AIR/FlashでFeliCa対応のアプリ開発が可能に

「SDK for FeliCa & Adobe AIR/Adobe Flash」

FeliCaとは、ソニーが開発した非接触ICカードの技術です。FeliCaを知らなくても、EdyやSuica、おサイフケータイは知っている、あるいは使ったことがあるという方は多いでしょう。これらのサービスを実現しているのが、FeliCaです。FeliCaの特徴は、「数KB程度のメモリを持ち、触れるだけで通信できる」という点です。現在は、主に電子マネーや交通系電子乗車券として使われていますが、ネットとの親和性も高く、アイデア次第では様々な用途に使うことができそうです。
ソニーでは、アドビ システムズ社の協力を得て「SDK for FeliCa & Adobe AIR/Adobe Flash」を開発し、間もなく提供を開始します。本記事では、FeliCaのネットでの活用シーンや、SDKの内容についてお届けします。ぜひ、いろいろと試してみて下さい。

ソニー株式会社 FeliCa企画開発部門 相馬 功

利用イメージ

AIRを使ったFeliCa対応アプリケーションの例としては、オンラインゲーム、プロモーション用コンテンツ、電子マネーサービスのオフラインデータビューア、鉄道・バスなどの交通乗車券(ストアードフェア型)のオフラインデータビューア、プライベート会員証などが考えられます。これらのアプリケーションをRIAとして提供することで、カードの属性に応じたオンラインプロモーション機能などを実現できます。

Flashであれば、電子マネーなど、リアルな場面で利用されているFeliCaのユーザを自社のWebサイトに誘導する際のプロモーションツールとして使うようなことが考えられます。
以下はAdobe MAX Japan 2009でソニーのFLO:Qチームが披露したECサイト上でのスタンプカードのデモイメージです。

流通系ECサイトでの利用イメージ

別な用途としては、例えばブログパーツをFeliCa対応とすることで、アーティストブログにFeliCa対応のファンクラブ会員証をかざして、会員だけが見ることのできるコンテンツを再生する、というようなことが可能になります。

このように、AIRやFlashをFeliCaと組み合わせることで、より直感的でプロモーショナルなアプリケーションやWebサイトを構築できるのではないかと思います。

FeliCaを活用できるシーンの拡大

昨年末発表させていただいたFeliCa LiteやFeliCa Plugといったデバイスは、その性格上ネットとの親和性も高く、これまでにないFeliCaとしての使われ方が出てくることを期待しています。

FeliCa Liteは、カードの発行者が埋め込んだ鍵を認証できる機能にセキュリティ機能を限定し(交通や電子マネー等で採用されているFeliCaカード「FeliCa Standard」ではリーダー/ライター側の認証と合わせた相互認証を搭載)、メモリ容量もこれまでのFeliCa Standardタイプが2KB~8KBほどあったものを224Byteまで減らすことで、小型化と低コスト化を実現しました。このことにより、FeliCa Liteに書き込んだIDと、カード認証を組み合わせて、例えばWebサイトのログイン機能を代行させることができるようになります。

FeliCa Lite(カード/シール)
FeliCa Lite(カード/シール)

一方のFeliCa PlugはFeliCaの非接触通信機能部分のみをモジュール化したデバイスです。FeliCa Plugを埋め込んだ機器側のマイコンがFeliCaカードをエミュレーションすることで、リーダー/ライター側の機器と通信することができます。たとえば歩数計にFeliCa Plugを入れれば、PCにかざしただけで歩数情報をWeb上にアップする、というようなことができるようになります。

FeliCa Plugと、想定される搭載デバイス
FeliCa Plugと、想定される搭載デバイス

そして、FeliCaのリーダー/ライター環境についても、内蔵リーダー/ライターのFeliCaポートをご採用いただいているPCメーカーが増加し、USB外付けリーダー/ライター「パソリ」と合算すると、本年6月末で累計850万台を超えるまで広がってきています。

さらに、この秋からはPCに常駐し、カードをかざすだけで目的のWebサイトやアプリを起動できるソフトウェア「FeliCaランチャー」の提供を開始します。FeliCaランチャーと本SDKで制作したAIRやFlashの組み合わせにより、タッチするだけでAIRやブラウザを起動し、カード内の属性によってID認証したりメディアを再生したりするなどの使い方ができるようになります。

タッチするだけでAIRやブラウザを起動

SDK for FeliCa & Adobe AIR/Adobe Flash

SDK for FeliCa & Adobe AIR/Adobe Flashは、Adobe FlashアプリケーションまたはAdobe AIRアプリケーションからFeliCaアクセスを行うためのAPIをパッケージ化したクラスライブラリと関連ドキュメント、サンプルコードで構成されています。

  ICS-DAF/B010J
Basic
ICS-DAF/S010J
Standard
開発ライセンス 1ユーザライセンス
構成物 • Flashライブラリ(Basic用)
• APIリファレンス(ASDoc形式)
• サンプルプログラム一式
• SDK for FeliCa & Adobe® AIR® /
 Adobe® Flash® 開発手引書
• Flashライブラリ(Standard用)
• APIリファレンス(ASDoc形式)
• サンプルプログラム一式
• SDK for FeliCa & Adobe® AIR®/
 Adobe® Flash® 開発手引書

 

また、ランタイム環境のFeliCaProxyは、最新版のFeliCaポートソフトウェアに含まれているので、FeliCaのオフィシャルサイトからダウンロードし、インストールすればOKです。
FeliCaポートソフトウェア

SDK for FeliCa & Adobe AIR/Adobe Flash構成概要

このSDKには、2つのラインナップがあります。

  1. Standard版
  2. Basic版(機能制限付きの無償ダウンロード製品)

Standard版は、暗号化通信以外のFeliCaカードへのアクセスの他、おサイフケータイへのWebサイト起動やメーラー起動などの機能があります。さらに、ビットワレット(株)にご協力いただき、Edy Viewerの機能をサンプルアプリとしてカスタマイズできる環境を用意しているので、お手元のEdyを使ったアプリの開発をお試しいただくことも可能です。

Basic版は、Standard版の機能のうち、アクセスできるFeliCaカードの種類に機能制限をかけています。具体的には、NFCフォーラムが規定するType3 Tag注1に対するテキストの読み書きと、NTTドコモのおサイフケータイに搭載されているフリー領域注2の読み書きとなります。これらBasic版の機能でも、FeliCaを使った様々なアプリケーションを作ることは可能なので、ぜひお試しいただきたいと思います。

  ICS-DAF/B010J
Basic
ICS-DAF/S010J
Standard
対応OS Windows XP SP3/Windows Vista/Windows 7
(詳細は今後公開のサイト参照)
三者間通信 可能
フリー領域リード/ライト 可能
NFC フォーラムType3 Tag リード/ライト 可能
上記以外の領域へのリード/ライト なし 可能
暗号機能 なし
開発者ライセンス 1

 

FeliCa Standardカードのデータを読み書きするアプリケーションを開発する場合や、開発したアプリケーションを販売したり有償サービスとして提供したりする用途には、Standard版をご利用下さい。

公開時期ですが、無償版は8月末頃、ソニーFeliCaのWebサイト上でダウンロード配布を開始します。有償版については、アドビストアを通じてこの秋のダウンロード販売を予定しています。
SDK製品紹介ページ (ダウンロード開始以前は本SDKの情報の掲載はございません)

今回、SDKの概要と利用イメージを中心にご紹介しましたが、また別の機会に、開発にあたってのポイントやFeliCaの使い方のコツなどをご紹介できれば、と考えております。

必要な環境

本SDKを利用したアプリケーションを実行する場合、以下のものが必要となります。

注1:「NFC(Near Field Communication)」は、ソニーとNXP(旧フィリップス)が開発した非接触ICカードの国際標準規格。例えば、ICカード内にURLを記述するフォーマットなどを規定しています。FeliCaカードはType3 Tagとして発行することが可能です。
注2:一般ユーザが通常のiアプリで自由に使えるFeliCaのメモリ領域。

※ Adobe、Adobe AIR、ならびにAdobe Flashは、Adobe Systems Incorporated.(アドビ システムズ社)の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※ FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。
※ FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
※ PaSoRi(パソリ)はソニー株式会社の登録商標です。
※ Edyは、ビットワレット株式会社が管理するプリペイド型電子マネーサービスのブランドです。
※ Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
※ おサイフケータイはNTTドコモの登録商標です。
※ iアプリはNTTドコモの登録商標です。
※ その他本文中の会社名や商品名は、該当する各社の商標または登録商標です。