコラボレーション機能、最新の360度VRの没入型ワークフローとレスポンシブ モーショングラフィックス コントロールが加わりました。
  • Adobe After Effects CC:データ駆動型グラフィックスと高品質なVRおよび3D動画制作を簡素化することで、モーショングラフィックスの制作作業が効率化されます。また、GPUパフォーマンスが強化されたことで、すべての作業をより迅速に行うことができます。

 

アセットやインスピレーションへのワンクリックアクセス

各種のアセット、サービス、教育リソースの拡張と統合を発表しました。これに伴い、クリエイターの皆さんにこれまで以上に容易に自己を表現していただけるようになります。

  • Adobe Stock:Premiere CCとAfter Effects CCのビデオユーザーに向けて、プロ仕様のモーショングラフィックステンプレートの提供を開始しました。これにより、アセットコレクションがさらに拡張します。最も包括的なクリエイティブマーケットプレイスであるAdobe Stockは、写真、イラスト、動画、ベクターなど1億点以上のアセットを提供します。
  • Adobe Typekit:Adobe Senseiを活用し、フォントを検索する新たな方法を提供します。ユーザーは自身が所有するタイプの写真を使って、Typekitで類似フォントを探すことが可能できます。新たに追加されるTypekitのビジュアル検索技術は、Adobe Senseiを活用したサービスとして初めて、サードパーティの開発者向けに提供されます。
  • インスピレーションと教育:アドビはユーザーが創作活動を始められるよう、またクリエイティブな才能を最大限に発揮できるよう、リソースへの追加投資とリソースの拡張を発表します。その一環として、Behance上にライブストリーミングチャンネルAdobeLIVEを立ち上げます。Behanceでは、1,000万人のメンバーがインスピレーションを刺激しながら互いに学んでいます。AdobeLIVEでは、1週間に24時間のプログラムが提供され、2018年中には24時間365日、番組が放送できる体制に拡張する予定です。

 

企業におけるクリエーションとデザインの重要性の拡大

世界的なブランド企業や代理店で、あらゆるデバイスとチャネルで魅力的な体験を提供するために、Adobe XD、Dimension、Adobe Stockの採用が進められています。企業にとってデザインはこれまで以上に重要度を増してきており、HP、Boosted Boards、Vice Media、Viacom、電通イージス・ジャパン株式会社などの企業がCreative Cloud のAdobe XDとAdobe Stockを利用しています。Adobe Experience Cloudの一部であるAdobe Marketing CloudとCreative Cloudが新たに連携することで、制作からマーケティングまでのワークフロー全体におけるコンテンツの作成にかかる時間を短縮します。

 

Creative Cloudの最新のイノベーションの総合的な見解についてはこちらをご覧ください。

 

価格および提供時期

CCデスクトップアプリのアップデートは、Creative Cloudメンバーの方は本日より無償でダウンロードして利用できます。購入プランには個人、学生、チーム、教育機関、官公庁、エンタープライズ向けがあります。アドビのモバイルアプリについては、Apple App StoreおよびGoogle Playからダウンロードいただけます。

 

アドビは、MAXリリースの一環として、ユーザー個別のニーズに合わせ新しいフォトプランも提供します。

  • Lightroom CCのサービスとPhotoshopの機能をオールインワンで使いたい方向けのCreative Cloud フォトプラン(1TBストレージ付)。Lightroom CC、モバイル版およびWeb版Lightroom、Photoshop CC、プレミアム機能付きのAdobe Spark、Adobe Portfolioと1TBのクラウドストレージが含まれます。価格は月額1,980円(税抜)です。既にCreative Cloudフォトプランをお使いのユーザーの方には、初年度のみ月額1,480円(税抜)の特別価格で提供します。
  • オンライン連携可能な写真サービスでどこからでも写真の編集、整理、共有を行いたいという写真家向けに、新たなLightroom CCプランを提供します。これにはLightroom CC、モバイル版およびWeb版Lightroom、プレミアム機能付きのAdobe Spark、Adobe Portfolioと1TBのクラウドストレージが含まれます。価格は月額980円(税抜)です。
  • Creative CloudフォトプランにもLightroom CCは含まれ、ストレージ容量は20GBに増量されます。価格は現行と同様の月額980円(税抜)で、Lightroom CC、モバイル版およびWeb版Lightroom、Lightroom Classic CC、Photoshop CC、プレミアム機能付きのAdobe Spark、Adobe Portfolioと20GBのクラウドストレージが含まれます。
  • Lightroom CCは、Creative Cloudコンプリートプランにも追加され、年間プランで100GBのストレージが利用いただけるようになりました。

 

Adobe Senseiについて

Adobe Senseiは、アドビのクラウドプラットフォームに組み込まれるフレームワークとインテリジェントサービス群で構成されており、デザインとデジタルエクスペリエンスの提供を大幅に改善します。人工知能(AI)と機械学習の統合フレームワークにより、アドビが蓄積してきたコンテンツとデータアセットおよび、デザイン、ドキュメント、およびマーケティング分野の深い専門知識を活用しています。詳細は、Adobe Senseiのサイトをご覧ください。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.

 

© 2017 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口