Adobe InDesign
Adobe InDesign Tutorials
ドキュメント作成
bullet 見開きページ・スプレッド
シートの作成方法
bullet ページ番号と
セクション番号の設定
bullet マスターページの活用
bullet レイヤーの活用
bullet オブジェクトライブラリの活用
bullet キーボードショートカットの
登録方法
目次
索引
ハイパーリンク
テキスト関係
グラフィック関係
表作成
文字組関連
印刷


オブジェクトライブラリの活用

オブジェクトライブラリは、よく使うオブジェクトを登録して管理するためのツールです。グラフィックの他、テキスト、グリッド、定規ガイドなどさまざまなアイテムを登録でき、ドキュメント上で設定した属性も含めて保存することが可能です。グループ化したオブジェクトをそのまま保存することもできます。
また、サーバにオブジェクトライブラリを保存しておくと、複数のユーザーで共有することができます。また、異なるプラットフォーム間で共有することも可能です。共同作業を行う際、使用するオブジェクトをまとめて登録しておけば、ワークフローの円滑化に役立ちます。
このチュートリアルでは、ライブラリに登録したオブジェクトを使用して、ドキュメントの背景となるパターンを作成する方法を紹介します。
Keyword
マスターページ
レイヤー
効率よく作業
グラフィックの配置
テキストの読み込み


1 ライブラリファイルを新規作成
ファイル/新規/ライブラリを選択し、「新規ライブラリ」ダイアログボックスでファイル名を付けて保存します。ライブラリは「.indl」という拡張子を持つファイルとして保存されます。

新規ライブラリを保存

ライブラリファイル ライブラリファイル

2 ライブラリファイルを開く
ファイル/開くを選択し、「ファイルを開く」ダイアログボックスでライブラリファイルを選択して「開く」をクリックします。

ライブラリファイルを開く

既にファイルが読み込まれている場合は、ウィンドウ/ライブラリファイルの名前を選択して開くこともできます。

ライブラリファイルを開く

3 ライブラリにグループオブジェクトを追加
ドキュメント上で複数のオブジェクトを作成し、すべてを選択した状態でオブジェクト/グループを選択します。

複数のオブジェクトをグループ化

グループ化したオブジェクトを選択し、ライブラリパレットの「新規ライブラリアイテム」ボタンをクリックします。また、ライブラリパレットにオブジェクトをドラッグ&ドロップして追加することもできます。

ライブラリパレットにグループ化したオブジェクトを追加


トップへ戻る
  next