2010年2月人気記事

the Edge newsletter/Adobe Developer Connection

 

the Edge newsletter 2010年2月ベスト3
  1. SEOの視点で見るFlashの使い方・使いどころ
  2. モバイル向けAdobe AIR発表!
    日本初のPackager for iPhoneアプリも続々登場
  3. ワンパクの「もっと使いこなしてみよう!Dreamweaver」
    最終回 拡張機能でDreamweaverをパワーアップ!

2月号のEdge Newsletterでは住太陽さんに寄稿いただいたSEOの視点で見るFlashの見所が一位になりましたが、わかりやすく事例をあげていただきつつ、Flash SEO解説をしていただいております。

そして先日のMobile World Congress 2010で発表された最新Adobeモバイル動向に含め、Packager for iPhoneを利用した日本のiPhoneアプリ事例を紹介しております。

最終回となりましたワンパクの子弟コンビによるDreamweaver解説も拡張機能の紹介を漫才のノリで?わかりやすく紹介いただいております。

 

Adobe Developer Connection 2010年2月ベスト5
  1. 1週間で学ぶFlex ビデオトレーニング
  2. 将来を見据えた、新たなHTML内SWF埋め込み用コードの考察
  3. Flash Lite入門講座 第1回 日本のFlash Liteの仕様
  4. ActionScript 3.0 書き方教室
  5. Adobe AIRでのCPU使用率の削減

今月は5位にランクインした「Adobe AIRでのCPU使用率の削減」に注目しましょう。
AIRアプリケーション開発時に様々な技法を利用することで、ネイティブプログラムに遜色ないパフォーマンスを発揮する軽量のアプリケーションが開発できます。CPU使用率を劇的に削減する単純で容易な方法として、フレームレートスロットリングがあり、当記事では、フレームレートスロットリングとは何か、どのようにアプリケーションに実装すればよいかが説明されております。

上級者向けの記事ですが、アクセス数が多いということからAdobe AIR開発者がつまづいていたところをサポートする記事とわかります。

Dig Up

これからAdobe AIRを始める人にオススメの記事

バージョン2.0のリリースを控え、モバイル版も発表され、今年はより一層熱くなりそうなAdobe AIR。これを機に、Adobe AIRを始めてみたいと思っている方もいるでしょう。Adobe AIRを知るためにまずオススメなのが、宮田亮さんによる連載「これからはじめるAIRプログラミング」です。Adobe AIRの概念やメリット、そして開発環境のセットアップを解説しており、これからも続いていきます。

基礎知識を修得して、開発環境を整えたら、後はどんどんサンプルを作りたくなりますね。その際にオススメなのが、「Dreamweaver / Flashユーザ向けAdobe AIRチュートリアル 」です。Adobe AIR 1.0ベースでの解説ですが、UIの作り方や外部サービスとの連携など豊富なサンプルが用意されています。

Flash Lite入門講座 待ち受け時計を作ろう!

Adobe Developer Connectionベスト5の常連記事である「Flash Lite入門講座 第1回 日本のFlash Liteの仕様」の3回目「待ち受け時計を作ろう!」が公開されました! Flash Lite特有のコマンド「FScommand2」を使って、電波・電池状態/時間/日付/カレンダーと機能盛りだくさんの待ち受け時計の作り方を解説しています。キャリアや端末によって異なる電波・電池状態を示す値幅、call関数の使い方など、Flash Lite制作特有のノウハウも盛り込まれています。

実はこの連載、3回目で最後なのです。回数としては少ないですが、中身は非常に濃い内容となっています。ぜひ、すべて通して読んでみてください。