新しいタイポグラフィの表現を可能にするために
日本語プロポーショナルかなフォント かづらき® の取り組み

アドビ システムズには、Flashなどのソフトウェア開発チームだけでなく、フォント開発チームも存在します。フォント開発チームでは、文字コミュニケーションにおいて重要となるタイポグラフィに新しい可能性をもたらす画期的なデジタル・フォントを作成しようと取り組んでおり、その1つが「かづらき」書体です。本記事では、「かづらき」書体の特徴とその源について紹介します。

かづらき Tシャツ
かづらき®Tシャツ

Adobe® MAX Japan 2009(1月29日、30日)に参加された方はご存知かもしれませんが、これは、かづらき®Tシャツです。天空を横切る流れ星、びっくりした表情のお公家様、独特の流れるような筆書きの書体があしらわれています。しかも、その書体で何やら難しそうな言葉が印刷されています……。

このTシャツは、現在開発中のプロポーショナルかな書体かづらき を使ってデザインされています。書かれている言葉も、その書体の由来に関係する内容なのです。

書体デザイナーの西塚涼子

書体デザイナーの西塚涼子

アドビ システムズ の書体デザイナー西塚涼子は、まだ美術大学生だった頃、鎌倉時代の歌人、藤原定家(1162-1241)の書風に触発されます。それを独自に解釈することで、何とか印刷用の書体としてデザインすることができないか。そう考えて、卒業制作の課題として取り組むことにしました。大学を卒業してからも定家の書風に対する愛着は消えることはありません。さらに制作を続け、定家様式のタイプフェイスのプロトタイプを完成させます。その作品は2002年のモリサワ賞国際タイプフェイスコンテストで銀賞に輝きました。そのデザインをベースに、現在、アドビ システムズのフォント開発チームは、かづらき書体の開発に取り組んでいます。

藤原定家はその自筆本が国宝となっている日記『明月記』 などで知られる歌人ですが、独特の書風でも知られます。このTシャツに書いてある言葉「客星觜参(ししん)の度に出づ。東方に見る。天関星に孛(はい)す。大きさ歳星の如し」は、定家が 「かに星雲」の超新星爆発の事件(1054年)について書いた言葉です。その意味は「客星(超新星または彗星の意)が、オリオン座の東の方に見えた。それはおうし座ζ(ゼータ)星の近くに現れ、大きさは木星ほどであった」ということです。超新星や彗星は不吉の前兆と考えられていました。かづらきTシャツは、不吉な星の出現に驚くお公家様の様子を描いているのです。

さて、かづらき書体は、何が従来の日本語書体と違うのでしょうか。それは、文字が正方形の枠内でデザインされているのではなく、文字ごとに文字の幅や高さが大きく異なる点にあります。


固有の字幅
かづらきの文字は欧文書体のように各文字が固有の字幅を持っています

明朝体でもゴシック体でも、従来の印刷書体は、雑誌や書籍など、長い文章の読みやすさ、制作段階での文字の組みやすさのために、通常は正方形の範囲(全角)の内側にちょうどうまく収まるようにデザインされてきました。従来の日本語の印刷書体は「等幅」とか「モノスペース」とか呼ばれて、仮名や漢字については、どの文字も同じ高さと幅を持ち、そのため、縦組みでも横組みでも同じ文字を使って、規則正しく文字が配列されます。

印字サンプル
かづらきを用いた印字サンプル
(開発段階のサンプルのため、デザインおよび書体名は予告なく変更されることがあります)

たしかに、従来の書体は、長い文章を組む場合に読みやすく適しています。ですから、今後も明朝体やゴシック体は標準的な書体として広く使われることは間違いありません。しかし、他方で、手書きの本来の仮名文字が持っていた自由で躍動感のある形を、正方形の枠内でデザインした従来の書体で再現することは不可能でした。かづらきでは、 OpenTypeフォントの技術を用いることで、文字ごとに固有の字幅を縦組み用と横組み用双方に持たせることが可能になりました。日本語の印刷書体では文字はかならず正方形の枠内にデザインされるという制約を取り除くことができたのです。それによって、藤原定家の書風が持つ自由でダイナミックな形を現代のデジタル・フォントの書体デザインに反映させることができました。また、字幅を一定にする必要がないため、複数の文字を連続させて1つの文字にした「合字」をデザインすることも容易になりました。OpenTypeフォントの仕組みと組み合わせることで、特定の文字の組み合わせに対して自動的に連続した形の「合字」で表示することも可能になりました。

ところで、定家のかなの解釈について西塚涼子の考えを聞いてみました。

西塚:定家は日記以外にも、多くの物語や歌を書き写しています。究極の美を追求しているかに見える他のかな書の名品とは異なり、連綿は少なく、独立した文字で書かれています。私の想像ですが、最高の美術を残すというよりも、自らが見聞きした事柄を読み物として後世に伝えるという目的意識が強く働いていたと思います。それは、現代の私たちがデジタル・フォントを使って文字を書き留めている状況と同様の、文字の実用性に根ざしたものだったのでしょう。そのようなことを考えつつ、かづらきのデザインに取り組んでいます。

現時点ではまだ、かづらきは開発中の段階であり、リリース方法や時期などは未定です。また、かづらきは基本的にはプロポーショナルかな書体ですが、漢字についても、特に挨拶状や和食のメニューに使うことのできる 約1,000文字だけについては対応する予定です。文字種が限られているため、用途としては広告のタイトル、見出し、ロゴ、メニュー、挨拶状など限定的なものとなるかもしれませんが、既存の書体にない手書きの書風を持つ独特のデザインが新鮮でタイポグラフィックな効果を与えることが期待できます。

ところで。「かづらき」という名前は、定家が詠んだ歌に由来しています。

歎くとも 恋ふとも逢はん 道やなき 君葛城の 峰の白雲
『拾遺愚草』1216年より

 

身分違いの恋の歌なのです。

さて、アドビ システムズでは、クリエイターやデザイナーが新しい表現形式を積極的に切り拓いていく上で役に立つ技術やツールの開発に努めています。今回ご紹介したかづらき書体も、文字によるコミュニケーションにおいて重要となるタイポグラフィの世界に新しい可能性をもたらす画期的なデジタル・フォントになると考えています。


山本 太郎

山本 太郎

1961年京都市生まれ。アドビ システムズ、エンジニアリング、日本語タイポグラフィ、シニア・マネージャー。1983年、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業後、モリサワに入社。1992年、アドビ システムズに入社、以後、日本語フォントと関連技術の開発に従事し、現在に至る。タイポグラフィ学会(2005年設立)の設立発起人の一人で、現在副会長。武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科非常勤講師。2008年、「タイポグラフィにおける文字の大きさに関する考察」(『タイポグラフィ学会誌 01』所収論文・2007年発行)で「第一回本木昌造賞」を受賞。

西塚 涼子

西塚 涼子

1972年生まれ。アドビ システムズ、エンジニアリング、日本語タイポグラフィ、シニア・デザイナー。1995年、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業 。株式会社モリサワ、グラフィック系デザイン事務所勤務を経て、1997年アドビ システムズに入社。小塚昌彦氏の指導の下、小塚明朝®/小塚ゴシック®の開発に携わる。1999年、モリサワ国際タイプフェイスコンテストにて、「ブランチレター」が佳作を受賞。2002年、同コンテストにて、「汀花(ていか)」が銀賞を受賞。その後、アドビオリジナルかな書体「りょう®」および「りょうゴシック」のファミリーを制作する。

将来的観測の開示について

本プレスリリースは、実際の業績を大幅に異ならせる可能性のあるリスクと不確実性を内包した製品発表の計画、売上、営業利益率、営業外収益、実効税率、株式数、1 株当たり利益に関連する将来的観測を含みます。そのような原因となり得る要素として、以下が挙げられますが、必ずしもこれらに限られるものではありません。

  • アドビ システムズ社が事業をおこなっている主要地域での不慮の経済的、政治的環境変化
  • 新製品、または既存製品の新しいバージョンの開発や出荷の遅延
  • 既存の、または新たな競合他社による新製品の市場投入
  • 新たなビジネスモデルや新たな市場への移行の失敗
  • 新規事業からの収益予測の困難性
  • アプリケーションソフトウェア、コンピュータおよびプリンタ需要の変動
  • 知的財産に関する紛争、訴訟
  • 不正なコピー、利用、開示ないし悪意ある攻撃からのアドビの知的所有物の保護
  • 過去および将来の買収において予期される利益予測および買収による統合の難航
  • 流通経路の変更
  • 天災等によるビジネスの中断
  • 製造委託業者との契約関係の中断および解除
  • 国際的な事業展開によるリスク
  • 外国為替相場の変動
  • 会計基準の変更および解釈
  • アドビの営業権ないし無形資産の減少
  • 予期せぬ税率の変更
  • 主要な人材を集め、維持することができないこと
  • 会社の株式投資にともなう市場リスク


これらおよびその他のリスクと不確実性についての詳細は、当社が証券取引委員会(SEC)に提出した書類をご参照下さい。アドビ システムズ社はこれら将来的観測を更新する義務を負うものではありません。