Print
京極夏彦
page: 1 2
京極夏彦が出版業界の「構造改革」を促す
InDesignで1,400ページを超える文庫本制作の納期を短縮、コストも削減
March 2003

取材時のムービーを見る
(QuickTime:12.6MB/02:00)
京極夏彦

  独自の世界観が繰り広げられる美しい描写に、緻密に積み上げられていく一見無関係なエピソード。そのすべてが集大成されて迎える衝撃の結末。かつてない斬新な小説『姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)』で鮮烈なデビューを果たした京極夏彦。その後も、続編となる、京極堂(または妖怪)シリーズと呼ばれる連作や『嗤う伊右衛門(わらういえもん)』、『覘き小平次(のぞきこへいじ)』など多くのヒット作を世に送り出している。

これらの作品が読者の支持を得るのは、小説そのものの魅力はもちろん、それ以外の突出した特長にも訳がある。それは、紙面の文字組み、レイアウト、デザインに対するこだわりである。そのこだわりは、時に1冊で優に1,000ページを超える作品を生み出し、「絡新婦の理(じょろうぐものことわり)/文庫版」では1,400ページを突破した。

さぞ出版社・印刷会社を泣かせたに違いない、と思わずにはいられないが、絡新婦の理/文庫版では、これまでで最高のページ数にもかかわらず、Adobe® InDesign®が中核を担う新しいワークフローを導入したことで、作業効率が飛躍的に向上し、コスト削減まで実現したという。その新しいワークフローとは、作家と編集者間の校正作業も含む全制作過程をInDesignで対処し、InDesignから直接Adobe PDF(Portable Document Format)ファイルに出力して印刷所に渡す、という画期的なシステムだ。

京極夏彦は今のようにパソコンが台頭する以前、縦組でルビ(*)がつけられるソフトをワープロに独自に構築して使用していた。しかし、ワープロ専用機は次第にすたれ、パソコンへと移行せざるをえなくなった。そこで既存のレイアウトツールを使いはじめたものの、漢字やルビ、使用感など、非常に大きな障害にぶつかってしまった。

そこに登場したのがInDesignである。「僕がInDesignを使い始めたのは、『使える漢字の量を何とかしたい』という気持ちからですね。従来のデスクトップパブリッシング環境では、使える漢字が著しく少ない。漢字が少ないということは、表現力も低下してしまうということ」。

また、ルビについても「なぜ自分でルビまでつけるのか、とよく聞かれますが、逆に僕は『なぜつけないの?自分の作品の漢字をどう読ませるか、ルビをどこにいれるか、というのは誰の意志なの?』と思うわけですよ」。

この漢字やルビの問題は、彼の作品を語る上では欠かせない要素だ。というのは、彼の作品を開いて誰もがまず思うことは、「漢字が多い」であろう。しかも旧字体や当て字などが多用され、ルビがないと読めない字も多い。絡新婦の理、魍魎の匣(もうりょうのはこ)、鉄鼠の檻(てっそのおり)など、書名からもその特徴は見て取れる。

ワープロ専用機で作業していた頃、これらの必要な文字は彼自身の手で作成され、当然ながらそのデータはそのまま印刷所で使えるわけがなく、原稿のハードコピーを見ながら、印刷所で文字が作り直されていたという。

「InDesignであればOpenTypeで約2万字に対応できる、ということで採用することにしましたが、最も大切なのはデータとしての汎用性です。いくら何万字が使えようとも、そのデータを印刷会社に渡した時点で汎用性がなければ、ワープロで作字していた頃と何ら変わりがない」。重要なのは、彼の手もとを離れてもInDesignさえ持っていれば、データ自体を有効活用できることなのだ。

  京極夏彦氏
京極 夏彦氏
公式ホームページ「大極宮


絡新婦、魍魎、鉄鼠
絡新婦、魍魎、鉄鼠。並べてみるだけで、その視覚的効果は一目瞭然。彼にとって、使用する漢字やルビは大切なデザインの一部であり、作品を完成させる上で欠かすことのできない要素なのだ

*振り仮名用の小活字


異体字パレット
OpenTypeの対応文字数は20,317字。異体字パレットを使えば、異体字、外字も簡単に表示できる。InDesign、OpenTypeともにMac、Windowsに対応しているので、異種プラットフォーム間でも同じデータを共有できる

トップへ戻る
  next